睡眠薬で心臓の発作!突然死の闇!人生が台無しに。

睡眠薬と心臓の関係も死亡があります。大変な問題です。
睡眠薬というのは心臓への負担があります。
他のも精神科・心療内科では抗うつ薬、
精神安定剤、抗不安薬と向精神薬の種類が
多くありますが、麻薬と成分がまったく同じです。

睡眠薬もとうぜんですが心臓に悪いです。

物忘れがひどいのは軽いほうです。

そのまま放っておくと認知症、
死亡。

 

睡眠薬で心臓の発作!眠れる?失神をしているだけ。

最初はだけはたしかに睡眠薬、睡眠導入剤で眠れる、
と思ってしまいます。
これは眠れるのではなく意識を失って
倒れている、失神をしているのです。
寝ているわけではありません。

 

睡眠薬は心臓に負担なのですが
そのまま飲み続けると危ない症状がでてきます。

体に耐性ができてきかなくなります。
そうするとクスリを追加する、

強さがより強いのに変えることが
精神科医のする対処です。
クスリを売るだけなのです。

たとえば
マイスリーを飲み続けるとどうなるのか?
レンドルミンを飲み続けるとどうなるのか?

違いはなく、

どちらにしても悲惨な結果が待っています。

人生が台無しです。

 

睡眠薬で心臓の発作に突然死。詐欺師でクズと自覚したら?

 

周囲の人たちがそんな危ないのはやめるように
詐欺でクズだからと説得をしても
話を聞かない被害者たちも多いです。
何度話してもクスリをしている。
そして精神科医、臨床心理士、職員たちを信じ切っている。

話しても文句ばかりいう、否定する。
そしてよかれと思って助けるつもりでいった
あなたにもあたってくる。

 

あげくにはキレだす。暴れる。怒る、叫ぶなどして
危害も加えてくる。

 

その場合は残念ながらもう手遅れです。
薬物の過剰摂取で死ぬしかありません。

 

睡眠薬で心臓の発作!異常なこと。

精神科医の治療というのは
治る方法といってはクスリを売るだけで
痛いのをごまかして見えなくしているだけなのです。

自分も見てきたのですが
治す、改善すると騙されてしまい

精神科・心療内科では心臓発作で亡くなった

人たちも多くいました。

 

平気な顔をして葬式に出席する
精神科医や臨床心理士、精神科・心療内科・デイケアの職員たち
こうしたクズたち。

死因もすべてがごまかされてしまい。

ただし全身の血液からヤクが検出されるので
死因がわかるはずです。

 

睡眠薬を毎日飲むというのは異常なことで危険です。

睡眠薬の副作用は恐ろしいのです。

 

精神科医も臨床心理士も医療を悪用している
詐欺師なのです。

 

睡眠薬で心臓の発作!甘い話に甘えるのはカルト宗教の信者。

精神科医からは説明もなく

 

安全なおクスリです。
一生飲み続けるものです。

 

こうしたどうしようもないクズ話があるでしょう。

これは依存症です。

 

そして臨床心理士もクスリを飲むように誘導をして。
臨床心理士も何かできそうな気がしてしまいますが
あなたやわたしと同じ経験をしていません。

わからないことをそれっぽく上から目線で
助言だと解決するといってはできないのです。
わからないのです。

 

精神科医も臨床心理士も
魔法を使うようにあなたの問題、辛いのを解決します。と
いっているが
これは覚せい剤・麻薬で薬物中毒者にして
感じなくなるだけです。

 

わたしたちのほうもこういった

甘い話はないことを思い出しましょう。

甘い話に甘えるのはカルト宗教の信者の状態と同じです。

 

睡眠薬ではホルモンバランスにも影響があります。

睡眠薬が効かないのはなぜなのか?
ヤクは必ずきれるからです。

睡眠薬には市販のもありますが同じです。

睡眠薬・睡眠導入剤を飲み続けると物忘れがひどい、
認知症、
死亡をします。

 

睡眠薬をやめるタイミングですが

これにはできればすぐに早急にやめるのがいいですが

しかし問題の数々を片づけるのが必要です。
自分のひどい部分も見ることになります。

 

こんな醜い性格があったのか?

周囲・環境が悪い部分もあるけど、自分にも甘えの部分があったのか。

など
逃げないで取り組むことです。

 

まとめ 睡眠薬で心臓の発作!

よくあるのがなんとなく睡眠薬をやめてみたケース。
問題が残ったままなので
またクスリに手を出してしまう。

 

睡眠薬は心臓に負担があります。

しかし睡眠薬などをやめるには
自分が自分に厳しくすることです。

そして文句を言わずに実行をする。
周囲が支援をするのはそれからです。

 

睡眠薬で心臓の発作に突然死。詐欺師でクズと自覚したら?