危険な睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用

よくあるのですが精神科医にいってから
睡眠が不安定になり睡眠が十分にとれない。
睡眠がとれないので集中力の低下や自立支援失調症状などになります。

睡眠をとることは、日々の生活の健康にもですが病気の治療にも
重要なことです。

 

睡眠薬は、睡眠導入剤や眠剤などとも言われています。
種類もあります。

 

睡眠薬の効果や副作用については
安全だと精神科医にいわれます。
また心理カウンセラーにも同様のことをいわれます。

 

睡眠薬を使うのは危険です。

 

例えば下記のがあります。

 

レンドルミン、ブロチゾラム
エバミール、ロラメット、ロルメタゼパム
リスミー、リルマザホン
デパス、エチゾラム
サイレース、ロヒプノール、フルニトラゼパム
ハルシオン、トリアゾラム
ユーロジン、エスタゾラム
ベンザリン、ネルボン、ニトラゼパム
マイスリ―、ゾルピデム
アモバン、ゾピクロン
ルネスタ、エスゾピクロン
ドラール、クアゼパム
ロゼレム
ベルソムラ
ラボナ
イソミタール

 

睡眠習慣の見直しが大事です。

よくしていくには睡眠薬について理解をすることです。
睡眠薬を使用しているならやめましょう。

こうして脳を人工的に強制的にいじくりまわすのは
とても危険です。

 

睡眠薬の作用

睡眠薬は、脳の機能を低下させること。
脳を麻痺させて機能を奪うことによるものです。

わかりやすい説明は「気絶をしている状態」です。

 

また次々に新商品が新しい名前で発売されています。

 

効果を弱くして危ないのが低下しても

睡眠薬が危ないのに違いはないです。
いずれは大変なことになりますので
使用をしないのが大事なことです。

 

 

自然に眠気を強めるという睡眠薬もあります。
ただしこちらもいろいろと説明がなされていますが
使っていると危ないです。

 

また睡眠薬で脳の機能の低下。
認知症になります。

 

睡眠薬で脳の機能を低下させる

睡眠薬にはほかにも睡眠導入剤、眠剤といわれています。

睡眠導入剤も睡眠薬も同じものです。
睡眠導入剤は睡眠薬よりも効き目が弱いので
危険度もそれだけ低下します。

しかし続けて飲み続けていると
やはり大変なことになるのに変わりはありません。

 

 

よく安全性がといった話がありますが
毎回こう言われ続けていると
時間だけが過ぎ去っていきます。
状態は悪くなり続けていきます。

 

その期間。
睡眠薬に支払ったお金はどこにいくのでしょうか?
精神科医に騙されているのです。

やめましょう。

 

眠気を自然に強める睡眠薬とは?

睡眠に関係することで
眠気を自然に人工的にということで
メラトニンの分布を促す睡眠薬があります。

よく売れている睡眠薬、睡眠導入剤に危険性が強いので
問題になっています。

そこでその代替えとしての睡眠薬です。

 

ただし
これも最初だけはいいですが
使っていくと依存性があります。

 

Flower Rhododendron Bourdon Nature

 

よくある説明で

依存性が少ないと「いわれています。」

 

「いわれています。」

 

はっきりと「依存性がないです。」
と言い切っていません。

あいまいな表現にしておいてごまかしているのです。

 

睡眠と覚醒

睡眠薬は最初はまだいいのです。
しばらくすると睡眠に悪い影響がでてきます。
そうすると睡眠がとれなくなります。
朝に起きてもすっきりと起きれない。
きちんと覚醒ができないことになります。

脳の機能を低下させる。

睡眠薬は最初の一回だけ一日だけならまだいいのですが

そのまま使い続けることになるのがほとんどです。

 

Anemone Yellow Nature Spring

自然にメラトニンの分泌を促す睡眠薬も
最初はいいのですが
やはり使いづつけるのは危ないです。

いずれは耐性ができます。
それに依存性もあります。

 

睡眠薬の作用時間の違いは二つ

睡眠薬には
ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系といったのがあります。
睡眠薬は脳の機能を低下させることで。
睡眠の作用をというものです。

しかしながらとても危ないです。
こちらは自然な睡眠を
メラトニンの分泌を促す種類のよりも危険です。

 

作用時間には種類があります。

睡眠薬はこの二つです。

 

・作用時間をが長いと、寝つきには弱い。
・作用時間が短いと、寝つきには強い。

 

この二つを調整しています。

 

Anemone Yellow Nature Spring

睡眠薬に種類がいろいろとあるのは
これを調整して新しい名前をつけたものです。

 

睡眠薬の強さの違い

睡眠薬はそれぞれ強さが違います。
こうして調整をしたのを違ったものと思いがちです。

 

例えば
作用時間が短いのを使えば寝つきだけはいいです。
しかし夜に途中で起きてしまうことにもなります。

これに
作用時間が長いのを併用すると
夜に途中で起きてしまうことを減らせる。

 

こうした理由で
睡眠薬を複数の種類を使うことが多いです。

 

