不安障害に正しい治し方とは?様々な療法から不安障害を見つめなおす。

「不安障害」は病気や障害といっていいのでしょうか?

病気や障害といったのではなく

 

「感受性が高い。」

 

感受性が高い人は

一定数います。

 

この場合は社会生活に支障がでる場合は

社会生活が送れる程度には慣れさせるのはありです。

 

潔癖症だったら少しずつ汚いのを触れるようにする。

 

例えば電波が苦手な人もいます。

感受性が高いのです。

 

ほとんどの人たちには大丈夫なのですが

一定数の人たちはいます。

 

何も知らない人たちが「甘え」と決めつけるのは

非常に害です。

 

 

このブログはかなり異例な内容です。

 

一般によくある話は

精神科・心療内科・カウンセラーの広告です。

 

 

注意をすることは

 

「白い粉」=向精神薬、抗うつ薬、睡眠薬、精神安定剤、抗不安薬。

 

まずはこのことを頭に入れておいてください。

そうです。

あの危ない、危険な粉です。

 

嫌なことがあったときに

アルコールを大量に飲んで酔っ払って泥酔している状態。

 

 

それでは・・・

 

「誰かと一緒にいるのが怖い。仕事で出会う人たち、皆が怖い。

ひとりでいないとパニックを起こしてしまう」

「怖くて電車に乗れない」

「自分の身の回りのもの、すべてが不潔なような気がして、

一日中掃除をしている」

などが代表的な症状として知られている病気です。

 

「不安障害」の「障害」という名称の通り、「不安・恐怖」が強すぎて、

正常な社会生活が送れなくなってしまう病気です。

 

 

「白い粉」=向精神薬、抗うつ薬、睡眠薬、精神安定剤、抗不安薬。

 

 

不安障害で一番の問題は精神科・心療内科の受診をしてしまうこと。

抗うつ薬、精神安定剤、睡眠薬、

向精神薬を飲むことになるからです。

 

「白い粉」=向精神薬、抗うつ薬、睡眠薬、精神安定剤、抗不安薬。

 

かえって精神に異常をきたす原因になります。

 

脳にダメージを負い

発達に障害がでる恐れもあります。

 

子供が「白い粉」をすると

警視庁の説明にある通りで大変な状況になってしまいます。

 

こういった薬害について心配するのは正しいことです。

 

ですが何か異常だと心配はしなくていいのです。

 

 

不安障害に悩む人が一番知りたいのは

「どうやったら不安障害が治るの?」ということでしょう。

 

ここでは、不安障害の症状を改善するための

様々な療法をご紹介しつつ、

不安障害との正しい向き合い方について、

詳しく説明していきます。

 

 

不安障害には様々な療法がある。それぞれの療法の特徴とは?

 

「友人が不安障害になって、仕事を続けるのが難しくなり、

会社を休職しているんだ」など、

最近、「不安障害」という言葉を聞くことが

増えてきたように思います。

「不安障害って何だ?パニック?うつ病みたいな?精神病の一種なのかな?」

と、あいまいな知識を持っている人が多いと思います。

 

ここでは、意外と知られていない「不安障害」の概要について、

お伝えしていきます。

 

多くの人が関心を持っているのは

「不安障害って、どうやったら治るのか?効果的な治療法は?」

ということですよね。

 

不安障害を治療するための療法には、様々なものがあります。

それぞれの療法の特徴についても、以下でご紹介していきます。

 

まず最初に「不安障害とは何か」ということについて、

説明していきます。

 

不安障害は、こころの障害のうちで最も頻度の高いものです。

 

不安障害は器質的な病気によるものではなく、

心や身体に対する感覚や感情が行き過ぎた状態であると言えるのです。

 

不安障害には、様々な種類があります。

その中でも代表的なものを以下でご紹介します。

 

 

 

<<不安障害の種類>>

  • 社会不安障害 (恐怖症)

様々な空間に対して恐怖を感じたり、

人と対面することや人から注目されることに恐怖を感じ、

社会生活に支障が出てしまう症状です。

 

  • パニック障害と全般性不安障害 (不安神経症)

特定の状況に限定されないで、不安が出現する症状です。

不安を感じた結果、動悸、頻脈、胸痛、頭痛、吐き気、発汗、

めまい、呼吸困難などの自律神経症状が出現することが多いです。

 

  • 強迫性障害 (強迫神経症)

反復する強迫観念 (不快な考えへの過剰な恐れ) や

強迫行為 (代表的なものは執拗な手洗いや入浴) が主な症状です。

 

  • 気分変調症 (抑うつ神経症)

不安や恐怖などとともに、

憂鬱な気分や心が晴れないなどの軽いうつ状態が続きます。

 

  • 解離性障害 (ヒステリー性神経症)

何らかの精神、身体的機能が意識から解離して、

意思によるコントロールが失われた状態です。

 

  • 身体表現性障害

身体的な基盤がないのに、身体的な症状を訴える障害です。

代表的な身体症状は、持続する頑固な痛み、

消化器系の痛みと吐き気、皮膚の異常感覚などです。

 

