うつ病前は健康。前触れは治療で起こること。

うつ病前の状態は今よりもまだよかったのに。

こう思うのはうつ病とは治療で麻薬の抗うつ薬で

なるからです。

元々は人間関係などの問題でストレスが溜まり

嫌になった。ネガティブな感情です。

そこには疲れたり、気分が優れない、取り乱すなどもあります。

しかしここで精神科・心療内科を受診してしまうと

薬物依存症になります。

 

僕らは気づいて完治をしたのですが。

仲間たちが口をそろえて言っていたのは

 

「楽しようとしたのがいけなかった。」

「そこを甘い話で騙されてしまった。」

 

前触れがあるとすれば精神科・心療内科のサイトを見る。
臨床心理士やスクールカウンセラーにすすめられた。
会社ですすめられた。
などです。

 

前向きになるには症状は依存症と自覚をすることから。

麻薬と同じ成分の向精神薬漬けで

脳にダメージを負う。

 

精神疾患の症状は

薬物依存症です。

 

うつ病や統合失調症、不安障害など

精神病は作られたものです。

 

前頭葉の血流にも悪い影響があります。

 

全身に覚せい剤・麻薬が流れているのです。

 

脳の萎縮となります。

 

前向きになるには

 

こうした薬害を自覚することからです。

 

それと精神科医や臨床心理士に騙される前から

抱えている問題をなくす。

 

ストレスだけだったのが・・仕事ができない。物忘れ。頭痛。終わりへ。

自分の悪い人格、性格なども改善する。

修行が必要です。

 

詳しい方法はあります。

 

ここで間違えた彼らたちは死んでいきました。

 

彼らたちが生前に言っていたのは

 

「おそらくなんとかなるだろう。」

「精神科医は理解のある人。」

「臨床心理士も話を聞いてくれる。」

 

結局は会社にも就職ができないで
仕事ができないままでした。

 

突然泣く人もいました。

物忘れがひどい。

眠気が辛い。

頭痛にイライラ。

知恵袋などでも被害の実態が確認できます。

 

鬱病前の症状は嫌な感情です。

 

病気ではないのです。

問題があるからです。

 

うつ病になりかけのときの対処は詐欺と自分で気づくか?

私たちは残念ながら
うつ病になりかけのときの対処で

間違えてしまっています。

 

彼らたちは
すぐに楽になりたい、
そこに精神科医の甘い話があり
甘えてしまい死亡をすることになりました。

 

症状では
顔つきの変化。

 

うつ病だと最初は信じていても

話がおかしいことに自分で気づく人もいました。

 

うつ病と診断があってから始まる
数々の体調の悪化。

 

顔の表情がおかしい。
うつ病の人がとる行動とは治療でなります。

 

結局は

精神科医も臨床心理士も職員たちもクズです。