否定的とうつ病。薬物依存症に精神科医にさせられてしまって。

極度に否定的でうつ病は抗うつ薬が原因です。

精神科医がするのは、
あなたに悩みがあるところに覚せい剤・麻薬を処方することです。
抗うつ薬など向精神薬の成分は麻薬とまったく同じです。

気分が改善するのは最初だけです。
薬物依存症になります。

この状態があるのでいいことのように

治療を勘違いしてしまいます。

 

たしかに何か問題、ストレスがあれば否定的になるのは
誰でもがあります。

しかし何かの病気、うつ病ではないのです。
嫌な感情ですから。

 

しかしヤクはきれます。
体に耐性ができます。
きかなくなります。

 

否定的とうつ病。らりって忘れているだけ。

体が毒に抵抗するために

気分を上げていたら、下げる。
気分の下げていたら、上げる。

このときにもとの薬をする前に戻るのではありません。
さらにひどくなります。

そしてなるのが
うつ病、躁うつ病、不安障害など

否定的も病的なものになってしまいます。

 

そして問題は残ったままです。

 

自分もそうでしたし
仲間たちも完治をした。

 

ただの詐欺です。

精神病はないのです。

精神疾患は薬物でなるのです。

症状は白い粉の使用者と同じで。

うつ病も否定的なのも
使ってはいけないものを使ってしまったからです。

 

知らないでは済まされないことです。

しているものは大変危険です。

 

否定的とうつ病。解決をするには?

うつ病はないです。

周囲に迷惑をかける。

いやまだ急に叫ぶぐらいだったらいいです。

暴れる、暴力をふるう、キレるなど。

 

うつ病は薬害です。

否定的なのも治るのです。

うつ病から立ち直る方法はあります。

 

ここで大事なのは

精神科医や臨床心理士のカウンセリング
治療をやめることです。

クスリに誘導をされるだけです。

 

実際に事件を犯してしまった人たちもいました。
もう前科者なった彼らたち。
社会復帰は不可能でしょう。

 

そして別にあるのでこれで鬱病から抜け出す。

 

こうした精神科・心療内科・デイケア。

定期的に患者が来て受診、診察をして

儲かる。

うつ病も否定的なのもつくられたものです。

 

予約料に初診料も。

診断書も。

高い請求の数々。

 

うつ病という詐欺からの脱出する方法はあるので
あとはあなたが行動をするかにかかっています。