トリプタノールの効果で死亡! 離脱症状はいつまで続くのか? うつ病、統合失調症、不眠などの精神病を治すには断薬の成功が必須。 抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの精神薬の恐ろしい成分!効能、副作用で肝機能障害、癌、認知症などを発症するのが作用。

 
トリプタノールの服用を続けると
効果で死亡する作用がある。

また、断薬をする時にある
離脱症状がいつまで続くのかといった問題だが
1週間(7日間)は時間が必要である。

うつ病、統合失調症、不眠などの精神病を
治すには断薬の成功が必須である。

これには明確な理由がある。

抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの
精神薬の成分というのは、「覚醒剤・麻薬」そのものである。

トリプタノールもだが
抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの
精神薬の効能、副作用で
肝機能障害、癌、認知症などを発症するのが作用としてある。

トリプタノールだけではなくて
抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬と言われている
精神薬によい効果やよい効能はない。

「薬物中毒者になるのが、効果である。」

そうなると、頭がおかしくなるのは
ごくごく普通に考えるとわかることである。

実際に、精神科・心療内科に通院している人たちの
様子がおかしいのは
精神科医などによって薬物中毒者にさせられているためである。
 
 

トリプタノール、抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬などの精神薬の有効成分は、「覚醒剤・麻薬」
トリプタノールの効果・副作用は?添付文書では?

 
トリプタノールもだが
抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬といった精神薬の
有効成分は、
「覚醒剤・麻薬」
である。

これは事実である。

そして、
トリプタノールの効果・副作用が
添付文書ではどう書かれているのかを見ていこう。

 幻覚
 せん妄
 錯乱
 けいれん
 非現実な体験
 もうろう状態
 混乱
 興奮
 取り乱す
 落ち着かない
 不安
 興奮
 不眠
 眠気
 体の震え
 ぴくつき
 めまい
 発熱
 発汗
 頻脈
 下痢
 血圧上昇
 体の硬直
 嚥下障害(飲み込めない)
 急激な体温上昇
 発汗
 頻脈
 ふるえ
 精神変調
 意識障害
 気分障害
 不安感
 焦燥感
 イライラ落ち着かない
 気持ちの高ぶり
 悪い衝動
 だるい
 のどが渇く
 頭痛
 けいれん
 意識もうろう
 気を失う
 口の渇き
 便秘
 目のまぶしさ
 かすみ
 尿が出にくい
 低血圧
 動悸
 頻脈
 不整脈
 手のふるえ
 動作がにぶる
 口周囲の異常な動き
 発疹
 食欲不振
 吐き気
 吐く
 激しい腹痛
 ひどい便秘
 お腹がふくれる
 冷や汗
 めまい
 顔面蒼白
 胸の違和感
 口の渇き
 眠気
 めまい
 立ちくらみ
 便秘
 手のふるえ
 かすみ目
 尿が出にくい
 動悸
 けん怠感
 ふらつき
 立ちくらみ
 動かず黙り込む
 顔や舌がむくんで腫れあがる
 発熱
 喉の痛み
 口内炎
 だるい
 皮下出血(血豆・青あざ)
 鼻血・歯肉出血
 
 

トリプタノールは頭痛の予防に有効ではない。
覚醒剤・麻薬で薬物中毒者になりハイになって感じなくなっているだけ。
抗うつ薬・精神安定剤・睡眠薬といった精神薬は効果はない。あるのは副作用。

 
トリプタノールを頭痛の予防するためといった理由で
処方されることがある。

覚醒剤・麻薬をしても有効ではない。

覚醒剤・麻薬で薬物中毒者になりハイになって感じなくなっているだけ。
効果があるわけではない。

また、
トリプタノール
抗うつ薬
精神安定剤
睡眠薬
精神薬

には効果はない。

副作用しかないのが事実である。

例えば
添付文書にあるのでは

幻覚
せん妄
錯乱
非現実な体験
もうろう状態
混乱
興奮
取り乱す
落ち着かない
不安
興奮

添付文書のこれが意味しているのは

精神科の受診をすると
幻覚が発症することである。

精神科に通院している人たちに
わけがわからないことを言っている人たちがいるのは

精神科医によって薬物中毒者にさせられて
トリップをして頭が飛んでいるからである。



こうした精神薬といったもの
抗うつ薬
精神安定剤
睡眠薬

服用をしてもよいことは何もない。
効果は悪化し続けて
死亡するだけである。
 
うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。