うつ病?寿命が短い。何年で死亡?ヤクの過剰摂取で。

うつ病では必ず寿命が短いです。
うつ病は麻薬の向精神薬で薬物依存症になること。

覚せい剤・麻薬の抗うつ薬など、
向精神薬を飲み続けると

過剰摂取で死亡します。

 

精神科医には

「安全なおクスリです。」

そう思ってしまい劇薬を安全な向精神薬と思って
飲み続けていると寿命が縮まることになります。

抗うつ薬や抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、向精神薬。

うつ病といわれて治療で薬。
副作用で寿命が短くなる。
認知症にもなる。

 

劇薬をするのは

よく逮捕される人たちが

嫌なことがあったから手を出してしまいました。

緊張するので使いはじめてしまいました。

 

していることは同じです。

 

ああ嫌なことがある。
ストレスがたまる。
むかつく人がいる。
うまくいかない。
疲れた。
嫌だ。
むかむかする。

いますぐにすっきりとしたい!

 

これで麻薬をして治るのでしょうか?

治らない?

そもそも治るもの?治療が必要なのでしょうか?

 

嫌な人がいる場合は
誰だってあります。

しかし
覚せい剤・麻薬の

抗うつ薬など向精神薬漬けになると

ラりる。

寿命のロス。

気分がよくなった。

なんか気持ちがいい。

ハイになった。

そう依存症です。

 

そして耐性ができます。

 

あれ?

うつ病の症状がでてきた?

 

心理カウンセラーのカウンセリングでも
精神科医に相談をすすめるから

次の診察のときに相談して治るだろう。

「おクスリの調整をします。」

 

そして

あれ?また症状が。

 

「躁うつ病です。」

「双極性障害です。」

「躁病です。」

「併発です。」

「症状が進行しています。」

「おクスリの調整をします。」

「追加します。」

「強さが強いのに変えます。」

 

当然危ないのです。

 

老人の人たちがすれば

寿命が短くなるのもですが

頭がおかしくなる。

廃人になる。
被害が多発しています。

 

 

うつ病?寿命が短い。何年で死亡?

よく精神科医やカウンセラーなどの精神医療の業界は
うつ病が原因で寿命が縮まるといいます。

騙されないよう気を付けましょう。

うつ病に精神科・心療内科で発症します。

そして薬で寿命が縮まる。

 

うつ病や統合失調症など精神病は
精神科医やカウンセラーがつくりだしている。

 

具体的な数字が欲しいでしょう。
示したほうがより理解しやすいですから。

 

最初に向精神薬を飲み始めてから
死ぬまでは30年間がいいところです。

 

その人によって量や強さが違います。

これよりも短い人もいます。
またこれよりも長い人もいます。

 

また突然死をする人たちもよく多くいます。
心臓が突然止まり心臓病で

亡くなることも多くあります。

 

癌にもなり
認知症にもなり
肝臓病にもなり
腎臓病にもなり

そしてもともとの問題はクスリで解決できるわけがないです。

 

精神科医とはこうやってでたらめな診断で
てきとうに名前をつけて
向精神薬を売りつけているだけです。
精神科医の向精神薬で寿命を縮まるのです。

 

そこには心理カウンセラーのカウンセリングもあります。
心理カウンセラーが誘導をする。
学校ではスクールカウンセラーが誘導をする。

 

精神科医のクスリ「向精神薬」です。
抗うつ薬や抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬と
向精神薬が原因で寿命が縮まるのです。

 

似非治療で。

うつ病だから寿命が短いというのは完全に嘘です。

 

カウンセラーにも気を付けてください。
カウンセラーは精神科医と共犯者です。
カウンセラーは精神科医にいくように誘導しています。

 

またスクールカウンセラーが全国の学校にいますが
同様に子供たちへ向精神薬を売るために
誘導をする役割を担っています。

お金の無駄遣いで
これこそ本当の人間のクズです。

 

 

うつ病?寿命が短い。ラりって嫌なことを忘れ治る?

誰でもがいろいろとあります。
何かあればそういった問題がプレッシャーやストレスにもなります。
このときにすることはその問題、課題を解決することです。

しかしここで精神科医にいってしまい騙されてしまうと
向精神薬と言われて処方をされます。

これで精神科医のクスリを飲み続けて。

つまり精神科医やカウンセラーに行く前には
疲れていたり、悩んでいたり、落ち込んでいたりします。


しかしこのあとに
向精神薬といわれて知らずに
してしまいます。


例えば向精神薬で一時的に
気分が上がるので
効いたように勘違いしてしまいます。

寝るときも寝つきがよくなるので
眠れるようにもなるので勘違いをしてしまいます。

でも最初だけです。

 

このあとは

耐性がついて

そして精神科医は量を増やしていきます。

心理カウンセラーに相談をしても

先生に相談してくださいといっては
お金の請求をしてくるだけで。


こうして精神科医が原因で脳が麻痺します。
そんな思考停止状態でいると
悩みが何かもわからなくなりがちです。

 

うつ病だと寿命が短いのか?

そういうものらしい?


カウンセラーのカウンセリングをする。

カウンセラーは悩みを解決します。

そういったことを売り文句にしています。

 

自分は最初受けたときに
拍子抜けをしました。

何か特別なことをするのかもと思っていました。

 

でもよく考えるとカウンセラーは魔法を使えるわけではないです。

結局そのときにわかったのは
ただ愚痴を話すだけです。

 

そしてカウンセラーの助言は役に立ちません。

いつも間違っていると思って構いません。

かえって人生の道を踏み外すのを
カウンセラーもしているのです。

 

うつ病はないもの。

そして寿命が短いのは薬害で。

 

 

まとめ うつ病?寿命が短い。

すべては詐欺なのです。
うつ病になるのも
寿命が縮まるのも
薬害。

抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、

向精神薬で寿命が縮まるのです。

 

そしてそもそも
問題や課題のなくすこと。解決すること。

クスリ。

 

関連性がまったくないです。

 

悩みがあるあなたと私を騙して
向精神薬といって売りつけては

頭がおかしくなる。

向精神薬で頭がおかしくなる。

 

ラりって嫌なこともストレスも忘れる?

 

これがいわゆるうつ病や統合失調症、
躁うつ病、双極性障害、パニック障害、
不安症、不安障害
幻覚、幻聴、妄想などの

精神病といわれているものです。

 

精神病といわれているのは、薬害です。

 

精神病とは
精神科医とカウンセラーがつくりだしている

自作自演なのです。

毒の過剰摂取で寿命が短い。

精神科医とカウンセラーは詐欺師です。