うつ病は薬でなる薬害。甘えは薬に逃げているのが見分け方。

うつ病の薬は覚せい剤・麻薬と同じ成分です。
うつ病というものは薬物依存症です。
最初に抗うつ薬で気分を上げるとしても
次にはヤクがきれます。

警察の説明にある通りです。
一度でも少しでもしたら
身も心も壊れるのです。

このままでいるのを選ぶ場合は
甘えです。

 

今日のテーマは
うつ病と甘えと見分け。

 

今回は
うつ病という名の詐欺からの脱出するには?

周囲が支援できるのかできないのかの
見分け方もお伝えします。

 

鬱病とは辛い時の心理を利用する詐欺師たちのクズ行為。

うつ病はわたしたちはよくニュースで
有名人や芸能人が逮捕されるのを知りますが
同じ状態です。

成分がとても危ないのです。

 

このままでどうにかなるだろう?

この考えは甘えです。

 

見分けはここです。

ここで行動をするのかしないのか。

 

精神科医は安全といいますが
これはわからないで決まり文句で行っているだけです。

そして臨床心理士も
クスリで脳がダメージを負う。
思考能力が低下します。
うまく考えられない症状。

 

私たちは何か問題があると
心理でこうした甘い詐欺話に乗りやすいです。

 

そこで人助け、支援するとだましているのです。

多くはわからずにしているので
どうしようもないです。
話が通じません。

 

理解してもらおうとか考えないでください。

精神科医も臨床心理士も
精神科・心療内科・デイケアの看護士や福祉士
職員たちは上から目線で
大変、傲慢です。

 

人としてクズです。

 

そして差別・偏見。

 

うつ病など統合失調症や不安障害などの
精神疾患・精神病に対する差別や偏見がある話。
これも甘えを助長するだけです。

見分けするには
この話に乗って楽している人はもう治らないです。

 

うつ病に甘えに見分け。詐欺話に乗っているだけ。

うつ病からどうにかして完治をしたい。

仲間たちも治ったからこそ

やはりこうしたうつ病に甘えている

人たちには

厳しいです。

 

見分けをするのは実際に行動を

しているのか?
していないで言い訳に不平不満で文句ばかりか?

これが見分ける方法です。

 

あなたはどうでしょうか?
本当に治したいのでしょうか?

 

実は甘えがありこのまま楽していたいと思っていませんか?

 

こうした気持ちでは治らないです。

 

方法があっても無理です。

そのうえであなたが実際に行動に移すのならば

 

 

うつ病からの方法はこちらにあります。

 

 

周囲も手助けしたい。

その気持ちはとても素晴らしいです。

 

ここでは
支援できるのかできないのかの
見分け方もお伝えしています。

 

しかし問題なのは
本人しかできないのです。
周囲ができるのは応援すること。

がんばれと励ますこと。
支えることぐらいです。

 

信じ切ってしまっていること。

いくら説明をしても

精神科・心療内科・デイケアに行っている。

いつも鬱病だからといっては薬に逃げている。

 

この場合はあきらめるのが正しいです。
残念ながら手遅れです。