うつ病は甘えの事実。薬物依存症か甘えている。

うつ病は甘え。この話には一理あります。
うつ病とは薬物依存症に抗うつ薬などの向精神薬でなっている。

見分け、違い、問題なのはここからです。

うつ病は存在しないこと。
非定型うつ病、新卒うつ病もつくられた病気。

誰にも嫌なことはあります。
そこで問題をなくすことでそういった嫌な感情もなくなり
次に進みます。
人生はこういうものですよね?

 

うつ病は甘えの事実。支援ができる場合もあります。

うつ病は甘えか?新型うつ病?という意見もわかります。
そしてあっている部分もあります。

しかしここでこういったネガティブな感情を病気、

精神病と騙される、

精神科・心療内科のサイトやブログをみてしまい
チェックリストもしてしまい
助けを求めて精神科医の診断を受診してします。
そしててたらめに診断名をつけます。

 

大変ですね。
嫌なことはおクスリで忘れましょう。
向精神薬で治るのです。

と覚せい剤・麻薬の処方をします。

一時的に最初は気分がよくなり間違って

理解をしてしまいます。

 

うつ病と甘えの見分け方?

うつ病ということで精神科・心療内科にいる人たちは

一部はおよそで2割3割はまじめな人たちです。

まじめな性格をだまされてしまったのです。

私たちのあなたの近くにも被害者はいます。

だから精神科医の治療も心理カウンセラーのカウンセリングも
真剣に取り組みます。

治す方法が病気になる方法と知らずにします。

 

彼らが依存症に陥っていることを自覚をして
実際にするのなら治る可能性がはじめてでてきます。

周囲の人たちも
新入社員だろうが管理職の人だろうが
関係なく支援をしましょう。

この場合は対処ができます。

まず会社にいる精神科医や心理カウンセラーを追い出します。

そして職場にある問題点を改善するのです。

 

また仕事をしておらず失業中で再就職をしたい、
転職をしたい。就活をする。

これは社会側の問題ですから

新卒採用だけにせずに中途採用を増やす。
年齢や性別、男性、女性にかかわらずに。
景気をよくする。失業率を下げる。

社会側が改善する課題もうつ病を治すにはあります。

 

 

うつ病は甘えの事実。支援ができない場合も。

向精神薬をすればいいんだ。
精神科医がなんでも問題をなくしてくれる。
心理カウンセラーのカウンセリングでも肯定してくれる。

こうして泥沼にはまります。
躁うつ病の発症もして。

精神科・心療内科とは
うつ病の発症をして悪化をする日々。

 

甘えたい人は周囲も同じだから。
同じうつ病といっているほかの患者たちも甘えてくる。
うつ病?甘えられない?甘えさせない?
ここなら甘えられる。
うつ病になると甘えたい人には好都合な環境です。

精神科・心療内科・デイケアも
だらしがない人たちが多いです。

 

そしてよくある話に

 

うつ病は甘えすぎで~だ。
うつ病だと甘えるな。
うつ病は甘えで逃げているからな。
うつ病は甘えすぎなだけだから。

 

一方の精神医療は

 

うつ病は甘え下手だから病気。
うつ病は甘えられないから病気。

 

そうすると

うつ病なんかない!甘えにしか見えないのが病気?
うつ病?甘えんな。

 

こういったのは精神科・心療内科の多くです。

こうした甘えの人たちは

麻薬とわかっても飲み続けることでしょう。

 

なんだかやめるのが怖そうだから。
怖いことはしたくないから。
面倒だから。
精神科医や心理カウンセラーのいうことが絶対。
でも睡眠薬、安定剤、抗うつ薬という
名前がついているからいいものも入っている。
楽したい。
働きたくない。
周りのみんなもやっているからいいか。
じぶんは社会の被害者だから
社会の支援を受けるのが当たり前。

 

 

支援しようがないのです。
あきらめた選択をしたのも仕方がないことです。

 

 

まとめ うつ病は甘えの事実。

一部の人たちは本当にまじめです。

誤解もかなりあるので事実関係の整理をしました。

周囲の人たちは依存症だと説明をする。

そして中には自覚をする人もいます。
その場合は支援ができます。

 

しかしその一方で
何度も説明をしても
それでも話が通じない。

 

その場合は巻き込まれないように

距離をとることをおすすめします。

できるサポートはありません。