うつ病は甘えと思うのは思い込み。うつ病になるのは誰でもがなることです。

バカにしている人たちがいます。
しかしそういった人たちも
うつ病もですが統合失調症にも
精神病になることはありえます。
誰でもがなる可能性あります。

 

うつ病が甘えという誤解は診断が理由。

 

この話で苦しんでいる人たちが多いけど
うつ病が甘えというのは誤解であって
原因は診断に理由があります。
この診断では誰もがうけてしまう可能性があり
その後に体調が重くなりうつ病などになる危険は
誰でもあります。

 

うつや統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

うつ病や精神病の診断はあいまいであてにならない方法。

 

うつ病もだけど統合失調症、不安症、適応障害、幻覚に幻聴など

精神病の診断は実はあいまいであって証拠がない方法です。

 

診察では問診です。
状態を聞かれます。
これがおかしいですよね?

 

医療は科学的な証拠をもとにして
診察をします。

骨折をしたらレントゲンの撮影をして骨折をしているのか
確かめてから確証をえてから

骨折という症状が告げられます。
そして治療となります。

 

ところがこういった診察や検査は何もありません。

 

最初は落ち込んでいる状態です。
このときに何か理由があります。
ストレスになることが。

 

この状態でも取り乱したりします。
冷静さをかいていますので。
自分もそうでしたから。

 

でもここで精神科医の診察を受けるのは
本当によいことなのでしょうか?

 

こうして精神科医の治療を受けると
そこで処方される薬では治りません。
そもそもストレスを感じる理由を解決しないと治りません。
薬はまったく関係がありません。

しかも成分です。

私たちは
「安全です。」と説明をされますが。

 

実態は
「毒」です。

 

精神科の通院者の人たちの顔を見ると

「顔が腫れています。」

自分も当時は
顔が膨れて太って
はずかしくてたまらなかったです。

薬の毒です。

 

うつ病や統合失調症といった精神病の診断はふりだけ。精神科医がいくらでも稼ぐため。

 

こうしたうつ病に統合失調症などの
精神病の診断はしているふりをして演じているだけです。
体調を重くして精神科医がこうして稼ぐためなのが目的です。

 

こうした精神科医は
とてもいい人に見えます。
最初は。
そして困っている人たちを助ける悩みを解決するといいますが

 

実際にはクスリを処方するだけです。
カウンセラーも同様にしたふりをしています。

 

しかしそもそも解決ができないのです。

 

景気が悪いときに
彼らが景気をよくすることはできません。

 

不景気が原因でうつ病になる人たちが大変多いです。

できないのです。
できると騙してはクスリを売っているだけです。
カウンセラーも高額請求をしているだけです。

彼らはお金に困っても1円もくれることはありません。
そうしたことを相談しても
請求をしてくるだけです。

 

うつ病・統合失調症を改善し人生を取り戻す方法とは