うつ病に吐き気。すべては毒の薬を飲んでいるから。精神科医や心理カウンセラーは景気はよくできない。

うつ病ではなく抗うつ薬など向精神薬で吐き気の被害もあります。
こうした向精神薬は麻薬です。
睡眠薬もです。
つまりは調子が悪い、体調が悪いのは
麻薬の向精神薬が原因です。

うつ病 といわれて治療で吐き気がする。朝にも。
治るという話だったのが治らないうつ病。

そして症状の進行、悪化をする。併発もする。

躁うつ病の発症に不安症、不安障害、パニック障害も。

 

最後は向精神薬の過剰摂取で死亡。

 

うつ病に吐き気。クスリをしても就職、転職はできない。

麻薬をすれば頭がおかしくなるのは明らかです。

おかしいのがわかります。

そもそもストレスの原因となる問題をなくすには
わたしたちが薬を飲んでも
嫌な環境が変わることはありえません。

クスリをしても仕事を得て就職、転職はできません。
景気はよくなりません。

会社だったら退社と転職が対処法であり
治す方法といえます。

 

うつ病も吐き気も対処をするには
精神科・心療内科が治る詐欺だと理解をすることです。

治すといってはひどくなっていく体調。
うつ病に吐き気と頭痛、動悸、胃痛、めまい、下痢、気持ち悪い

うつ病でひどくなり吐き気止めを飲む。

 

ひどくなっていませんか?

うつ病が治るから詐欺でクスリで治す詐欺なのです。

 

 

うつ病に吐き気。精神科医や心理カウンセラーは景気はよくできない。

抗うつ薬など向精神薬、睡眠薬の副作用で吐き気といわれ
うつ病を治すためには治療が必要?
だからクスリを飲み続ける?
それが原因でうつ病の発症、悪化する原因です。
そして薬物依存症です。
知恵袋でも多数の被害者がいます。

そもそもクスリをするのと
問題をなくすのは関係がありません。

 

就職は景気がよくなると仕事が増えます。
クスリを飲んでも景気はよくなりません。

精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングでもできません。

 

精神科医や心理カウンセラーはできないことを
できると自称して騙す。そして
来た人を向精神薬漬けにして、
心理カウンセラーのカウンセリングも

それらしことをいうだけです。
詐欺です。

 

そして心理カウンセラーも精神科医も
わたしたちの中を見ることはできません。

そしてそういった落ち込みに
うつ病と診断をして
病気というレッテルをはり
だから治療で抗うつ薬など向精神薬で治る。

そして高いお金を支払わせる。

 

こうした詐欺なのです。

劇薬をしてらりってもわからなくなるだけです。

 

 

まとめ うつ病に吐き気。

うつ病の詐称は精神科医がしています。
そして吐き気はいいほうです。

向精神薬で頭がおかしくなるのです。

物忘れがひどい、

そして認知症にもなります。

見た目でもひどい外見になります。
一目で薬物中毒者だとわかる顔になります。

 

うつ病や統合失調症、躁うつ病、双極性障害、躁病、
不安症、不安障害、パニック障害、
産後うつ病、自閉症、ADHD・・・
さまざまな名称は病気をつくり薬を売るためです。
精神病は薬害です。

そして自分自身の抱えている問題をなくす必要もあります。