統合失調症で疲れやすい?薬物中毒です。

精神科医の薬は覚せい剤・麻薬そのものです。
らりっているのです。
統合失調症で疲れやすいのは向精神薬が原因です。
統合失調症で疲れやすい状態への対処は
治す詐欺にひっかかってしまっているのを気づくことです。
これは精神病は統合失調症もうつ病も薬害です。
不安症、不安障害もです。
統合失調症も疲れやすい理由も詐欺です。

 

統合失調症で疲れやすい?誰もが騙される危険!

何か悩みや問題があります。
そして嫌な感情があります。
嫌な気持ちです。
苦しい、辛い。
しかしここで精神科・心療内科にいってしまう。
サイトやブログ、チェックリストもあてはまる。
誰だってあてはまる可能性があります。

 

ただのいちゃもんです。

 

そして自分は病気、精神病なのかも?
そして精神科医が解決する治すのか。

 

精神科医も

「お辛いですね。大変でしょう。」

「それは統合失調症です。」

「うつ病です。精神病です。」

 

そうか物事がうまくいかないのは
精神病だからか。うつ病かもと思ったのはあっていたのか。

よし治療で治るのなら治すか。

 

こうして統合失調症を治すものと勘違いをしてしまいます。

 

疲れやすい原因はその薬なのに。

そして薬を飲み続けると薬物依存症になります。

疲れやすい。だるい。
ふらふらする。ふらつきがある。
体が動けない。

 

精神科・心療内科で健康な人が不健康になり
病気になるのです。

飲み続けると顔色が悪くなる。

みんなそして肝臓病、腎臓病。
物忘れがひどいのが認知症、癌。

死亡。

犯罪です。

 

 

統合失調症で疲れやすい?家族も疲れやすい状態にされる。

そしてヤクがきれます。

これがいわゆる精神病というものです。
統合失調症もうつ病も不安症、不安障害も原因はこれです。

そして元々あった問題をらりって忘れているだけです。

 

臨床心理士も調子のいいことをいっては
精神科・心療内科の職員たちもクズ話を繰り返しては
おクスリで治しましょう。
治すのに精神科医の診察をしましょう。

こうして泥沼にはまります。

 

統合失調症の家族が疲れた。

これもそうです。
統合失調症の家族が疲れやすい状況に陥るのも
統合失調症がいつまでも治らないからです。

 

家族も統合失調症がいつまでも治らないで
悪くなるだけ。

 

いいかげん嫌になるのです。

 

薬物依存症の人の相手は疲れます。

話が通じない。
疲れやすいから一日中寝てばかり。
最初はよかったけど
いつまでもなので嫌気がしてくる。

 

 

統合失調症で疲れやすい?ノルマに賄賂の犠牲、死亡。

統合失調症?もう面倒。疲れた。
放置すると楽になれるかも?
そう思ってしまうのもわかります。

しかしこれは精神科医、臨床心理士
精神科・心療内科の職員たちの
詐欺によるものなのです。

病院、クリニックにしてみれば
定期的に騙されにやってくる患者たち・
儲かるのです。
ノルマもあります。
製薬会社の賄賂もあります。

統合失調症になりやすい人というのは誰でもが
なる危険があるのです。

 

そして薬物の過剰摂取で死亡もしてしまいます。

 

統合失調症の家族のストレスは相当なはずです。

有名人の話は基本的にあてにはならないです。

精神科医は難しい用語を使い
騙してきます。
セロトニン仮説、脳内物質、陰性症状

忘れましょう。

統合失調症の人への接し方では
事実の説明です。

 

まとめ 統合失調症で疲れやすい?

統合失調症で疲れやすい。

統合失調症の家族も疲れやすい追い込まれる。

統合失調症も治るといっていたのが治らない。

こうした詐欺が原因にあるのです。