うつ病の引き金。抗うつ薬の薬害!

うつ病の引き金は抗うつ薬なのです。
精神科医のうつ病の治療でうつ病になるのです。
抗うつ薬など向精神薬の成分は麻薬です。

うつ病の引き金は

 

最初に気分の落ち込みがある。
やる気がない。
などあるにはありますが
これは嫌なことがあるから感じていることです。

嫌なことをなくすとなくなる感情です。

ここまではうつ病の引き金ではないのです。
誰にでもあることです。

 

しかしうつ病の引き金は抗うつ薬など向精神薬を飲むと
一時的に気分をよくします。
覚せい剤でハイにする。
麻薬でダウンする。
うつ病の引き金とは思わないのも無理はありません。
精神科医から何も説明がありませんから。

 

しかし一時的にハイにして気分を上げても
その後は体に耐性ができます。

次には気分が最初よりも下がります。
うつ病の発病をします。
そして薬物依存症です。

うつ病の引き金とは知らずに麻薬を飲み続けている。
異常なことです。

 

うつ病の引き金。精神科医が引き金。

うつ病の引き金は精神科・心療内科です。
それとは別にうつ病の引き金以外に
自身の抱えている問題。
だらしがない、自己中心的な性格。
環境が悪い。

 

うつ病の種類には重度のうつ病があります。

これはうつ病の引き金と同じで

向精神薬漬けなのが原因です。
統合失調症、躁うつ病、双極性障害もです。

そしてうつ病にさせられてしまい精神科医が引き金で
仕事ができない状態に追い込まれます。

 

精神科医が引き金で不安感が強くなっていき
不安症、不安障害も併発をします。

うつ病ということで診断を定期的にうけて
悪くなっていく体調。

定期的にお金が入ってくる精神科・心療内科。
お金が儲かる精神科医・臨床心理士

うつの引き金物質は精神科医です。
そして臨床心理士もです。

 

臨床心理士はなだめてくれます。

こうしたようなことを言います。

 

「嫌なことがあったのですか
あなたは何も悪くないです。
大変ですね。
症状を治すのにおクスリを飲むことが必要です。
そこは先生の指示に従って治るので。」

 

うつ病の引き金なのです。
治らないですよね?
クスリのセールスです。

高いカウンセリングの代金まで支払いをして。

臨床心理士もですが
うつ病の引き金には
精神科・心療内科・デイケアの職員たちも
同じことをしています。

 

うつ病の引き金。本人に理解させる。

うつ病のときの周囲の人たちの対応は
まずはうつ病の引き金は向精神薬。
薬物依存症に陥っていることを
本人に理解させる必要があります。

カルト宗教の教祖のように崇めている人たちが
非常に多いです。

 

うつ病の引き金は精神科医、臨床心理士ですが
それでも信じて治療で治るからとやめない。

 

場合によってはあきらめたという選択も

せざるを得ないことに
なってしまいます。

 

向精神薬がうつ病の引き金で
しかもうつ病では顔つきがおかしいです。

これは薬物の過剰摂取が原因です。

顔の色が黒い、黄色いなど
顔の色が変わることにもなります。

うつ病の引き金どころか
肝臓病や腎臓病になりかかっているか
すでに肝臓病、腎臓病になっています。

うつ病の引き金とはわからないままに治療を受けていると
併発では物忘れがひどいのもあります。

そして次には認知症になります。

自殺をしたくなってしまいます。

病気になり早死にします。

 

まとめ うつ病の引き金。

うつ病の引き金は精神科・心療内科です。
それとは別に自身の抱えている問題。
だらしがない、自己中心的な性格。
環境が悪い。

うつ病が治るには本人が本当に治したいと思うこと。

 

そしてただ治る気持ちがあっても治らないです。

 

実際に治すぞ!

と行動をすることです。

 

「口だけで行動が伴わないのやめること。」

うつ病が治るきっかけはこちらでできても

行動が治るには必須です。