依存症のうつ病をほっとくとどうなる?廃人になり死亡。

うつ病とは抗うつ薬でなるもの。

ほっとくと当然悲惨なことになる。

つまりは薬物依存症がうつ病。

 

僕も知らずにいたので

 

治療でなるとは思わなかった。

 

 

仲間たちも

 

うつ病はないのに信じてしまっていた。

 

 

みんな、今では元気でいるが

 

当時はうつ病という

 

詐欺に苦しい思いをしていた。

 

 

周囲もだが

 

うつ病という人がいたら

 

ほっとくのは大変危険なことです。

 

 

ほっとくとどうなるのか?

 

廃人になり。

 

早死に、死亡をします。

 

 

 

うつ病をほっとくと。行動がおかしい。顔つきも。

 

うつ病というよりも正しくは

 

依存症です。

 

 

ここでは利便上うつ病といいます。

 

 

うつ病をほっとくと

 

当然ラりっているので

 

行動がおかしいことになる。

 

 

 

あなたもそうだがほっとくと

 

顔つきも変わる。

 

 

仲間たちも

 

女性はとくに気の毒だった。

 

 

元々からあるのは

 

別に原因がある。

 

 

精神科医がするのは依存症にするだけ。

 

薬を売るだけでほっとく。

 

 

 

うつ病の特徴は粉の使用者。ほっとくと重度になり終わる。自分で気づくのか?それとも?

 

あなたはどうしたいだろうか?

 

このままうつ病というのを

 

ほっとく選択をして

 

 

死亡したいのか?

 

 

うつ病の特徴は

 

結局はあの粉の使用者そのもの。

 

 

残念だがわたしたちは騙されている。

 

 

 

ほっとくと症状が進行していき

 

 

初期症状から重度になる。

 

 

そしてそのまま

 

精神科・心療内科のクズたち受診を

 

続けているとほっとくと

 

 

廃人になる。

 

人生も終わる。

 

 

まずは自分で気づくのが必須。

 

うつ病はないものと。

 

 

そして詐欺だと。

 

 

 

うつ病はない!ほっとくのもやめた!そしたら立ち直るきっかけを。

 

もしあなたがここで

 

うつ病はないと自覚をする。

 

真剣に甘えもなしで取り組む。

 

そしたら

 

治す方法はある。

 

 

方法があっても

 

結局は

 

彼らみたいにほっとくと

 

治らないし

 

終わる。

 

 

彼らはほっとくのがよくて

 

 

精神科医や臨床心理士がしてくれると

 

言ってばかりで。

 

 

彼らは目がおかしい状態であった。

 

うつろで。

 

よくある

うつ病の行動パターン

 

つまりはあれの使用者そのものだった。

 

 

精神的に不安定で

 

泣くのもあれば元気なときもある。

 

意味不明なことをいっている。

 

 

 

ニュースでわかるのは

 

 

一度できっぱりとやめるひともいる。

 

 

一方で

 

しかし再犯を繰り返すひともいる。

 

彼らはこの再犯をする。

 

見るとやりたくなる。

 

この状態だった。

 

 

 

僕らはあきらめた。