  • 離人性障害 (離人神経症)

周りにたくさんの人がいても、離人感が強く、

孤独を感じる症状です。

 

 

次に、不安障害の治療方法をご紹介していきます。

 

 

<<不安障害の治療方法>>

  • 森田療法

森田療法とは、1919年に精神科医・森田正馬によって独自に創始された

不安障害に対する精神療法です。

森田療法の基本的な観点は、

「不安障害患者の根底にある不安に対して、

それを異常な心理現象ととらえないこと」です。

そして「あるがまま」つまり「不安や症状を排除しようとする努力はやめて、

そのままにしておく態度」を養うことを基本方針としています。

不安は不安のままに、

今なすべきことから行動し、

建設的に生きるということを教え、

実践させる治療方法です。

 

  • 行動療法

不安障害のもとになっているのが「恐怖と回避反応の学習

=例えば、電車恐怖症の人なら、

電車に乗ること自体が恐怖の対象となり、

電車に乗れない状態が持続する」だと仮定して、

治療を行うことです。

1つ目は系統的脱感作法

(筋肉をリラックスした状態で、比較的弱めの恐怖を思い浮かべ、

筋肉の緊張と弛緩を繰り返す。大丈夫だったら、

もう少し強めの恐怖を思い浮かべ、

また、筋肉の緊張と弛緩を繰り返す。一種の訓練) です。

2つ目は暴露療法

(比較的弱めの恐怖の状況にわざと直面させ、

徐々にステップアップしながら、恐怖の状況に慣れさせていく) です。

 

  • 認知療法

患者の認知 (ものの見方や考え方のゆがみ) に着目して、

それを現実のものに修正することによって

不安障害の症状を改善させる療法です。

 

  • 音楽療法

病態に合った適切な音楽をCDなどで

聴かせる音楽聴取療法 (受容的音楽療法)

 

 

 

これだったら犬型ロボットをペットにしたほうが

よっぽどいいでしょう。

 

 

ポジティブ思考が必ずしもいいわけではないです。

 

悪いことがあってもポジティブにしていると

それだと・・・ただのバカになってしまいます。

悪いことを見ないように見ないようにしているだけで。

逃げている、ごまかしているだけです。

 

ネガティブ思考があるときは

何か問題があるからです。

原因があるからです。

いつもポジティブ思考だとこれに気づかないのです。

 

ポジティブ思考もネガティブ思考も

両方使うことです。

 

ポジティブ思考だとうまくいっていることの確認ができます。

 

「不安」は感情。

 

「不安」はネガティブの感情。

 

両方使うのがいいのです。

 

感情を抑えるのではなくて

 

客観的に見て「感情」を使う。

 

 

あがり症だったら

 

人前であがる。

 

人前であがるのを少しずつ慣れさせていく。

 

そしてポジティブ思考になると。

 

うまくいっているのがわかる。

 

 

 

 

音楽療法?行動療法?認知療法?結局何がいい?

 

不安障害の治し方には様々なものがあります。

 

それぞれの療法は?

 

  • 森田療法

⇒社会不安障害、パニック障害と全般性不安障害、

強迫性障害、身体表現性障害の方。

  • 行動療法

⇒パニック障害と全般性不安障害、

強迫性障害、社会不安障害の方。

  • 認知療法

⇒どの種類の不安障害の方。

  • 音楽療法

音楽に嫌悪感を感じる人でなければ。

 

 

結局どれをしてもパッとしない。

 

それではおクスリでとなってしまっても

 

頭がおかしくなる。

 

こういった様々なのも

広告になっているのが実情です。

 

精神科・心療内科、

心理カウンセラーのカウンセリングもですが

社会事業所もなくしたほうがいいでしょう。

 

「白い粉」の薬物の過剰摂取ですから。

 

治療と称して薬物依存症にしているのです。

 

 

「感受性が高い」ので

 

徐々に慣れさせていくのが治し方といえます。

 

そしてそもそもがこうしたのに

「病気」「障害」「疾患」「パニック障害」「症例」「全般性不安障害」

こういったのをつけること自体がおかしいことです。

 

家族や周囲の人たちは心配になり

支援をしたいと思うのはわかります。

 

しかし精神科・心療内科をすすめるのはやめましょう。

 

 

それこそ向精神薬漬けになり

就労ができない身体になってしまいます。

 

子供さん、学生さんなら勉強ができなくなります。

脳にダメージを負うので記憶力の低下に物忘れ。

例えば英語の単語が覚えられない。

勉強をしても勉強ができない。

 

母親がすれば薬物が胎児に栄養として。

授乳をすれば薬物が赤ん坊に栄養として。

 

遺伝ではないです。

 

赤ちゃんも「薬物依存症」

 

大変危険なことです。

 

 

不安障害は薬や漢方などで治るのか?

