うつ病で働けない。実は抗うつ薬でうつ病になるのです。

うつ病で働けない。
まずうつ病というのは覚せい剤・麻薬の抗うつ薬が原因です。
最初に問題があって気分が滅入る。
そこに気分がよくなると覚せい剤・麻薬を
抗うつ薬の処方があります。
この精神科医の治療が原因で
その後はヤクがきれます。
かえって気分の低下をします。
最初はまだよかっても。
しかも禁断症状もあります。

そして鬱病で働けないから収入がない。
補助金、生活保護、障害年金の受給者
になるように助言があります。

 

うつ病で働けない。すべては詐欺。

補助金の悪用もするのです。
精神科医も臨床心理士も共犯なのです。

 

抗うつ薬は人の性格をかえてしまいます。
被害の一つは、浪費癖がでてしまい
借金をしてしまう。
止められない。

パチンコ依存症も。
生活費もパチンコに費やしてしまう。

 

窓口の負担で保険を使用し負担が減りましても
残りは税金からです。

生活保護の受給者になれば全額が税金からです。

鬱病で働けないのは薬害です。
知恵袋にある悩みの声は薬物依存症です。

 

家族、主婦にしても辛いです。

働けない夫
収入がない。
生活費に
お金が貯金を切り崩して。

 

しかし精神科医はそうした
あなたも含めて働けない人をつくりだしているのです。

旦那がうつ病で?薬害で働けない。
支援をするといっては向精神薬漬けにしているクズなのです。

休職手当も一時的です。

うつ病ということで働けない時が続いてしまい
退職をしてしまう。

 

うつ病で働けない。生活保護の悪用。

鬱病で働けない。
でも精神科医も臨床心理士もお金は一円もくれません。
高い請求をするだけです。
お金の無駄遣いです。

 

うつ病でもう働けない。無職。

うつ病で働けないから収入がない。

働きたいのに働けない。病気だからか?

病気で働けない?

 

精神科医も臨床心理士も親切に見えるのです。

理解をしてくれると思ってしまいます。

 

しかし例えば母子家庭もこの罠にひっかかりやすいです。

母親が離婚をして

辛いからところを向精神薬漬けになってしまい

生活保護の受給者になってしまう。

うつ病?で働けない時が続き。

 

妊娠、出産をすれば

子供にも薬が流れて薬物依存症。
不安定な家庭環境。

 

親子で精神科・心療内科・デイケアの患者。

生活保護の受給者になり。

 

一人暮らしが治るのに必要といっては
グループホームに入居。
生活保護の受給者になり。

運営は病院・クリニックが経営をしている。

 

まとめ うつ病で働けない。

治った人がいない。
治すといってはいつまでも治らない。
それもそのはずです。
うつ病を薬を売るだけのために

つくっているのです。