うつ病に微熱。薬物依存症ではありませんか?

うつ病で微熱がするのは麻薬の向精神薬が原因です。
他にうつ病ということで微熱があり倦怠感もある。
鬱病というのもクスリを売るための口実です。
そして麻薬の向精神薬を飲み続けていると
うつ病になり重度になり

悪化をしていき微熱も続くのです。
うつ病も微熱も薬害です。

クスリをしてもストレスになることはなくなりませんよね?
らりってわからなくなるだけです。

抗うつ薬などを飲むと頭がおかしくなるのです。
逮捕者を思い浮かべてみてください。
らりっているだけです。
ヤクがきれているです。
うつ病が治るには別の方法が必要です。

 

うつ病に微熱。いつまでも悪くなるだけ。

精神科医の詐欺には様々な被害があります。

 

うつ病で体温調節ができない。
うつ病で顔つきがおかしい。
うつ病で顔の表情がおかしい。
うつ病で熱がでる。
うつ病で微熱に寒気。
うつ病で下痢をする。
うつ病で頭痛がする。
うつ病で微熱に倦怠感もある。

 

うつ病と診断があり治療が始まってからの
症状です。

そして体が動けない。
いつまでも治らないで寝てばっかり。

うつ病で?薬害で仕事ができない。

 

 

うつ病に微熱。体の不調?依存症。

診断といいましてもきちんとしたものありません。
話をしてなんとなくで病名を決めています。

例えば仮面うつ病という名称。

身体の症状がでるとあるのは

クスリでなるものです。

 

うつ病でひたすら寝る状態になってしまいます。

微熱が続く日々。

 

しかしストレスの原因となることがクスリでなくなりますか?

 

不可能です。
関係がありません。

騙されているのです。

 

まとめ うつ病に微熱。

ちょっと嫌なことがあったのですか。
お辛いですね。
このおクスリの白い粉でらりるので忘れましょう。

これでいいのでしょうか?

 

治りたい。
治るのが目的ですよね?

薬物依存症になっても何もよくならないです。

鬱病も微熱も続く。

しかしまさか微熱が出る原因が詐欺だと思わないのも
わかります。

うつ病も微熱も原因は詐欺にあっているからです。