危ない適応障害の症状とは?診断・治療で治る?

適応障害の症状とはそもそも何か?そして診断や治療で治るのか?
適応障害とは精神科医や心理カウンセラーが詐欺をするためのものです。

私たちは適応障害が実際のところは何かよくわからないでいます。

 

そのために精神科医や心理カウンセラー、

精神科、心療内科、デイケアの職員たち。

こうした詐欺師たちに騙されてしまい、抗うつ剤(抗うつ薬)、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤。

向精神薬を売られてしまい飲み続けてしまい

大変な状況となってしまいます。

そして過剰摂取となり死亡をすることにもなります。

 

では適応障害とはどういった説明でしょうか?

 

環境の変化に適応ないことがストレスになる。
これで心身に何らかの症状がおきる。
そして生活に支障がでる病気。

 

適応障害の原因は人間関係なのです。
あう場所、あわない場所。

 

これでストレスが続くとうつ病にもなる?

うつ病は抗うつ剤など向精神薬でなります。

 

例えばですが

毎日職場に行くと上司や同僚たち。

またはどこかの集まりの場所での人たち。

または学校の同級生たち、先輩たち、後輩たち、教師たち。

 

他の人たちが
うんちを食べているとしましょう。

私たちにとってはとても汚らしいです。
しかし彼らたちや彼女たちにとっては
うんちがおいしいのです。

 

そこで私たちがすることは?

 

一緒になってうんちを食べるか?
それとも
さすがにうんちは食べられないので逃げだすか?

 

この場合は後者の逃げだすがまともな選択となりますよね?

 

 

つまりです。
適応障害というのは病気ではないのです。

 

場所があわないだけです。

 

精神科医の治療?
心理カウンセラーの治療?

精神安定剤、抗不安薬、向精神薬を使う。

 

どうやって使うのですか?

 

うんちを食べている人たちのうんちに精神安定剤を入れると
その人たちが急にうんちを食べるのをやめますか?

 

またはわたしたちが向精神薬を飲むと
うんちを食べているその人たちが、うんちを食べるのを急にやめる?

 

精神科医や心理カウンセラーの話は
まったく関係がないのです。

 

精神科医や心理カウンセラーというのは
頭がおかしいのです。

 

適応性障害の症状と行動。社会適応障害。治療法?

適応障害、社会適応障害の症状や行動は人間関係や環境によります。
これがストレスとなります。

そうですストレス 性です。

病気とはいえません。

よくバカな精神科医や心理カウンセラーが難しいことをいっては
症状が~かもと言い治療法は~かもといいますがでたらめなことなのです。

ただの詐欺です。

 

ストレスは誰にだってあることです。
嫌な環境にいることもあります。
これを甘えではないです。

こういったのを嫌だ、ストレスになるのは普通のことです。

 

イライラしてしまう。
ケンカや口論になる。増える。
もめ事が増える。

お酒やタバコに逃げてしまう。量が増えてしまう。

 

当り前のことです。

 

 

適応障害は~という症状で~おこる。

そもそも精神科医も心理カウンセラーもわかっていないのです。

向精神薬が売れればいいだけですから。

 

心理カウンセラーも一緒になって騙しています。

 

精神科医が向精神薬で思考能力を低下させて
心理カウンセラーが思考能力が落ちて考えられない状態のところで
悩み相談です。

実によくできた連携・・・詐欺仲間です。

 

ストレスが苦痛に感じる。
生活に支障をおよぼす。

ここでいう心身の変調はおかしいことではないです。

これは身体がわたしたちに知らせているのです。
現状に問題があるから解決するようにと。

心身からの連絡です。

 

 

適応障害でおこるらしい症状とは?

 

不眠、不安、気分の落ち込み、イライラ
仕事や作業に集中ができない、考えにまとまりがなくなる
ぼーっとしてしまう、もの忘れがひどくなる
胸がドキドキする、吐き気、下痢、便秘、めまい、ふるえ
お酒が増える、タバコが多くなる、口論がふえる

 

何か心配事があれば気になって眠れないのはよくあることです。

うんちを食べている上司や同僚がいる環境では集中はできません。

やる気もなくなります。
考えるのもバカらしくなりやめてしまい、

まとまりもなくなります。

 

症状というのは正確には病気ではなくて心身からの連絡です。
だから問題から離れることです。

 

 

ここで精神科医や心理カウンセラーにいってしまうと
抗不安薬、精神安定剤、抗うつ剤(抗うつ薬)、睡眠薬、睡眠導入剤、
向精神薬を売ってきて
大変なことになってしまいます。

こうした精神科医の向精神薬の成分はアレです。

 

アレを使っても気分を上げる落ち着ける?

