うつ病の自覚?麻薬・薬物中毒者の自覚を。

うつ病の自覚よりも薬物依存症である自覚が必要です。
精神科・心療内科の説明はうつ病の自覚をして薬物療法。
しかしこれが原因で発症するのがうつ病なのです。
うつ病、統合失調症、不安症、不安障害、パニック障害、躁うつ病など
精神病は薬を売るための作り話です。
何かあった人に麻薬が成分の抗うつ薬、向精神薬を処方するのです。
そうすると気分がよくなるにはなりますが

「白い粉」でハイになるのです。

そして薬物依存症になります。

 

うつ病の自覚?白い粉で問題がわからなくなっている。

体に耐性ができて
ヤクがきれます。
次には気分の低下があります。

うつ病の発症。

うつ病の自覚症状ではなくて
問題があるから問題をなくす必要があるのを自覚するのが
必要です。

 

しかし精神科・心療内科の治療で
薬物依存症になってしまいます。

治るのにすることが増えるだけなのです。

精神科医も治すのに治療が必要といっては
麻薬で頭をおかしくなることをしているだけです。

 

ヤクがきれたら
追加をする。
強さが強いのに変える。

うつ病と自覚あるとかえって
利用されてしまうのです。

 

うつ病の自覚?周囲は家族はどうする?

周囲はうつ病と自覚させるのではなく
弱みに付け込まれて
詐欺にあっていることを自覚させることです。

 

結局のところは
辛いことがあったり大変なことがあったり
私たちの人生はいろいろとあります。

そして悪い感情もでます。

 

しかしそこを治すと精神科医の説明があり
病名もつくので病気だと思ってしまいます。

うつ病と自覚症状あり治療で改善することもないです。
薬で治るどころか悪化をします。

 

痛みを忘れて問題の先送りをしているだけです。

問題もかえってふえていきます。

自身のダメなのもつよくなっていきます。

 

あなたは悪くない、とだらしがないのを

精神科医、臨床心理士、職員たちに肯定されるから.

余計に悪くなります。

 

うつ病の自覚?行動があれば支援することができる。

周囲の人たちは
うつ病ではなく依存症のことを自覚できない人がいるでしょう。
説明を何度もしても薬物をしている。
精神科医や臨床心理士のことを先生と呼んでいる。

 

あなたもいいかげん疲れる、嫌になる。

もうこの場合はあきらめたと思っていいです。

手遅れです。

 

うつ病ではなく依存症と自覚ある人の場合は
うつ病が治る可能性があります。
うつ病ではなくらりっているのを自覚することが第一歩です。
そして実際に行動をするのが必要です。

 

他の被害者たちの愚痴や不平をいっている。
他のひとたちの悪口をいっている。

 

「あいつら気持ち悪い。」
「あそこは薬で頭がおかしくなっている。」

 

しかし本人もクスリを飲み続けている。
これは自分よりも下の人を見つけて
自分はまともだと無意識に言い訳をしています。
この場合も治らないです。
行動はしません。

 

うつ病ではなくらりっている自覚をしているのが

まずは必要です。

 

知恵袋でも被害者が多数いるのがわかります。
どれも依存症の症状です。

診断もでたらめです。

微笑みうつ病といったものないものです。

 

自覚ができるのか?

周囲にしても家族にしても

自覚をして行動をしている人でなければ
支援する、サポートはできません。

 

うつ病は甘えという人がいるのはある意味わかります。

まじめに自覚をして治るための行動をする人は
甘えはないです。

 

しかしクスリで体調が悪化しているのを自覚しても
いつまでもグダグダといっては薬を飲み続けている人は
自覚がない甘えです。

 

 

まとめ うつ病の自覚?

チェックリストは患者を作るためのものです。

うつ病を自覚している状態にします。
そして
うつ病が自覚できる状態になって精神科医に受診をすれば
そのままうつ病や統合失調症、精神病にさせられます。

うつ病の自覚症状とは
躁うつ病も薬害です。

 

治すには
依存症もですが
他にもすることが様々にあります。