うつ病で息苦しい。抗うつ薬の薬害です。麻薬です。

うつ病で息苦しい。これは麻薬の依存症の症状です。
抗うつ薬は麻薬と同じ成分です。

うつ病で息苦しいのに対処するには
まずは精神医療に否定です。
詐欺にあっていることを自覚することからです。

 

うつ病で息苦しい。薬害で。

うつ病だから息苦しいわけではないのです。
うつ病ではなく依存症では動悸もあり息苦しいこともあります。
精神科医は治るといっては薬を売るだけです。
そして診断をでたらめにしては薬害のうつ病
そして息苦しい。

 

うつ病でこういった息苦しいことの原因がわかることもですが
実際に行動をするのかが治すには大事になります。

 

1.ストレスが大きな原因にあります。
2.他にも以前から身体に健康の問題を抱えている。
3.環境が悪い。
4.自分自身がだらしがない。
5.薬害。
など。

 

うつ病で息苦しいもひとつの被害です。

たとえばストレスでいえば
薬をしたらどうなるのでしょうか?
らりって気持ちがよくなるだけです。

最初はそれで忘れるとしても
ストレスになることは残ったままです。

そしてヤクはきれます。

次に気分が悪くなります。

うつ病で息苦しい状態にもなります。

これでは完治は不可能なのです。

 

うつ病で息苦しい。身体症状も増えていく。

うつ病で息苦しいのもですが
気分の落ち込み。
気分が上がる。ハイになる。躁病になる。
幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。
不安感が強くなる。
不安症、不安障害の併発。
パニック障害。
躁うつ病、双極性障害。
統合失調症、精神分裂症。

 

麻薬の禁断症状です。

 

これが精神病です。

 

うつ病で息苦しいというのも
つくられたことです。

 

そして薬害でなる被害には

うつ病の症状?依存症で顔つきがおかしい。

うつ病?薬物で体が動けない。ひたすら寝る。

精神病、うつ病の種類は関係がなく

どれも薬害です。

 

うつ病の初期症状といわれて
治すためと飲んだがために悲惨なことになります。

 

うつ病で息苦しいけど治療を続ける。
おクスリは副作用があるもの。
だけど治るのに改善するのにと思い飲み続けていると
薬物のお過剰摂取で死亡をします。

 

お葬式などに参列をすると
家族から泣く声がきこえてきて。

精神科医も臨床心理士も平気な顔をしていました。

 

うつ病の症状は精神科・心療内科の受診する前の段階では
辛い、疲れている、だるい、やる気がでないなど

これらは感情です。
こうしてわたしたちに知らせているのです。

ここで劇薬をしてわからなくしても
治らないのです。

治る方法ではありません。

 

うつ病で息苦しいのもですが
他にも
うつ病でずっと寝てる。
これも薬害です。

精神科医はうつ病の治療といっては向精神薬漬けにする。
覚せい剤・麻薬を飲み続けていると
大変な深刻な状態になるのは誰でもが知っていることです。

警察の説明の通りです。

 

そして働けない。
息苦しい。
仕事ができない。
復職をしてもすぐにやめる、退職。
転職を繰り返す。

 

すべてはうつ病と診断があってからです。

 

うつ病が重度になる。
進行する。

ここでクスリの追加をする、強さが強いのに変えるのも
また体に耐性ができてきかなくなります。

 

うつ病で息苦しい。助けてあげる詐欺。

臨床心理士も精神科医の治療をうけるようにいうだけです。

お金の無駄遣いで
高い支払いをして
すべては詐欺なのです。

精神科医も臨床心理士も
精神科・心療内科・デイケアの職員たちも
助けてといってもクスリだけです。
何もしません。クズたちです。
しかもわかっていないでしているクズも多いです。

 

鬱病で息苦しいことへの対処法は
詐欺師たちと決別をする。
実際に行動をする。