うつ病から復職をしても再発するのは薬物依存症でらりっているだけ。

うつ病とは抗うつ薬などでなる薬物依存症。

そして精神科・心療内科でなります。

治療を受けている限りは復職はできません。

復職と再発を繰り返すことはあっても。

うつ病を治すには精神科医が理由で
うつ病の発病をしたと自覚することからです。

 

再発はするもの。発症する時期は治療の開始後。

うつ病になる時期は診察があり治療が始まった後です。
ここに間違いがあります。
仲間たちもこの違いにきづかなかったために
うつ病という薬害が長引いた。

 

再発を防止するには寛解するではいけません。
これはらりって感じていないだけです。

 

まれに仕事に復帰できる人がいるのはこのためです。

しかし続かないのです。

彼らは早死にしていきました。

復職後に失敗してしまう。

仕事ができないで間違いばかり。

うまく考えられない。

 

これもしていればなるのが常識です。

 

準備をするも失敗。ブログで誘いだす甘い罠。

臨床心理士もそうした「白い粉」をするのをすすめるだけ。

具体的には何もできないで何もわからないのです。

あなたと同じ体験をしていません。

 

精神科・心療内科などブログやサイトも
宣伝です。

あとはそのままあなたたちが通院をする。

でられなくする。

 

結局彼らはうつ病から復職をしたのだが

挨拶をする練習を例文を使いしたり

辛い中で準備をしていき。

 

彼らは不安が強いと言っていたが

怖いとも。

 

こうしたのはあの症状そのもの。

診断書の提出もして。

復帰の目安という話も信じて。

 

結局は失敗をした。

 

クズたちの方法が理由で。退職に体調不良。人生の終わり。

退職をしてもう廃人。

体調不良ままでごまかしているだけでは。

あれがきれてさらにアレを強くする。増やす。

またきれる。

 

この方法では不可能。

 

うつ病からの復職後の過ごし方が問題になるのも

前提となる話が間違っているから。

 

 

「うつ病からの復活するタイミングは自分次第。」

 

仲間たちから聞いた言葉。

自分で覚悟を決めてやるのがそのとき。

 

 

一方で
彼らはあきらめた。

最後は生活保護の受給者になった。
終わってしまった状況を
介護職や看護師の方から話を聞く時がある。

 

終わるのか人生のやり直しをするのか?