うつ状態とは?薬で体調が悪い状態に。

うつ状態とは精神科・心療内科が原因です。
精神科医の薬とは劇薬です。
最初だけは気分の落ち込みがあったのが
おさまるので改善すると思い違いをしてしまいます。
しかし治ると思っていたら間違いです。
このあとは
体に耐性ができるので
気分の低下をします。

これがいわゆる精神疾患です。

 

うつ状態とは?つくられた疾患。

こうしてうつ状態はつくられた病気で治らない。

休職をするのに診断書。

うつ状態とは薬でなるものです。

元々あったのは
疲れた、気分が悪いなど。
マイナスの感情です。

うつ状態の症状が続いてきます。

 

家族も方々も看護をするのですが

いつまでも治らない。

先が見えない。

 

精神科医の診断で

改善する。
症状を抑える、寛解する話も

これはそのまま定期的に通院をするようにして
お金儲けをしているのです。

つくられたのが精神疾患。

 

うつ状態とは?悪くなる。

抑うつ状態とはどうしたものなのか?
症状でいわれているのは
これらも劇薬です。

不安抑うつ状態。
これも一見何かそれっぽいと思ってしまいますが
同様です。

 

うつ状態、うつ病の基準や期間のことをあてにはなりません。

こうした治療では治った人がいないのです。

仕事ができない。
学校に行けない。

しまいには
うつ病が重度になる。

 

家族や周囲も困るのがうつ病への対応。

 

しかしうつ病は治療が原因で発症するのです。

これは治すのではありません。

うつ病では顔つきもおかしいことになります。
顔色も悪くなります。

これらの身体症状も薬害です。

 

まとめ うつ状態とは?

たまに症状がおさまったから
寛解したから仕事に復帰。
そして社会復帰をしていった人たちがいました。
しかしまたうつ病が再発したと戻ってくる。

種類も躁うつ病、双極性障害に
不安症、不安障害、パニック障害
妄想症、妄想癖、幻覚、幻聴など。

こうしたわけなので完治をするには
私たちは見直すことが大事になります。