頭がおかしくなるだけです。

手錠をしている有名人たちの状態を思い出してください。

異常な行動をしていますよね?
同じものです。

 

私たちは完璧ではありません。

やはりどこかで楽しみがあってそういった大変なのもあります。
お酒にタバコ、人生を楽しんでいるのです。

そうやって日々のあれこれに折り合いをつけます。

 

タバコも吸いすぎはよくないです。
お酒も飲みすぎはよくないです。

しかしタバコが必要な人はいます。

生まれつきの体質によっては
タバコが必要です。

タバコで気持ちを落ち着ける。

むしろ精神科医に騙されて精神安定剤、抗不安薬などの
向精神薬のような危険なのを使うのよりも安全です。

 

精神科医で禁煙外来をしているところもあります。
製薬会社からの賄賂もあり大変儲かるのです。

 

適応障害のチェック?診断基準はでたらめ。大人のも子供も小学生も被害者。発達障害も

有名な言葉「心の病気」便利なキャッチコピーです。

これだと適応障害のチェック、検査をするといっても診断で見えないので
あいまいにしておけます。

診断をすると精神科医がチェックをしても

そもそも診断基準が存在しません。

 

これでいくらでも大人のもですが子供も小学生を含めて適応障害ということで

発達障害という名称もですが

抗不安薬、精神安定剤、
抗うつ剤(抗うつ薬)、睡眠薬、睡眠導入剤といった
向精神薬を売ることができるのです。

 

診断基準とは?

 

ハッキリとしたストレスの原因があり3か月以内に症状?がでる
苦しい苦痛。生活に支障がでる。
ほかの精神疾患ではない。
ストレスの原因がなくなると改善する。6カ月以内によくなる。

 

業界の基準ではこうですが。

 

適応障害は、ストレスでなります。
そのストレスには原因があります。

これで適応障害の診断といいますが。

 

存在しないのでいくらでもできます。

見えないのですから。

 

これは精神科医が診断するといったものではありません。

心理カウンセラーも一緒になって詐欺をしています。

よさげな見た目に気を付けてください。

 

 

私たちはうまく環境に適応できないことがあります。
当り前です。悩みもあります。

よくない環境にいればやる気もなくなります。
環境に悪人がいれば生活にも支障がでます。

 

ここで精神科や心療内科にいき
精神科医にいっても

 

アレで気分を上げても落ち着けても。

そもそもがやり方が間違っています。

 

まわりにうんちを食べている人たちがいる環境だと
適応できないのが常識です。

 

こうしたうんちを食べている人たちに
うんちを食べるのは悪いことだと説得しようとしても
そもそもがそういった人たちの性格や人間性自体がうんちなので
説得をしても話が通じません。

 

まわりがうんちだらけでやる気がなくなります。

うんちに囲まれていいのか?と悩みます。

 

うんちの人たちがうんちを投げても来ます。

あなたにもうんちがつきます。

うんちが匂うので悩みます。

 

こうしてうんちの人々が回りにいる環境だと
生活に支障もでてきます。

 

適応障害と新型うつ。違い?

適応障害と新型うつ。
違いがあるのでしょうか?

 

適応障害の診断基準に

「ほかの精神疾患ではない。」

 

適応障害で新型うつの感じがあるとうつの診断になります。

 

うつは気分の落ち込みがある状態。

 

なにかはっきりとしませんよね?
あいまいで。

 

診断基準そのものが意味不明なのです。

 

これで病気の原因といわれても
病気はこうやって精神科医が診断で勝手に名付けているのです。

実際には存在しないのです。

これだと精神科医の判断がそもそも間違っているのです。

 

適応障害の特徴となっているのは?

 

環境の変化とストレスに関係がある
ストレスがなくなれば症状もよくなる

 

うつ病の特徴とは?

 

ストレスがあり悪化していく
ストレスがなくなってもすぐによくならないこと

 

こういった特徴の違いは?

 

適応障害–環境があわないのが原因。心理的な負担がかかる。病気?

うつ病—ストレスが原因。脳の機能に異常がでる病気?

 

適応障害—心因性
うつ病—内因性

 

心因性と内因性とよくわからない難しい用語を使い
それっぽく見せているだけなのです。

 

 

 

これで治療といわれて
精神科医がするのは抗不安薬、精神安定剤?
抗うつ剤(抗うつ薬)、睡眠薬、睡眠導入剤?
向精神薬?

