うつ病の遺伝。麻薬が親からきて。劣悪な家庭環境。

うつ病に遺伝はありません。
あるのは両親が麻薬の向精神薬を飲み続けているのが
子供に栄養としていくのか、
劣悪な家庭環境により情緒不安定になるからです。

悪い両親の元で育つとジャンクフードを食べているなど
まともな家庭教育を受けられないのが
原因となります。

 

うつ病の遺伝。毒が子供に。親失格。

それと多いのが栄養失調、栄養不足、
遺伝子組み換え食品を平気で食べさせる。
ジャンクフードを食べさせる。
発育に遅れがあるのもです。
これは両親の責任です。

 

うつ病と遺伝子の関係の話は

治せない精神医療のでっちあげの話です。

薬物依存症の両親の子供は生まれたとき
出産したときから
子供も薬物依存症です。

うつ病が遺伝する、遺伝的要因といった話は
信じないでください。

 

例えば
うつ病の両親、父親だけ母親だけが
うつ病、精神病で向精神薬を飲んでいると
遺伝ではなく、結婚をして妊娠、出産で
向精神薬で子供もうつ病になるのです。
授乳中に抗うつ薬などの服用をしていれば赤ん坊に薬物。
男性の精子にも異常がでます。

 

うつ病の遺伝。強烈なストレス?治安のいい恵まれている日本。

うつ病になるほどの強烈なストレスはありません。
特に治安のいい恵まれている日本では

ないことです。

 

気分の低下、疲れた、落ち込み・・

嫌なことがあるからです。

 

このネガティブな感情だったのに
覚せい剤・麻薬の向精神薬を処方するのが精神科医です。
その精神科医をすすめるのが心理カウンセラーです。

 

そして一時的に気分がハイになって

気分がよくなるのは

次には耐性ができてダウン、うつ病になります。

または躁うつ病、双極性障害になります。

不安症、不安障害、パニック障害の併発。

幻覚に幻聴、妄想も。

 

そして眠れない状態にもなり
睡眠薬も飲むのです。

 

うつ病の遺伝。子供も精神科、心理カウンセラーの餌食に。

そうなのです。
うつ病の話にある遺伝の家系。

うつ病に遺伝率もありません。

遺伝子検査も関係がないことです。

 

うつ病に遺伝性があることも
なにげなくそういうものだと思いがちです。

うつ病と遺伝子変異、遺伝子発現、遺伝子治療、遺伝子疾患

こうした難しい名称は忘れましょう。

そして両親が原因で子供が薬物依存症になり
情緒不安定で精神が不安定。
両親はうつ病なのか?統合失調症なのか?
不安症、不安障害、パニック障害なのか?
自閉症か?ADHDか?

 

そして精神科医の受診を子供にもさせてしまいます。
心理カウンセラーのカウンセリングもあります。
精神科・心療内科・デイケアの職員たち。
親切そうでやさしい、理解をしてくれる。

環境がいいように思ってしまいます。

 

診断名がつき
原因がわかったからこれで治ると思ってしまい

安心します。

 

でもその後は治らないのです。

こういった被害が大変多いです。

 

精神科・心療内科・デイケア・

心理カウンセラーのカウンセリングに
親子できている人たちが患者たちが多いです。

 

定期的にくる患者。
患者が定期的にお金の支払いをする。
病院・クリニックの経営のためです。
製薬会社もです。

 

まとめ うつ病の遺伝。

うつ病は遺伝するのか?

うつ病はしません。

子供もですが
うつ病のいう人が何かの危ないウイルスみたいに

扱われるのは

薬物依存症だからです。

 

周囲の人たちは麻薬をしているとは知らなくても

精神病の人は頭がおかしくなるので
狂っている、危ない、危険、暴れる、叫ぶ、暴力をふるう
など様子がおかしいのは
このような危険があるのはわかっています。

だから差別もされます。