うつ病の薬害が中学生にも。親に言えないのをどうしたらいいのか?

うつ病は薬害です、残念ながら精神科・心療内科は詐欺そのものです。
精神科医のクスリは「麻薬」と同じ成分です。
うつ病は依存症です。
親に言えない気持ちはわかります。
しかし話すことをおすすめします。
治す方法はあります。

 

中学生をうつ病にさせる精神科医のクズたち。

 

学校などでいじめもあり辛い環境。
受験の圧力。
こうしたは嫌なネガティブの感情です。

 

ここで疲れた、なんとかして解決をしたい気持ちを
利用してだますのが精神科医と臨床心理士です。

 

うつ病の中学生に

辛い人に「麻薬」を売るだけです。

 

両親もいい大学に行かなければいけないと
思うのはやめましょう。

うつ病の中学生の増加にもつながるのです。

もうそうした時代ではありません。

授業料を支払っても、もう見合ったのはありません。

 

鬱病を病院が儲けるために作り出して薬を売るだけ。

鬱病というのは病院が故意に儲けるために作っているのです。
薬を売るだけです。

知恵袋などネットやブログをみると
鬱病の症状を中学生などが書いています。
こうした症状は病院の精神科・心療内科で作られた
薬物依存症です。

 

うつ病の中学生が

寝たきりにさせられる。

最初は精神科医も臨床心理士も

最初はすごく親切で理解があるように見えます。
人としてクズなのです。
平気でしているのです。
どうしようもないクズです。

 

うつ病の中学生が

勉強ができない。
辛い症状。

チェックリストも診断もいいかげんで非科学的。

何も明確なのがありません。

 

非定型うつ病というのも
こうした精神医療の詐欺です。

 

勉強ができない症状。詐欺の被害。不登校にも追い込まれる。

例えば不登校。

詐欺にあってしまいうつ病になる前に中学生が

いじめがある。
先生がクズ。
ひどい辛い、あわない環境。

 

そしたら解決策は

学校を変える。
転校をする。

通信制の学校。
夜間学校。
オンラインの授業、学校にする。

 

ようは無理に学校に行こうとするから
ストレスになって辛い感情になるのです。

 

うつ病になる中学生が増える被害

勉強ができない症状は薬害です。

 

これにクスリをして脳が麻痺して感じなくなる。
しかし頭がおかしくなるのがいいのでしょうか?

脳の発育にも遅れ、障害がでます。

脳にダメージを負うことになります。

 

チェックリストも捏造。治療でうつ病にする。

臨床心理士の治療、カウンセリングも役に立たないです。

わたしたちの状況を
カウンセラーは経験したことがないですよね?

わからない人に高い支払いをしては

いちゃもんをつけられて

精神科医を受診するように誘導をされるのです。

 

うつ病にこうして中学生もさせられます。
スクールカウンセラーもその共犯者です。

精神医療の関係者は
マニュアルを鵜吞みにしているだけです。
マニュアルが捏造話と思っていないのです。

 

チェックリストというので一定の点数を満たすと
精神疾患の病気?

冷静に考えるとでたらめですよね?

血液検査や光トポグラフィーもです。

心の中は外からは見えないのです。

検査の基準そのものを捏造すれば

あてはめることができてしまいます。

 

状態がひどくなると入院をすすめられます。

親にしても反省することがあるのです。

中学生のお子さんをほったらかしにして

無責任に丸投げをする。

チェックシートもいいかげん。

 

克服するには?子供の声を耳に傾けることを。

こうした問題は医療がすることではありません。
病気というのではないのです。

中学生からの多くの悲鳴。

ストレスが溜まり辛い。

 

うつ病は作られた病気。

精神疾患のすべてが。

 

親のせいです。

高校生の被害者も大変多いです。

よく治った割合という話も
これは寛解する状態というもの。

らりって感じなくなって社会に復帰をしたらどうなるのでしょうか?

 

しまいには急に暴れる、叫ぶ、

暴力をふるうなど。

 

正気を失い

いきなりキレて犯罪を犯す。

しかも後で覚えていない。

 

こうしたのは社会の問題です。

社会は子供の声をきくことです。

思春期うつ病もやらせです。

 

克服をするには?