会社でうつ病。原因は薬では悪くなるだけの不都合な真実。

うつ病とは抗うつ薬が原因です。
抗うつ薬の成分は麻薬と同じです。

会社で辛いことがあり気分が悪くなる。
これは嫌な感情です。
会社に問題がありストレスが溜まっていく。
そして休むように知らせるのが気分が悪い感情です。
ここで覚せい剤・麻薬をしても
会社での問題がなくなることはないです。

精神科・心療内科の治療で一時的に劇薬で気分を上げる。

しかしこれでいいのでしょうか?

 

多くの人たちを見送った。
全員が若くして早死にしていきました。

 

今日のテーマはこうしたうつ病という名の詐欺。
そしてうつ病と診断されてしまったがために
頭がおかしくなる薬害で会社に行けない。

働けないで動けない。

解決をするには?

 

うつ病と診断されたら。休職をして戻れない事実。

うつ病という診断。
診断書を会社に提出して休職をする。

しかしこれで戻れることはないです。

 

鬱病という病気と思い込んでいると

泥沼にはまります。

精神科医からは治るためにと診察でいわれて

体調は悪化を続けます。

 

うつ病と診断されたらもう治らないというのは
薬物依存症だからです。

 

うつ病が多い理由はお金儲けなのです。

故意に患者をつくりあげて

定期的に患者がクスリを買いに行く。

 

知らない間に
ヤクの買い手と売人の関係になっているのです。

 

最初にうつ病かもと思う理由は

精神科・心療内科のサイトやブログ。

テレビや新聞。

広告。

病院にクリニック。

 

営利の会社です。

株式会社です。

 

人助けのためにしている会社ではありません。

 

それに周囲もそういうものだとなんとなく思っています。

 

周囲に勧められると、

「やっぱりうつ病なのか。」

 

間違ってしまい

行ってしまうことにもなります。

 

うつ病になったら終わりという話も実態は

わからないままだからです。

 

退職。慰謝料に損害賠償?

最後は体調がひどくて動けない。

そして会社を退職となります。

辞めるとあるのが
会社を訴える。

責任を取れと思うのもわかりますが。

労災だというのは。

個人的にはすぐに会社から去るのがいいのです。

うつ病というのも忘れることです。

こうした対応をしていると

いつまでも治らないです。

 

うつ病から生還をする方法はあります。

 

それよりも早めに退職をして

転職をする。

薬をしたところで
何も状況はかわりません。

そうした弱さをついては
甘い言葉で騙すのが精神科医や臨床心理士です。

ここでクスリに逃げれば
甘えです。

しかし事実を自覚する。

そして克服をするために立ち向かう。

 

自分の弱さもそう。

問題もそう。

嫌な人間関係もそう。

自己中心的な性格も。

 

 

うつ病の人との接し方で周囲が困るのが

いつまでも行動がないことです。

不平不満を言っては薬をしている。

これではもうあきらめたと思うのが普通です。

しかしここであなたが立ち上がり行動をすれば

周囲の接し方も変わります。