 

不安障害の治療方法のひとつに「薬物療法」があります。

主に使用されるのがSSRIなどの「抗うつ薬」です。

実際、精神科の病院やメンタルクリニックを受診して

「不安障害」だと診断されると

「抗うつ薬」を処方されるケースが多くなってきています。

しかし、この処方には十分警戒する必要があります。

 

もともと「抗うつ薬」は、うつ病に。

「不安障害の患者にも効くのではないか?」と

「ものは試し」で処方してみたところ、

案外効くケースが多かったので、

一般的に広まったと言われています。

 

でもこれは

「白い粉」をして頭がおかしい状態になることです。

 

そうです。

関係がありません。

 

嫌なことがあったときに

アルコールを大量に飲んで酔っ払って泥酔している状態。

 

していることは同じです。

 

 

うつ病の原因のひとつは、

脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の働きが

不調であることなのではないかと言われています。

そこで「セロトニンの働きを増強する」

「抗うつ薬 SSRI」を服用すると、

うつ病の症状が一時的に改善されるとみなされています。

 

注意していただきたいのは

 

「不安障害と診断があったのが向精神薬漬けになっていた。」

 

「廃人になっていた。」

 

という点です。

「抗うつ薬」を服用してしまったら、

健康な人がきわめて正常だったのが

おかしくなってしまいます。

 

抗うつ薬などの薬で、不安障害の症状が改善したり、

不安障害が完治することはあり得ません。

 

「では、漢方薬はどうなんだろう?」

 

不安障害。

 

障害とついているので治し方が必要で

何か病気だから治療が必要だと勘違いをしてしまうのです。

 

「不安」

 

そう「不安」です。

 

「感情」です。

 

漢方薬を処方してもらうことは、

不安とは関係がないことです。

 

 

不安障害の治療で最もやってはいけないことは?

 

「自分は不安障害のような気がするから、

精神科の病院かメンタルクリニックに相談に行ってみよう」

このように考えているあなた。

実はこれが、不安障害を治療する上で、

最もやってはいけないことなのです。

 

精神科の病院やメンタルクリニックにおける

「不安障害」の標準治療には必ず「薬物療法」が組み込まれています。

 

「薬物療法」として一般的な

「抗うつ薬」の処方が開始されたとしたら。

抗うつ薬は不安障害にまったく効果がないことは、

これまで説明してきた通りです。

 

「白い粉」です。

 

芸能人がニュースになって手錠をして

連行されるシーンを思い出すと。

 

取り乱している。

意味不明なことを言っている。

暴れている。

発狂している。

目がうつろ。

ろれつが回らない。

よだれを垂らしている。

ぐったりしている。

疲れきっている。

微熱や頭痛がする。

吐き気。

汗がでる。

息苦しい。

眠れない、不眠。

混乱、パニック。

幻覚、幻聴、妄想。

記憶障害、認知症、ボケている。

 

 

不安障害というものにあるのと

これらに同じのがあり。

 

「不安」ではなくて

 

「薬物依存症」です。

 

違いをみると。

 

「不安」をどうにかしたいのは正しいのですが

 

間違って「白い粉」をしてしまい

 

「薬物中毒者」に陥ってしまっているのです。

 

「不安」はクスリですることではないです。

 

 

それどころか依存性がある「抗うつ薬」を服用。

 

「抗うつ薬」を服用することは、

なんとしても避けなければいけません。

 

結局、精神科・心療内科の病院やメンタルクリニックに頼らず、

自力で病気と向き合っていくことが、

治療への一番の近道なのです。

そのためには、何をすればいいのか?

 

以下で説明していきます。

 

 

不安障害を克服して、本来の自分を取り戻すために

 

不安障害を自力で克服するためにまず必要なことは、

ストレスの少ない環境に身を置くことです。

休養が一番の薬となります。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る。

 

 

ハードな仕事が原因で不安障害を発症した人は、

会社を休職できないか、

検討してみましょう。

子供・学生であれば、

しばらくの間学校を休んで、休息をとりましょう。

 

様々にある情報は忘れましょう。

基準やらチェックも忘れましょう。

 

 

不安の対象となる事柄に少しずつ慣れていくためには、

家族の協力・支援が必要です。

 

例えば「電車に乗ることが不安」なのであれば、

スモールステップで、少しずつ電車に慣れていき、

最終的には電車に乗れるようになる必要があります。

 

誰かに付き添ってもらえば、それが可能ですよね。

 

最低でも1~2年はかかるという覚悟で、

ゆったりとした気持ちで取り組んでいく必要があります。

 

こういったのは日々の積み重ねです。

 

「手っ取り早く治したいから、

精神科の病院で抗うつ薬を処方してもらいたい!」

これが危険な考えであることは、

ここまでで説明してきた通りです。

抗うつ薬には「不安障害」の症状を改善する

効果がまったくないのです。

 

家族の協力・支援を得て、まず第一歩を踏み出しましょう。

 

どうしても理解が得られない場合は

いつまでもわかってもらおうとはしないことです。