 

話が入れ替わっていますね

 

実際には、

 

原因がある。
原因がストレスになる。
原因となる問題を解決する。
嫌な感情もなくなる。

 

一方の精神科医や心理カウンセラーは、

 

原因がある。
原因がストレスになる。
*ストレスが問題なので向精神薬で治療。
*向精神薬で頭がおかしくなります。
*脳が麻痺するので嫌な感情も感じなる。
*そして廃人になります。

 

向精神薬をきちんと使うと頭がおかしくなります。

 

精神病とはいうのは
向精神薬を使用するとなるものです。

アレを使用する手錠をしている人たちと同じ状態です。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

適応障害は病気だと誤解をしてしまう。吐き気にめまいも。精神疾患とは?

適応障害は病気とはいえません。
精神科医や心理カウンセラー、
精神科や心療内科の職員たちに騙されてしまい
誤解してしまうのが原因です。

それで抗不安薬、精神安定剤、
向精神薬を使用するとなる病気です。

吐き気やめまいがするのがわかりやすい被害です。

精神疾患とは自身のだらしなさや弱さがあり、

それに加えて向精神薬でなります。

 

甘え、気のせいだと思われますが違います。

 

どうして調子が悪くなるのかは悩むものです。

原因は精神科医に心理カウンセラーなどです。

 

メンタルの不調といっては向精神薬を売るだけなのです。

 

周囲の人たちはこういった被害者を見かけたら
事実を伝えましょう。

精神科医や心理カウンセラーに騙されていることを。

向精神薬で体調が不良になっていることを。

 

適応障害は自分にとっての悪いことが原因です。
環境の変化と自分の価値観との違いに苦しむ、悩む。

 

例えば周囲がうんちを毎日食べている。
うんちジュースを飲んでいる。

うんちの人たちにとってはとてもおいしいのです。

喜ばしいことなのです。

でも私たちはうんちは汚い。

 

つまり本人たちはうんちが大好きなのです。

でもこちらはうんちはきらいです。

 

私たちの人生では結婚に出産。

進学に昇進・・・

こういった出来事はつきものです。

 

こういった出来事が原因で嫌なことが起こる。

環境が変わってうんちまみれになる。
自分にもうんちが襲い掛かってくる。

 

環境変化はあるものです。

 

わたしたちの人生、世の中は常に代わっていっていますから。

 

この中で悲観的な思い。
自分を責めてしまう。

 

あることです。

 

これに患者といっては向精神薬?

 

こうして誰でもが適応障害と言われてしまい
向精神薬で人生がおかしくなる危険性があります。

 

自律神経の異常の症状というのも
そもそもが精神科医に話してわかるのでしょうか?

 

見られないのです。
わからないのです。

 

こうして向精神薬の使用をしてしまうと
自分のコントロールを失います。

つらい症状もこうして増えていきます。

 

 

適応障害はないです。
その後の向精神薬で発症します。

 

季節で不安定になりやすい時期。
色々な問題がある。
ストレスがある。

 

こういったのは病気や症状ではなくて普通にあることです。

 

引っ越しをして環境がかわる。
まわりがうんちだらけだとストレスになります。

 

たしかに環境が違うことが原因ですから。
周囲の人たちにはわからないことがあります。

うんちがおいしいと思う人だっているでしょうから?

 

適応障害というのはないです。

ただこういった困難なことは誰にでも起こり得ることです。

 

大切なのはここで精神科や心理カウンセラーにはいかないこと。
抗不安薬、精神安定剤、抗うつ剤(抗うつ薬)
睡眠導入剤、睡眠薬・・・
向精神薬を使わない。手を出さない。騙されない。

 

このときに自分に甘いとついつい
精神科医や心理カウンセラーにいってしまいます。

甘い言葉に騙されてしまいます。

一見すると親切でやさしいので。

気を付けましょう。

 

自分自身に厳しくしましょう。

 

 

適応障害の治療?精神科・心療内科で? 学校でのいじめや暴力、会社、公務員でのパワハラ、ストレスがなくなる?

