うつ病はどれくらいで回復する?精神科・心療内科は期間が長くなるだけ。

うつ病からの回復するにはまずは薬が原因と

認識をすること。
仲間たちも自分もこの詐欺話にやられたが
気づいたから今の完治後の人生のやり直しができた。

しかし精神科医の抗うつ薬など向精神薬では
覚せい剤・麻薬と同じ成分で
うつ病になる。

どれくらいの期間をしてもこれでは治らない。
悪化をするだけ。

 

最初は辛い状況だったりしたのを
薬をしたところで気分の改善するのは
薬物でごまかすだけ。

そしてヤクがきれるので

次には体のほうでクスリに対抗するために
気分を下げる。

これでうつ病が発症する理由で真実。

 

うつ病は本当はどれくらいで回復する?

どれくらいのヤクをしても
結局はまた気分が下がる。

人工的に上げると下げるを繰り返す。
躁うつ病も結局は薬害。

精神科医も臨床心理士もうつ病を治すといっては
向精神薬漬けにするだけ。

 

こうなるとうつ病の場合はどれくらいで治るのかといった話が
ただの嘘話なのがわかる。

実際に治った人はいないからだ。

 

正しい方法をすれば

うつ病は一年と少しあれば
かなり改善する。

そしてその後も地道にがんばると
完治する。

 

鬱病がどれくらいで回復するのかわからないのは

詐欺の被害にあっており

やり方が間違っているからです。

 

うつ病の回復はどれくらい自身ががんばったかによる。

ただし本人が地道に努力を続けるかによる。

どれくらいの期間を休むのがいいのか?

休職をして一年と半年は

集中して取り組むことをおすすめする。

 

たしかにこの間はどれくらい辛いのかはわかる。

 

この方法ならお金にしても
どれくらいいるのかでいえば少ない。

少なくても精神科・心療内科・デイケア・
臨床心理士のカウンセリングに支払う
高い、そしてお金の無駄遣いを考えると。

はるかに安い。

しかも劇薬を使うといったズルい、クズ行為もしない。

 

あなたもうつ病はこのまっとうな方法で。