鬱病が酷くなる時は精神科医の受診をした後から。

鬱病とは精神科医の薬でなります。

危険なアレと同じ成分の向精神薬を飲んでなります。
ネガティブな感情。

受診前にあるのは人間関係などがストレスになる。
そこに危険なアレと同じ成分の向精神薬を飲んでなります。

 

精神科・心療内科の受診、治療の前。
ここまでは体は健康な人です。

この後に健康な人が抗うつ薬など向精神薬を使うと
どうなるのかはお分かりの通りです。

 

僕らもうつ病になり

理由が

まさかの詐欺だとは思わなかった。

 

うつ病がひどくなると・・正しい判断を!

仲間たちもあの頃はいつも言っていた。

 

体調がひどくなると辛いし体がだるい。

 

体が動けないから働けない。

 

うつ病が酷くなる時に困って

 

相談をしても役に立たない。

 

臨床心理士に相談をしても

 

精神科医の治療を受けて治るというだけ。

 

いつまでも治らないので

改善すると話が変わる。

 

今では完治をして当時のことを

 

もうみんな忘れているが。

 

 

こうしたクズたちは

よくある詐欺師たちなのです。

 

・理解をする。
・親切。
・話を聞く。

 

いい人のふりをしているだけです。

 

・これをすれば問題がすぐに解決します。
・その代わりに高額な請求を繰り返す。

 

・うつ病の発病をする。
・ひどくなると体調が悪くなり続ける。

 

・おクスリの追加、強さがより強いのに変更。
・高額な請求。

 

 

典型的な詐欺の手口。

 

間違えると?うつ病がひどくなると終わる。

うつ病が寛解するという話も
アレを使ってすること。

 

当然後で悲惨なことになるだけ。

 

彼らはいつまでも
うつ病がひどくなるとまた
精神科医や臨床心理士に行っては
あれをするだけだった。

 

そして終わった。

 

彼らたちは家族や奥さんにも縁切りをされて

離婚されて

 

お墓がどこにあるのか、わからない。