うつ病の自殺。抗うつ薬で。覚せい剤・麻薬と同じ成分で原因の魔の手。

うつ病だから?いいえ。薬物依存症だから自殺をするのです。
うつ病の自殺で大変な誤解があります。

うつ病になったから電車に飛び込みをする。
これは覚せい剤の抗うつ薬をしてしまい
心理がおかしくなるからです。

電車に飛び込みをするときは
意識がない。無意識な状態。

わからないままに電車に飛び込み自殺をしてしまいます。

なぜ電車に飛び込むのか?
疑問でしょうが。

これはヤクで頭がおかしくなるからです。
人によってどうなるのかは違いがあります。

 

うつ病の自殺。向精神薬漬けで頭がおかしくなる。

精神科・心療内科では
気分が優れない。
疲れた。

これを病気といわれてしまい

この程度だったのが
一時的に抗うつ薬でハイにして
気分を上げます。

しかしヤクがきれる。
ダウンする。

うつ病、重度のうつ病。
統合失調症
などの発症。

 

脳にダメージを負います。

 

当然治らないので医者を変えることもよくあることです。
精神科医のランキングを参考にしたりして。

抗うつ薬(抗うつ剤)など向精神薬漬けで
暴れる、暴力をふるう、発狂する、叫ぶ。
他に精神安定剤、抗不安薬、
睡眠薬、睡眠導入剤も麻薬です。

 

臨床心理士も親切なふりをしては
精神科医の薬で治ると誘導するだけです。

 

よくある精神病は頭が狂っている。

これは薬物中毒者だから頭が狂っている。

 

 

うつ病の自殺。被害は本人だけでは済まない。

しかしこれで済めばいいのですが
人によっては

幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。
妄想癖、妄想症。
フラッシュバックをする。

 

そして
なぜ電車に飛び込むのか?

そうです。
人身事故の原因になります。

電車に飛び込む危険性もあります。

若者の死因の原因です。

若者の死亡率にも大きく関与があります。

 

精神科医も臨床心理士もクズです。

騙されてしまい
お金の無駄遣いだけでは済まないのです。

本人も死亡する。
周囲も巻き込まれてしまい死亡する。

 

精神科・心療内科は治療と称しては
薬物中毒者にします。
そして頭がおかしくなるのでまた治るため
改善するためといっては
閉鎖病棟にいれる。
解放病棟でも面会謝絶にして同じにする。

 

 

うつ病の自殺。子供たちにも。

また精神科・心療内科では子供の治療といったが
死因にもつながっています。

子供の死亡の原因には発達障害、ADHD、

自閉症と診断をされてしまい
抗うつ薬など向精神薬漬けになって
早死にする、死亡することになります。

 

こうした劇薬の使用をすれば交通事故を起こす危険もあります。

子供の事故にも当然ながら影響があります。
車に乗ったままで意識を失う。
子供たちの列に車が突っ込む。

 

子供の死因にも大変な被害をもたらしているのです。

こうした被害は日本のみならずに

世界の死因にもかかわっています。