うつ病の重度の闇。精神科・心療内科のやらせ詐欺。

うつ病が重度になるのは抗うつ薬など向精神薬漬けが原因です。
そして抗うつ薬、向精神薬は麻薬です。

精神科・心療内科のサイトのチェックリストなどで
うつ病かもと思ってしまい治るといわれた治療で
なるのが重度のうつ病です。
回復もしないで症状が重くなっていく。

 

みんなそうだった。

最初は落ち込み、気分の低下、
軽いうつっぽいだったのが。
うつ病になり
その後重度のうつ病になり。

 

不安感が強くなっていき
不安症、不安障害も併発して。
躁うつ病、双極性障害にもなり。

幻覚に幻聴、妄想も。
寝たきりにもなり。

 

うつ病の重度の闇。「これ以上クスリはだせません。」

うつ病が重度になると接し方も大変になってくる。
うつ病が重度になった人との接し方は本当につらい。

うつ病の重度症状は一日中寝たきり。
うつ病の重度の症状とは薬物依存症。

ろれつがまわらない。
キレやすい。
だるいといっている被害者たちに何もできない。

困り果てて精神的に辛い。

精神科医に相談をしても

「おクスリの追加をしましょう。」

「おクスリの強さを強いのに変えましょう。」

 

依存症がこうして悪化をしていく。

 

しまいに

「様子を見ましょう。」

「これ以上クスリはだせません。」

 

うつ病が重度になるのは診断・治療のあとで。

これが精神科・心療内科の闇。

 

うつ病の重度の闇。公的な支援。

うつ病が重度になりストレスに対する反応も
ひどくなっていきます。

なった人はわかることですよね?

やる気がなくなる。
終わりだと思う。
死にたくもなる。

しかしこれが向精神薬によるもの。

 

入院をしてしまうと
もう一時的に症状が収まったとしても

退院後にまた再発。
ヤクがきれるから。

 

入院を繰り返しても悪化を続けるだけ。

 

うつ病にさせられてしまい治らない。
治すというので仕事もできずに我慢。
収入がないからと公的な支援を受けるようにすすめられます。

例えば自立支援医療での重度かつ継続。
窓口での支払いの負担は減るものの
税金から支払われているので
支払いをしていることに変わりはなく。

 

うつ病の重度の闇。精神科・心療内科は人助けとは違い詐欺。

精神科・心療内科は
人助けとは違い詐欺なのです。

うつ病が重度になると本当に辛いです。

しかも精神科医も治すというのが
改善するに変わり。

そして症状が落ち着くのを目指しましょう。
寛解になり。

 

話がおかしくなるのがわかります。

 

臨床心理士も同じことを話しては
向精神薬漬けへ誘導。
助言もクズばかりでお金の無駄遣いです。

 

うつ病の特徴はつくられたもの。

 

精神科・心療内科もブログやサイトで宣伝をする。
チェックリストをしてしまい。
引っかかってしまいます。

 

うつ病の重度とはこうしてつくられています。

そのまま向精神薬漬けでいると
重度認知症になります。

うつ病とはクスリを売るためのものです。

 

まとめ うつ病の重度の闇。

うつ病が重度になると治療といっても
精神科医は向精神薬をもう増やせない。
しかしでてくる禁断症状。

うつ病が重度になり仕事もできない体。

 

うつ病の重度の症状といっては

治療でよくなるとだまして
薬を大量にいつまでも飲ませ続ける。

 

うつ病も重度の鬱もこうしてつくられています。

 

あなたはどうしますか?

このまま薬物の過剰摂取で死にますか?

それとも?