うつ病の話し方。実はアレを使用しているから。

うつ病は薬害です。完治をするには目を覚ますです。
精神疾患は詐欺のためにつくられた病気です。

鬱病うつ病の特徴で話し方がおかしい。

今日のテーマは白い粉を飲んでしまい

うつ病で話し方がおかしいのではなくて
白い粉の飲むから話し方がおかしいのです。

そして白い粉の症状が精神疾患です。

こうした業界の利権の詐欺から

どうしたら立ち直ることができるのか?

お伝えします。

 

うつ病の話し方。特徴は?常用者。

うつ病の話し方の特徴は
粉の常用者です。
残念ながらわたしたちは騙されています。

 

例えば一例で
あれの使用で
性格、人格が変わる。
話し方が変わる。

 

ニュースになる有名人や芸能人の特徴と同じことがわかります。

成分が同じです。

 

精神科・心療内科の受診前の体調は

治療の開始後よりもまだいいです。

話がおかしいことを自覚するのが治るには必要です。

詐欺師たちに行く前の状態は

疲れた状態ですよね?

思い出してください。

 

ストレスであったり。

問題があって人間関係が嫌になったり。

学校のいじめ。

会社の職場のセクハラ、パワハラ、マタハラ、
ブラック企業、

両親が毒親、

 

ここであるのはネガティブ感情ですよね?

 

ところがここで治療というので

精神科医がするのは詐欺です。

 

うつ病の話し方がおかしい?話が入れ替わっている。

うつ病の精神科医や臨床心理士の治療というのは
害だけでいらないのです。
役に立たないどころか詐欺師なのです。

 

精神科医は嬉しい言葉をかけてきては

結局は薬を売るだけのためなのです。

 

臨床心理士もわたしのあなたの
経験はしたことがありません。

わからないのです。

 

それに犯罪にかかわることだったら

警察がすることであり

臨床心理士には権限もないのです。

 

仕事の就職、転職にしても

転職エージェントなどがすることです。

 

素人で理解がないクズたち。

できないことをできるふりをしている

クズたちなのです。

 

薬害では

目がおかしい。

あなたもほかの利用者たちを見ていて
気づいているだろう。

 

うつ病の話し方が変わる。薬が体中に回ってしまって。

うつ病で話し方が変わる被害。

他には

 

目がうつろでいっている。

目の動きがおかしい。

白目をむいている

よだれを垂らしている。

顔の表情があきらかに・・・

 

など。

こういったのは薬物依存症。

残念ながら。

 

あなたがまだ大丈夫で

まだやる気があるのなら

行動を起こしていただきたい。

 

周囲のあなたへの接し方がおかしいのもわかっているはずだ。

みんなから

 

「ほっとくのがいいや、かかわると面倒だから。」

「もうあきらめた、縁切りをしよう。」

 

他にもサイトやブログでもだが

うつ病の人にやってはいけないことの一覧がある。

がんばれやよくない。
励ますのもよくない。
逆効果だなど。

 

こうした禁句も
あなたに堕落させた状態のままで
努力をさせないためです。

 

精神科医も臨床心理士も

定期的に患者が騙されてやってくる。

高い請求。
予約料、初診料、
診断書料金
デイケアの利用料、
カウンセリング代金、

お金儲けのためだけです。

 

あなたが治すためにうつ病の人がとる行動は?

うつ病のあなたが治すためにとる行動は

詐欺にあっていることを

自覚すること。

そして実際に行動をすることです。

 

うつ病からの生還する方法はこちらにあります。

 

行動をすることが必須なのは

口ではするといってもしない人たちがほとんどです。

やらないので状況もよくならない。

または少ししたらすぐにあきらめた、楽したい。

やめてしまうのです。

 

当然何も状況は変わらないで悪くなるだけです。

これでは支援する人はいません。

 

周囲の人たちの立場になって考えてください。

完治をしたいと口ではいうけど何も具体的にはしない。

あげくに文句や不平不満をいう。

 

うんざりするのです。

そして人間関係も悪くなり孤独になります。

 

誰にも相手にされないのは

自分にも原因があるのです。

 

あなたはどうするのですか?