うつ病に震え。禁断症状。

うつ病に震え。
これも精神科・心療内科の犯罪、薬害です。

うつ病で震えが止まらない。

鬱病で手に震え。

自分は精神科・心療内科で

他の利用者たちと過ごしていたのですが。

かなり多くの人数の人たちが

うつ病に精神科医にさせられてしまい。
抗うつ薬など向精神薬といわれて
覚せい剤・麻薬を知らずに飲み続ける。

 

うつ病に震え。カタカタと。しろいこなで。

副作用があるのは仕方がない。
そうだまされてしまう。

治るためには仕方がない?

こうしたでたらめに気づかない。

そしてうつ病の発症に症状が重くなる。

そして震える。

 

体や肩に背中が震える。

全身が震える。

多くの人たちがうつ病もですが震える被害にあっていました。

 

向精神薬は覚せい剤・麻薬。

 

最初はたしかに覚せい剤をして

落ち込んでいた元気がないのが

元気になる場合もあります。

これは逮捕された人たちの
症状からわかります。

 

その後にあるのは

禁断症状。

 

ヤクがきれると落ち込む。

そしてうつ病になります。

震えるのも。

 

うつ病に震え。お金儲けのためだけ。

彼らや彼女たちは対処法を知りたいのですが。
うつ病もですがこういった震えることも実は
精神科医の向精神薬が原因で起こっていることです。

 

最初に嫌なことだったりがあり

落ち込む。

その気分が悪い状態を治るといわれ

治療を受けるようになり

 

劇薬。

 

その後は頭がおかしくなる。

症状を抑えるのに追加、強さが強いのに変更。頓服薬。

他には抗うつ薬、抗うつ剤、
精神安定剤、抗不安薬、
睡眠薬、睡眠導入剤といった名前がありますよね?

 

どれも同じです。

みんなこのことを知らないので
精神科医や心理カウンセラーに相談をしていました。

精神科医や心理カウンセラーが言うのは

 

「症状が進行したからです。」

「お薬をお出しします。」

 

最初に抗うつ薬など向精神薬でおかしくなり

そしてさらに症状を抑えるのに

向精神薬を追加していきます。

 

これでまともになった人をみたことがありません。

これはお金儲けのためだけです。

 

さらに
子供たち、
学校にいるスクールカウンセラーが
精神科医に誘導する。
他には犬にすると震えがでるのも。

 

しまいには体を自分ではどうしようもなくなって
全身が常に震えている人たちもいました。

 

 

まとめ うつ病に震え。

うつ病も震えも完全に精神科医、心理カウンセラーによる
薬害、向精神薬によるものです。

そういった被害にあっている彼らや彼女たちに
事実関係の説明をしても
話が通じない。

まったく話が通じませんでした。

もう精神科医や心理カウンセラーのことを崇拝している状態。

カルト宗教。

そして騙されやすい環境もそろっていて。

あの中に入るともう出てこられないのでしょう。