うつ病の配偶者は薬物依存症です。精神医療殺人から救出しましょう!

うつ病の配偶者は麻薬の抗うつ薬などの

向精神薬を飲んでいます。
危険な劇薬です。

そして精神科医の詐欺で様々被害があります。
うつ病と診断されて精神科医の治療で配偶者の死。

うつ病で精神科・心療内科に配偶者がいってしまい
騙されてしまったからです。

うつ病の接し方で配偶者にどうするべきか?
精神科医もですが臨床心理士も信じないことです。

臨床心理士も親切で助言もしてくれて助かると思わされます。

しかし臨床心理士も何もできません。

 

うつ病の配偶者はらりって考えられなくなっているだけ。

私たちは原因はわかります。
どうやったらその原因を解決できるのか?
しかし私たちの心の中を臨床心理士もみることはできません。
経験もしていない素人です。
わからないから適当に助言をして
あとは精神科医のクスリを飲むことに

誘導をするだけです。
高いカウンセリングの支払い。

 

そして辛いのは薬物を使って
麻薬でらりって忘れるのが治療です。

らりって薬物依存症で治るものなのでしょうか?
病気を治すといいましても
医療で治す、治らないものではないです。

こうして人の弱みやちょっとした癖、他との違いを
病気といっては薬を売るだけです。

精神科医も臨床心理士もクズです。
バカとしかいいようがないです。

 

うつ病の原因は麻薬の抗うつ薬など向精神薬です。
配偶者が苦しい辛いのは禁断症状です。

わたしたちは問題が人生にはあります。

生きていれば様々にあります。

いいこともあれば悪いこともあります。

しかし悪いことがあっても
覚せい剤・麻薬の使用をしていいわけがありません。

だから逮捕をされて刑務所に入ることになるのです。

医療ということで例外扱いで野放しになっているだけです。

 

あなたの配偶者が死亡しないためには

精神科・心療内科をやめることです。

うつ病という配偶者の体調不良の原因は
精神科医、臨床心理士、デイケア
職員たちです。
他にも作業所、就労支援センター、支援センターも詐欺です。

 

うつ病の配偶者にどうする?薬物に溺れていると?

うつ病の配偶者が原因をなくすには
薬をしてもなくなりません。

 

自分の反省もこめていいます。

らりって忘れるのは
それこそ薬物に溺れた逮捕された犯罪者と同じです。

 

それをいつまでたっても
わかってもしてしまう。

そしたらもう
うつ病という配偶者とは離婚するのが賢明です。

 

薬物中毒者と結婚生活を続けていても
巻き込まれてしまい
悪いことにしかなりません。

 

うつ病の配偶者の死。
よくある被害です。

薬物の過剰摂取で死亡します。
早死にします。

 

 

うつ病の配偶者を救出するには?

うつ病の夫を持つ妻でしたら
夫にこの詐欺の似非医療が原因だと自覚をさせることです。

妻がうつ病の夫を救うには支援するには
その後にがんばって行動をする夫を応援すること
支援する支えることです。

 

他には
妻のせいでうつ病になった
離婚することもあります。

しかしそれは落ち込んでいる。
気分の低下。怒りなど

感情です。

 

らりって治ることではありませんよね?

 

妻がうつ病で離婚したい。
妻がうつ病で疲れたから。

そしたら家庭環境、夫婦の関係に問題があり
薬で治るわけがありません。

 

嫁がうつ病になるサインは精神科・心療内科の

治療を受けたときです。

 

妻がうつ病になるのは子育てもあります。
夫がうつ病で疲れた。
旦那がうつ病だから離婚したい。

もう嫌だ。うんざりだ。

 

しかしそういったのをうつ病と診断しては
劇薬を売るだけなのが精神科医です。

 

お金儲けに利用されてしまっているのです。

保険適用で診察をすると
窓口負担は少なくなっても
残りは税金から社会保険からの支払いです。
予約料に初診料も高いですよね?

詐欺です。

 

 

うつ病の配偶者も詐欺の被害者。

鬱病の配偶者への対応はよくある話は忘れてください。

鬱病で配偶者がイライラしていても

薬で脳にダメージを負っているのです。

うつ病と話す配偶者を理解する。

 

そして精神科医や臨床心理士
精神科・心療内科・デイケアの職員たちとも決別。

害だけです。

治る方法が間違っており薬物依存症の原因です。

 

そして原因は薬物依存症もですが

その前から抱えている問題も直す、治すのは
支えがあると本人も心強いです。