うつ病の人にかける言葉は「あなたは麻薬中毒者。」

うつ病の人にかける言葉は薬物中毒者と伝えることです。
精神科・心療内科で処方されるクスリは麻薬です。
向精神薬の成分は麻薬です。
抗うつ薬(抗うつ剤)、

精神安定剤、抗不安薬、

睡眠薬(睡眠導入剤)
覚せい剤・麻薬です。

 

周囲の人たちは
説明をすることです。

そして本人がしっかりと理解をする
自覚を持てば
実際に行動にうつせば
支援することもできます。

 

うつ病の人にかける言葉が届くか届かないか。

そこでキレて暴れて
そんなことはない!と否定をして
精神科医や臨床心理士
精神科・心療内科の職員たちを先生と
呼んでいるのをやめない。

ふらふらと精神科・心療内科・デイケアに

通院をしてしまっている。

作業所や支援センター、就労支援センターに

いってしまう。

この場合は支援することはできません。
あきらめたといった考えがでてきても
おかしくはありません。

 

みんな私たちは問題をそのときそのときであります。
そして辛い、嫌な感情もあわせてあります。
これはネガティブな感情が知らせているので
問題があるのがわかります。
なんとかして解決をしないといけない。
危機感です。

 

そして取り組んで問題を解決していきます。
問題がなくなるとこうしたネガティブな感情もなくなります。

これには何か周囲の環境もあれば
自分の性格が自己中心的でだらしがない。
言い訳ばかりで逃げてばかり。
他の人のせいにする。

 

うつ病の人にかける言葉は甘い話はない。

しかし困難な問題です。
そこに精神科医や臨床心理士が弱みを
ついてだましているのです。

精神科・心療内科のサイトやブログで騙しの宣伝と気づかずに
チェックリストをしてしまい

うつ病かもか?
統合失調症かも?
精神病かも?

 

サイトにあるうつ病とは何かの説明とあてはまっていそうだし。

これでいけば治るのかもしれない。

 

まんまと騙されているのです。

 

そして精神科医は

お辛いですねぇ。

それはうつ病ですね。
統合失調症ですね。
精神病ですね。
それではこのおクスリで治るのでもう大丈夫です。

 

そしてなるのが薬物依存症です。

 

うつ病の人にかける言葉が通じないと?

一時的に覚せい剤で気分を上げる。
気分がよくなった。
いいえ。らりっているのです。

辛いのが不安感がおさまった?
いいえ。
麻薬でダウンしてらりっているのです。

睡眠の改善ができた?
いいえ。
麻薬でダウン気分が低下して
らりって気絶しているだけです。

 

臨床心理士も薬物が治るのに必要、
改善するのに必要とでたらめな助言を繰り返します。
そして高い支払いをカウンセリングで支払うのです。
お金の無駄です。
臨床心理士も役に立たないどころか
クズで害そのものです。

 

そして躁うつ病、双極性障害、
不安症、不安障害、パニック障害の併発。
リストカット、自傷行為。

顔色が悪い。

自殺を急にしてしまう。

病気になって死亡する。

早死にする。

 

うつ病の人にかける言葉の例。やらせです。

うつ病の人にかける言葉でこうするのがいいだとか
マニュアルになって様々に型があります。

しかしやらせなのです。
こうしたクズは忘れましょう。

 

本当にするのは
うつ病の人にかける言葉では

 

あなたは精神科医や臨床心理士に騙されている。