適応障害と言われてしまった場合は
精神科医に抗不安薬、精神安定剤を売られます。

このあとは、抗不安薬、精神安定剤の効果で不眠です。
睡眠薬、睡眠導入剤が追加されます。

例えば 学校でのいじめや暴力、会社、公務員でのパワハラが原因でのストレスは

クスリでなくなることはないです。

 

そもそもが原因である環境から離れることです。

 

環境の変化。
仕事が大きなストレスになる。
心身にも変調が起こるようになる。

転職や転属をすればいいのです。

しかし仕事が見つからない場合もあります。
だからいつまでも仕方がなく現在の仕事を続けるしかない。

 

適応障害を治療をするには

 

解決策は景気がよくなることです。

 

仕事の選択の幅が増えることです。
仕事が増えることです。

仕事を増やすには景気がよくなることです。

 

そしていい仕事をしていい環境で
ストレスもなくなります。

やりがいのある仕事でやる気も出ます。

 

精神科医や心理カウンセラーにはできません。

ここで向精神薬を使っても景気はよくなりません。

精神科医も心理カウンセラーもただのクズだということです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

適応障害と向精神薬の特徴?役割?治すには

適応障害は存在しない。
向精神薬を使う必要がないのが特徴です。

精神科医や心理カウンセラーの役割は私たちを騙すことです。

 

もう意味不明です。

治すには向精神薬をやめる。

精神科医も心理カウンセラーもバカなのです。

 

お金の無駄です。

 

「クスリで症状をやわらげる。」

 

これが治療に有効?

 

「やわらげる。」

とありますよね?

 

向精神薬で問題がなくなることはないことですから。

ここでいう症状をやわらげる。

 

アレを使用して
脳を動かなくする。
感じなくさせる。

 

アレを使うと痛みを感じなくなる。
アレを使うと疲れ知らずになる。
アレを使うと疲れを感じなくなる。

 

同じものです。
同じことをしているのです。

向精神薬に不安があるのは正常なことです。

メリットはないです。

とても危ないことをしているのです。

 

手錠をしている人たちを思い出しましょう。

クスリが助けになることはないです。

 

 

私たちがとるべき行動は
精神科や心療内科、精神科医、心理カウンセラーにいくのをやめること。

 

心身が楽になるのに
アレを使う?

これはクスリに逃げていて、薬におぼれている状態です。

現実的な問題と向精神薬には関係がありません。

 

生き方を変えること。

 

離脱症状もあるので
向精神薬はそもそも使ってはいけません。

 

適応障害といわれて使われる向精神薬とは?

適応障害で困っているので向精神薬と精神科医はいいます。
こうして病気で症状があるといわれて向精神薬が処方されます。

大変なことになってしまうのです。

 

不安や緊張が強い?子育て?

不安や緊張が強いときに精神科医が処方するのは

抗不安薬、精神安定剤というアレです。

 

メイラックス、ワイパックス、ソラナックス、
レキソタン、デパス、リボトリール、
リーゼ、セディール

 

精神科や心療内科、心理カウンセラーのカウンセリングに

いってしまうからです。

 

効果を持続させるといっても
作用時間があります。

 

子育てのストレスでついつい精神科医や心理カウンセラーに行ってしまう被害者んも多数います。

夫や両親、近所などの人たちが負担を軽減するためにするのがいいのですが。

これと向精神薬は関係がありません。

 

緊張の緩和。

 

メイラックス、デパス、レキソタン、リボトリールなど
名前には違いがありますが
作用時間があります。

 

アレなのできれたらきれます。

 

耐性ができるのできれるのが早くなっていきます。

 

効果と副作用の実感が薄くなっていきます。

 

ほかの向精神薬の追加をしたり
頓服を追加したりとします。

 

アレの使用者は筋肉に注射をするようになります。

これは耐性ができるからです。

 

同じことです。

 

抑うつが強い?バイトもできない。

抑うつが強い、うつ病かも?ということで

抗うつ剤(抗うつ薬)です。

 

エビリファイ、トレドミン、ルボックス、デプロメール、
ドグマチール、ジェイゾロフト、レクサプロ、サインバルタ、
パキシル、トリプタノール、トフラニール、
ノリトレン、アモキサン、デジレル

 

などがあります。

抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬などでバイトもできない身体になります。

 

うつ状態の場合ということですが
ここで気づかないで

抗うつ剤(抗うつ薬)を飲み続けているとうつ病になります。

症状といわれては飲み続けている状態が続きます。

 

不安障害というのもうつ病も存在はしません。

 

 

うつ病、落ち込んでいる。
不安障害、不安がある。

 

こうしたのは感情です。

問題があるからでる感情です。

 

こうなると環境を変えることも解決策には入れることになります。

 

することは仕事探しです。
仕事探しにハローワークに行く。
転職サイトに登録する。
人材紹介の業者に登録をする。

 

履歴書に職務経歴書に写真。
面接に行くのにも交通費が必要です。

 

