うつ病の改善の方法。まずは精神科医を信じるのをやめることから。

うつ病は精神科医の抗うつ薬=麻薬と同じ成分が原因です。
改善する方法ではありません。薬害です。

ストレスがあるのは問題があるからですよね?
そこに麻薬をして気分を上げる
しかし体に耐性ができて気分がさらに低下します。

鬱病の発症をします。

うつ病の改善策というのが実はうつ病になる理由なのです。

本日は治すにはどうするのか?
精神科医や臨床心理士がクズたちでしかない。

 

食事はジャンクフード。運動もしない。

うつ病とは精神科医や臨床心理士の詐欺です。
改善しないので定期的に騙しては患者がやってくる。
てきとうに診察やカウンセリングをしては

高い請求を繰り返すだけ。
お金儲けのためです。

 

事実はお金の無駄遣いです。

 

自分は事実がわかってからは
自分自身にお金を使うことにしました。

治るにはそれなりにお金がかかります。

 

精神科・心療内科に支払うのをやめて
自分のために治るために使うことにしたのです。

 

これを精神科・心療内科・デイケアの利用者に話すと
バカにしてきては
薬を飲んでいるだけでした。

うつ病が改善しないと文句をいっては食事も
ジャンクフードの食べ物や甘い飲み物に

お菓子ばかり食べていて。

運動もしない。

 

生還をした仲間たちは
僕の話に興味を持ち
彼らや彼女たちは

客観的に状況を見て

 

「治った人が誰もいない。」

 

そして完治をした彼らたち。

彼らや彼女たちもうつ病が治ったあとに
口をそろえて言っていたのは

 

「怠けている。」

「やる気がない。」

「甘えている。」

「自己中。」

 

厳しいことに聴こえるかもしれないが

実際にした彼らたちだから事実を理解している。

 

病気を言い訳に趣味に音楽で浪費。

うつ病が改善しないのはそもそも行動がないのが理由です。

趣味、音楽にお金を浪費しては

だらしがなかった彼らたち。

 

そして性格が自己中心的。

生活習慣がどうとかの前に。

うつ病が改善するにはまずは自分の性格もだが

本当に治したいのか?

どこかに甘えがないか?

サボって誰かに依存してやってもらおうと考えていないのか?

このまま楽していたい?

 

今はよくても死亡をします。

彼らも結局は死にました。

薬の過剰摂取で死亡。

 

改善法はある!きっかけを得るには?

うつ病の症状は薬害。

それに自分が元から抱えている問題、健康上のこと。

そして改善方法があっても
行動がないといつまでも治らない。

口からは不平不満が出るばかり。

 

これでは周囲に嫌われるのです。

孤独にもなります。

 

そういう自分もこうした時期がありました。
仲間たちもだった。

そして仲間たちも生還をして生まれ変わった
彼らたち、彼女たち。

 

うつ病の改善法・完治する方法はあります。きっかけが得たいあなたにはこちらで。

 

 

なにかのグッズと同じ感覚で使い
向精神薬漬けになっているのです。

彼らは

いつも漫画の本を読んではジュースを飲んだりして。
音楽をきいては文句をいう。
趣味といってはお金を浪費する。

 

これではうつ病の改善のきっかけはつかめません。

うつ病の改善の兆しも得られません。

生還をした仲間たちは
料理のレシピの読んでいたりと
努力を重ねていた。

 

うつ病が改善したという話は寛解。

この期間はこれはらりって運がよく感じなくなっている状態。

頭がおかしくなるだけです。

仕事に復帰をした彼らたち。

社会復帰をした彼女たち。

学校に再び戻った彼らたち。

でもそうなのです。

肝臓病や腎臓病。

認知症にアルツハイマー病に癌。

やはり去っていきました。

 

うつ病の改善法があっても

これでは治らないです。

精神科医も臨床心理士も

看護士、福祉士も

間違ったうつ病の改善をするというマニュアルに

従っているだけです。
彼らのは改善するプログラムではなく悪化するのです。

 

薬で問題は変わりません。

 

例えば
いやな環境だったら引っ越しをする。

孤独なら犬、猫を飼う。

睡眠薬をサプリみたいに飲むのをやめる。

スマホのアプリで遊ぶのをやめる。

うつ病が改善できるという嘘話を信じないことです。

改善案というのは療法でなく原因で悪くなるのです。

 

精神疾患の名称も

すべてが作られた病気です。
うつ病、統合失調症、精神分裂症、
不安症、不安障害、冬季うつ病など

薬を売るだけです。