うつ病が悪化するサインは覚せい剤の抗うつ薬で!

クスリとは覚せい剤・麻薬と同じ成分です。
そしてうつ病が悪化するとは禁断症状。
これで悪化させることで
定期的に患者が通院をしては
精神科・心療内科がお金が儲かる詐欺です。

私たちは騙されています。

あなたが抱えている問題がありますよね?

大きいことでわかりやすいこと。
小さいことが気づきにくいが問題が溜まっていき大きくなる。

問題を薬でわからなくしているだけです。

もちろん依存性があります。

 

一度の精神科医の診察と投薬治療で
薬物依存症に陥ります。

 

こうした問題には
例えば健康上の問題があります。

 

原因は自分自身の弱さ。失恋は薬と関係がない。悪化すると?

不健康な生活を送り運動も筋トレもしないで

アルコールを使い。

自分も今思えばだらしがなかったです。

仲間たちも気づいたのは
原因はクスリでなくならないこと。

あの環境にいってしまうと
一種の暗示にかかってしまう危険があります。

 

だからこうした詐欺と
まったく関係がない人に話すと
1分もあれば相手も理解することができます。

 

これが自覚することができない状態になってしまいます。

精神科医もクズですが臨床心理士もクズです。

 

失恋してカウンセリングをしたところで
臨床心理士はなだめることしかできません。
具体的に問題に対して何かをすることはできません。

 

完治をして仕事に復帰をするにしても
仕事を彼らが見つけて面接も代わりにして
あなたにそのまま仕事をプレゼントをすることはできません。

 

精神科医も臨床心理士も
できないことをできるとだましてはクスリを売るだけで
高い支払いの請求を繰り返す。

 

悪化するとうまく考えられない。
脳にダメージを負う。
これで臨床心理士に相談をする?
お金の無駄遣いです。

 

症状は「白い粉」。鬱病はない病気。

鬱病は薬害です。

悪化させる原因は精神科医、臨床心理士、
精神科・心療内科・デイケアの看護士、

福祉士、受付、職員たち。

症状はヤクそのものです。
体調が悪化させる方法でもあり、うつ病が発症する原因です。

 

うつ病という名の薬害も含め解決をするには別の方法があります。

 

精神科・心療内科をやめる時期は
できれば早急にやめること。
公的な支援を受けている場合は
仕事が見つかるときまで。

詐欺師たちの話にあわせておけばいいです。

 

断薬をするタイミングはすぐにするのではなく
まずは自分自身が詐欺にあっていると自覚をする。

自分の間違いを認める。
準備をする。
そしてクスリをやめる。
さらにまたしていく。

 

具体的な方法はすでに用意してある。