精神科医や心理カウンセラーに無駄なお金を支払うのでなくて
こうした就職活動、転職活動にお金を使いましょう。

引っ越しが必要なら引っ越し費用も必要です。

 

精神科医や心理カウンセラーはお金はくれません。
診察代金を支払っても
引っ越し費用はくれません。
仕事を見つけることもできません。

 

何もできません。

 

眠い、無気力。不眠にうつ

こうして抗不安薬、精神安定剤、
抗うつ剤、抗うつ薬の使用をしていると
眠いし無気力の状態が続き不眠にうつです。

 

不眠にうつとはこうした向精神薬でなります。

治るのかと疑問に思うのも当然です。

睡眠薬、睡眠導入剤の追加です。
レンドルミン、マイスリ―、アモバン、ベルソムラ

 

などがあります。

睡眠薬にもさまざま種類があります。

どれをしても同じです。

 

まず最初の段階では
悩み、ストレスによって寝つきが悪い状態です。

 

ここで精神科医にいってしまうと。
抗不安薬、精神安定剤です。

抗不安薬、精神安定剤と睡眠薬、睡眠導入剤は同じものです。

 

気分を落ち着けるのです。

 

脳にダメージを与えてダウンさせるのです。
ダウンしているので感じなくなるのです。

 

しかし耐性ができます。

症状がまたでてきます。

 

脳はこうしたクスリを異常と認識します。
脳は気持ちを上げます。

このときに上がりすぎて、夜の睡眠にも影響がでることになります。

 

不眠にもなります。

 

ここで睡眠薬、睡眠導入剤も追加をします。

飲み続けることになります。

増えていきます。

 

成分はアレですから。

 

イライラが強い?自律神経失調症?

イライラが強いとき。

自律神経失調症。

そもそも検査がありません。

 

抗不安薬
精神安定剤
向精神薬

リスパダール、デパケン、ルーラン、ジプレキサ、セロクエル・・・

 

興奮を抑えるのに抗不安薬、精神安定剤、向精神薬。

 

なんだかおかしい話になっています。

 

 

クスリで問題がなくなる?
精神科医がなんでもできる?

アレを使えばなんでもできる?

 

頭がおかしいのは精神科医や心理カウンセラーのほうなのです。

 

適応障害?休職?転職?

適応障害というものの存在しない病気です。
こうした架空のものに向精神薬を使っているのです。

他にも抗不安薬、精神安定剤、抗うつ剤(抗うつ薬)、睡眠薬、睡眠導入剤とあります。

これと仕事の休職と転職、学校の転校、引っ越し・・・関係がありません。

弱みに付け込んだ詐欺なのです。

 

ストレスになる原因を片付けること。なくすことです。

それには努力が必要です。

行動をしないといつまでたっても変わらないです。
変化を恐れていては何もしませんから、
何も変わりません。

 

わたしたちがするのは
断薬が必要です。
毒ですから

 

そして
生き方を改める。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

 

上司に相談をしても上司がうんちが大好きな人だと?
うんちが好きな人事や総務などの相談窓口を利用する?

産業医はそもそもなにもできません。

病院やクリニックで診断書を購入する?

 

できないことはできません。
できないことはあきらめることです。

無理にしてもできません、かえってストレスになり疲れるだけです。

 

転職活動を始める。
自分で仕事を始める。
学校に行くのをやめて通信制の学校にする。
高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)の資格を取る。
そして大学に行きたいなら行く。

 

私たちはつらい時があります。
こうしたときに一人で悩むのは大変です。

宣伝を見て精神科医や心理カウンセラーにいってしまいがちです。
そして向精神薬を使いだしておかしくなってしまいます。

 

精神科医も心理カウンセラーも経験がないです。
仕事だったらあなたの仕事をしたことがない。
学校だったら、その学校に行ったことがない。

 

わからないのです。
こんなバカである精神科医や心理カウンセラーに相談をしても
弱音を吐くのも利用されます。

結局は向精神薬を出すだけです。

 

これでさらに大変なことになるのでさらに落ち込みます。

 

落ち込んだら、

「症状が進行しました。」
「発病しました。」
「うつ病を併発をしました。」

 

抗うつ剤(抗うつ薬)の追加。

 

不眠になると

「睡眠薬(睡眠導入剤)をお出しします。」

 

睡眠薬の追加。

 

まとめ

しかしです。
アレであるこうした向精神薬を使うとどうなるのかは
わたしたちはすでに知っています。

 

テレビなどのニュースで有名人が手錠をしている映像。
そして逮捕される。
刑務所に入る。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。