耐性ができるので睡眠薬で状態が悪くなっていきます。
精神科医はいずれは上限になり増やせなくなります。

 

Spruce Tree Green Forests Nature

 

この段階になると精神科医はいいかげんなことをいっては
ごまかすことをします。

 

もうこれ以上は睡眠薬を増やせないので
なにもできないからです。

まずは睡眠薬を早めにやめることです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

睡眠薬以外の不眠に効果のある向精神薬と併用

精神科医は睡眠薬が増やせなくなります。
ここで睡眠薬以外の不眠に効果のある向精神薬との併用です。

抗うつ剤、精神安定剤、抗不安薬を併用することです。

 

Spruce Tree Green Forests Nature

こうして精神科医はいつもいつも精神病だからおクスリをといっては、
向精神薬を増やしていきます。

睡眠薬もですが抗うつ剤、精神安定剤、抗不安薬。
向精神薬がふえていきます。

 

こうして泥沼にはまることになります。

 

精神科医は儲けたいだけのクズなのです。

 

睡眠薬で睡眠の質へ悪い影響

睡眠薬を服用することで睡眠の質に悪い影響があるので
睡眠の質が悪くなっていきます。

睡眠がとれないと疲れがとれなくなります。

疲れがたまっていきます。

 

・体がだるい
・疲れやすい

 

こうしたおなじみの状態になります。

 

Spruce Tree Green Forests Nature

このまま睡眠薬の使用を続けていると
認知症にもなります。

 

不眠での薬の使い分け

睡眠薬は作用時間が違います。

寝つきがわるい場合は
作用時間が短い、寝つきには強いのを使います。

 

夜に途中で起きてしまうといった
中途覚醒、早朝覚醒の場合は
作用時間が長い、寝つきには弱いのを使います。

 

Flower Yellow Buttercup Nature

 

数種類の睡眠薬を併用することもあります。

また悪夢を見ることもでてきます。

 

睡眠習慣と睡眠薬

ほんとうは睡眠習慣を整えることが大事なことです。
しかし睡眠薬をつかってしまうと睡眠習慣が崩れます。

よく睡眠の改善のためといっては睡眠薬を使いますが
かえって睡眠薬で大変なことになります。

 

精神科医にしてみれば
こうしていたほうが儲かるからです。

来る人が減っていけば儲からなくなります。

 

Nature Plants Leaf Closeup

 

睡眠薬は一時的に睡眠をよくすることしかできません。
睡眠薬に頼るのをやめることが必要になります。

こうして精神科医はなにかと時間を稼ぎをしては
睡眠薬に向精神薬がやめられずにいることになります。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

睡眠薬の副作用。眠気、ふらつき、健忘、離脱症状の対処法。

こうして睡眠薬がいいものと勘違いをしてしまって大変なことになります。
副作用にあるのが眠気、ふらつき、健忘、離脱症状があります。

対処法は睡眠薬をやめることです。
そして精神科医にいくのをやめることです。

 

この状態になった原因は睡眠薬に向精神薬。
そして精神科医。
心理カウンセラー。

 

いろいろと精神科医からは説明はあります。

他の睡眠薬に変える。
作用時間が短い睡眠薬に変える。

 

Nature Plants Violet Minor Leaflet

 

しかしこうしてしていると
よくなった人がいません。

 

精神科医の説明では、

 

「よくなるだろうと思います。」
「そう言われています。」

このあやふやな説明。

 

この通りになった人は一人もいません。

こうしていると健忘の問題もでます。

 

対策としては
睡眠薬をやめることです。

睡眠薬が原因で状態が悪くなるのですから。
安全といった説明を鵜呑みにせずに
危ないと認識をすることが大事です。

 

睡眠薬を使用しての妊娠や授乳への影響

睡眠薬を使用するのは危ないです。
妊娠中や授乳中に睡眠薬などは控える
向精神薬を控えることが正しいです。

本当でしたら
妊娠する前に睡眠薬の使用をやめることが正しいことです。

 

睡眠薬などを妊娠中に飲み続けると
子供への悪い影響があります。

 

 

子供の体へ睡眠薬が栄養としていっているのです。

出産をして授乳。
授乳をしながらの睡眠薬の使用。

母乳から栄養として赤ちゃんに睡眠薬がいきます。

 

赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼします。

発達に障害が出る危険もあります。

 

よく安全だから続けるように
精神科医は説明をします。

しかし当然ながら危ないです。

 

市販の睡眠薬、睡眠改善薬の効果、副作用は?

市販の睡眠薬なら安全ということはないです。
市販の睡眠改善薬というのがあります。
これにも当然ながら、効果と副作用があります。

 

精神科医の睡眠薬よりかは
強さが弱いです。

 

Canada Jasper National Park

 

しかし続けて飲み続けていると同じことになります。

ここで強さが弱いので精神科医にいき
睡眠薬を使うことにはならないように
気を付ける必要があります。

 

まとめ

睡眠薬も市販の睡眠改善薬も睡眠を改善するわけではありません。
不眠の原因となります。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。