統合失調症で幻覚。向精神薬は「白い粉」

統合失調症も幻覚も向精神薬が原因です。
向精神薬の成分は麻薬と同じです。
どんな症状なのか?
麻薬を使い薬物依存症です。

統合失調症の症状とはヤク。
幻覚があるのもヤクです。

統合失調症とはこうして作られている病気です。

体調の悪化をして幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。
妄想癖、妄想症。

向精神薬が原因で大変なことになります。

 

統合失調症で幻覚。「白い粉」をした症状。

統合失調症もですが幻覚なしと考えるのが普通のことです。

家族の方で統合失調症だから、
幻覚が見えているけど看護をしている方がたもいますが。

実はこうした裏の事情があるのです。

これで治ると説明をされており
精神科・心療内科のサイトでも記載のある説明。

これらは患者をつくるための
広告、宣伝です。

 

対応をするには最初の第一歩は本人の自覚です。

 

精神科・心療内科が原因であること。

そして臨床心理士が甘い話で薬をするように誘導をする。

しかも高いカウンセリングの代金の支払いまでして。

本来は統合失調症はないもので
幻覚とはないものです。

 

症状に種類がありますが

ヤクをした症状です。

具体例では薬物で逮捕された芸能人・有名人たちの
幻覚体験と同じです。

ヤクの幻覚症状と
向精神薬の幻覚症状。

同じものです。

幻覚の種類、幻覚の見え方も同じ。

 

統合失調症で幻覚。「白い粉」で。捏造話で。

統合失調症という薬物依存症にされてしまい。

幻覚、幻聴、幻視がある。
幻覚妄想の症状もある。

統合失調症はやらせです。

妄想型に

幻覚がみえて虫が見える。

せん妄。

音や匂いに敏感。

統合失調症も薬害で
幻覚はないものです。

 

家族の方々は看護計画の変更が必要です。

 

精神科医などに
神経伝達物質や脳内物質のバランスがあるから
精神疾患になった、統合失調症、うつ病になったと言われますが

話が違います。
そういった捏造話で治療をうけて
体調が悪化をする、発症をする原因です。

 

そうです。

統合失調症を治すには見直しが必要となります。

統合失調症、幻覚への対応の仕方、接し方を変えることです。

幻覚の定義が精神疾患があるからという説は
捏造されたもので
薬を売るだけのための作り話です。

 

ご本人。

そして家族も。

自覚症状は薬害によるものです。

 

統合失調症で幻覚。「白い粉」で悩む。周囲も理解できないのが普通。

統合失調症は自作自演。
治療と称してお金の無駄遣いをさせられています。
幻覚とはないです。

幻覚なしであるのがごくごく普通なのに
なぜなのか?
疑問に思ったり理解できない。
困った。わからないなど

悩むのも
すべてが詐欺だからです。

 

統合失調症とは精神科医や自作自演が原因。
そして臨床心理士も共犯者。

統合失調症、妄想、精神疾患での
対応の仕方も当然ながら変わります。

こうした精神科・心療内科の治るという治療は間違いですから。

 

精神科・心療内科の統合失調症のチェックというのも
よくわからないままに決まります。
それもそうで科学的なのがないからです。

そして治ると信じていると
様々な症状で辛い状況になります。

期間も長くなっていき
いつまでも薬を飲み続ける。

 

「一生お薬は飲み続けるものです。」

 

こういわれ、でられなくなります。

 

例えば

統合失調症が再発しそうだ。
これは
禁断症状が再発しそうだ。

 

何かされて痛い。
ストーカー。集団ストーカー。
被害妄想。

 

急に暴れる。
叫ぶ。
暴力をふるう。
わめいている。
悪夢を見る。
怖い。

 

ぐったりとして元気がない。
疲れた。

目つきがおかしい。
顔の表情がおかしい。
顔の色が悪い。

否定的な思考。

毎日、引きこもりになっている。

 

性格が変わり頭がおかしくなるので嘘もつく。
知り合いなどの名前を忘れる。

 

結婚ができない。
友人からもおかしいと思われる。

 

多い被害の数々。

 

こうしたのも

精神医療業界の自作自演なのです。

 

統合失調症で幻覚。本人次第。

統合失調症には誰もがなりやすい人にあてはまるのです。

私たちの弱みを利用してだます
悪質な犯罪者です。

 

統合失調症を完治するには

本人次第です。

周囲も支援するとしても
本人が詐欺にあっている自覚をして

先生や~さんと呼ぶのをやめる。

 

こう本当に思うようになる。

 

精神科医はクズ。
臨床心理士もクズ。
精神科・心療内科・デイケアの職員たち
看護師、福祉士、精神保健福祉士も受付もクズ。

 

そして行動がなによりも必要です。

 

こちらに

統合失調症が「完治する方法」があります。