統合失調症、家族はどう救出する?精神医療詐欺から。

統合失調症は治るのです。
しかし精神科・心療内科の治療が原因で発症します。
病院・クリニックにいき受診をして向精神薬という麻薬の処方がされます。
統合失調症で家族が疲れた状況に追い込まれてしまうのです。
本人もつらいのです。
知らずに麻薬を飲んでいるのです。

 

統合失調症という診断名がついた本人の
支援・サポートをするには
まずは依存症になっていることを把握することです。

 

元々抱えていることがあって
そこに麻薬と同じ成分の向精神薬を飲む。

嫌なことをストレスを薬でらりって忘れる。

しかし次にあるのは禁断症状。
そして統合失調症といわれている薬害になります。

 

 

統合失調症、家族はどう救出する?治った例がない。

抱えていることストレスがあり困っている。
疲れた本人をだまして
白い粉を売る精神科医、
その粉に誘導する心理カウンセラーのカウンセリング。

精神科・心療内科のサイト、ブログは
チェックリストも使い宣伝をしているのです。

統合失調症という名称と

本人の辛い気持ちを利用した詐欺です。

家族が辛いのも依存症に巻き込まれてしまうからです。

統合失調症で家族崩壊はこうした詐欺が原因です。

統合失調症を治すには
よくある話を忘れることです。

精神科・心療内科・家族会・家族の会・

電話相談・相談窓口・家族教室
体験談・心理教育

どれも治った例がないのは

統合失調症の治し方が間違っているからです。

 

精神科医の名医を探してしまい
東京や神奈川、大阪、仙台、新潟、奈良、熊本、京都、八王子
愛知、広島、福岡、さいたま市

どれも結局は変わらないのです。

 

そうすると統合失調症という本人の家族は
いずれ限界がきます。

両親も年齢を重ねていく。

 

しかし本人は
統合失調症のままで治らない。

対応に困り切ってしまい辛い家族。

 

そこをだまして
改善する。治るといっては
お金儲けをしているのが

精神科医と心理カウンセラーです。

 

 

統合失調症、家族はどう救出する?差別に偏見。

統合失調症の家族の接し方は
まずは麻薬中毒者に陥っていることの説明からです。

 

さらに統合失調症の家族の悩みで

結婚できないこともあります。

偏見や差別、嫌がられるなど。

 

統合失調症について家族アセスメントがあり

差別はいけない。
周囲の人たちも理解をしましょう。
そういったクズ話があります。

 

薬物依存症の人がいて何も思わない人はいません。

 

怖がる。
怖い。
ヤクで頭がおかしくなる。
事件を起こす。
暴れる。叫ぶ。

危ない、危険と思うのがあたりまえです。

 

統合失調症の本人のためにも
そして家族の結婚のためにも

この詐欺を理解することからです。

 

統合失調症とだましては

家族サポートが必要といっては
家族ケア。
家族支援をします。
だから心理カウンセラーのカウンセリングを?

 

家族へのケアということで
心理カウンセラーのカウンセリングで
統合失調症の家族歴をきくのですが
悩みの解決はできません。
家族心理をわかることはないです。

誰にでも他の人の心理は見えませんから。
家族性が~でなどお金の無駄遣いです。

 

 

統合失調症、家族はどう救出する?あきらめた?実は薬害詐欺。

統合失調症の本人に
家族の対応の仕方は
こうした似非医療をやめさせることです。

 

統合失調症の家族の悩み。
統合失調症の家族をサポートしますというものの

何もできないのです。

家族への看護もほんとうでしたらいらないことなのです。

統合失調症の家族療法に家族研究、
そして家族指導。
統合失調症の家族に対する看護。

どれも相手にしないことが大事です。

医者もカウンセラーも相手にしないことです。

 

統合失調症ということでは
向精神薬漬けになりますので動けない体調にもなります。

家族が看護することもでてきます。

またはもう面倒で疲れたので生活保護の受給者にし

病院へ入院、グループホーム、施設へ転居をすることもあります。

 

家族のストレスはたしかにこれで
嫌なことがなくなって楽になります。

 

しかし統合失調症とだまされてしまった

本人はどうなのでしょうか?

 

家族関係がそもそも悪いです。

家族を大切にしないから

こうした捨てることもできてしまうのです。

 

家族教育に問題があります。

統合失調症だからもういいや。

病院やクリニックでやってくれるそうだから
もう任せよう。

サボりたいから。

 

こうした家族の対応の仕方が悲惨な結果を招きます。

 

統合失調症の家族に対する家族へのケア、

支援やサポートというのも

結局はこういった作り話です。

 

何か治し方が欲しいと本や論文、資料を読んでも
同じことばかりが書いてある。

しまいには統合失調症の本人と家族との関係の悪化。

向精神薬漬けで頭がおかしくなるので
家族に敵意をもつ。

家族は辛いし疲れた気持ちになります。

 

統合失調症と診断されてしまい治療で頭がおかしくなる。

そして家族内の家族機能が壊れていきます。

 

最初はいいのですが限界があります。

家族の感情が表出してきます。

統合失調症とだまされてしまった本人も
家族に敵意をもつ、家族を疑うようになります。

 

統合失調症に対する家族の理解がない。

家族の支援が欲しいけど得られないで苦しいのは
本人です。

統合失調症だから家族と絶縁するのではなく

実は精神科・心療内科で治るとだまされてしまっている。

治す詐欺だとわかることです。

 

 

まとめ 統合失調症、家族はどう救出する?

家族の方たちも辛いのです。

しかし統合失調症の治し方といっては
依存症にしておいて寛解を目指しましょうというクズ話です。

本当はどうにかして
統合失調症の治る方法が欲しい。

治った例がないからあきらめたほうがいいのか?

いいえ。

することは正しい

統合失調症が治る方法をすることです。