統合失調症に幻聴。精神科・心療内科で作られる。

統合失調症で幻聴が聴こえる症状、薬が原因です。
何か気分が優れない。
そこで精神科・心療内科で処方されるのは覚せい剤・麻薬です。
一時的には気分がよくなる、改善すると勘違いをします。

幻聴なしだったのが体調の悪化を続け
統合失調症に幻聴に騒音が。
統合失調症と診断があり幻聴はない状態だったのが。

 

もともと抱えている問題はくすりをしてもなくなりません。

つまり直す(治す)のにすることが増えてしまっただけなのです。

 

統合失調症に幻聴。つくられた病気。

統合失調症、幻聴とはこうしてつくられます。
統合失調症も幻聴も原因は向精神薬です。

幻聴のみだったのが幻覚も見えるようにもなり。

そうとは知らずに精神科医の治療で治ると思い
治すためにクスリを麻薬を飲み続ける。
統合失調症も幻聴も治らない。
幻聴も消えない。

 

麻薬をしても次には禁断症状、フラッシュバックがでます。
幻聴や幻覚ですよね?
頭もおかしくなるので
周囲が静かなのにうるさいと思ったり
幻聴の聞こえ方がでてきます。
統合失調症に幻聴に効く薬で統合失調症に幻聴になり。

統合失調症も幻聴も治し方で発症し悪化を続けるのです。

 

 

統合失調症に幻聴。毒を盛られたと自覚を。

統合失調症、幻聴と会話が成り立たない。
周囲から怖がられる。
そして怖いと思われて人間関係がうまくいかない。

統合失調症も幻聴も詐欺が原因だと自覚することからです。

 

病院、クリニックの精神科・心療内科のブログも広告であり
チェックリストなどを使い誘導をして
患者を作るためです。

統合失調症も幻聴も対応するには
まずは自分が危険な状態、危ない人になっていることを

理解することです。

 

統合失調症もですが幻聴対策をするには

家族や周囲の方たちが看護をしたりと
統合失調症、幻聴への対応するには
まずは今までの対処方法が間違いだったと自覚をすることです。

幻聴に対する看護をするにしても
わからないままでは疲れるだけです。

 

精神科・心療内科では回復期は来ません。

幻聴の内容や種類、 幻聴の聞こえ方、幻聴体験も
実は重要ではないのです。
心理カウンセラーのカウンセリングで
あれこれ話してもお金の無駄遣いです。
心理カウンセラーがいうのもクズで
先生(精神科医)の治療で改善するから向精神薬を
飲むようにいうだけです。

 

まとめ 統合失調症に幻聴。

統合失調症、幻聴の原因は治るという治療で。
幻聴の特徴は麻薬。

統合失調症も幻聴もない
克服するには今までの治し方が間違いだと
自覚することが最初の第一歩です。

そして薬の断薬をしただけでは治らないのです。
抱えている問題がありますから。