うつ病の人にかける言葉。「抗うつ薬でうつ病になる。」

うつ病の人にかける言葉はタイトル通り「抗うつ薬でうつ病になる。」
これは抗うつ薬の成分は覚せい剤・麻薬と同じです。

その場だけは気分が上がる、
ハイになるにしても
次にはヤクがきれます。
体に耐性ができます。
そして気分がダウンする。
うつ病の発症をします。

 

うつ病の人にかける言葉もこうした裏の事情があるので
当然ながらよくいわれている話や
精神科・心療内科のサイトやブログの話とは
まったく違います。

 

うつ病というものは薬害です。
そして薬物依存症です。

精神科・心療内科・デイケアの治療では完治はしません。

 

よくあるうつ病の人にかける言葉というのは
かえって本人にやる気をなくさせます。

 

うつ病の人にかける言葉。本人に薬害だと自覚をする言葉を。

精神医療の手口は
辛いことがあって精神科医の治療で
抗うつ薬など向精神薬がうつ病の原因。
睡眠薬、睡眠導入剤、精神安定剤も同じ成分です。

これが治る詐欺なのです。

 

診断、診察で治すといっては薬を売るだけなのです。
保険で稼ぐのです。
生活保護の悪用に精神障碍者、障害年金というものもです。

 

うつ病の人にかける言葉でいえば
恋人、会社の職場の同僚や部下、
友人や近所の人や知り合い。
家族も含めて。

周囲にうつ病だからという人との接し方は

悩むのが当たり前です。

 

本人も依存症に陥っているとは思っていないで
精神疾患だと信じ込んでいます。

 

うつ病の人にかける言葉は本人に

薬害だと自覚をするようにいうことです。

 

よく言われているうつ病の人にかける言葉は

がんばれが禁句?
励ますのも?
あなたは悪くないと伝える?

 

こうしたうつ病の人にかける言葉というのは
かえってやらないで実行しないのを後押ししてしまうのです。

 

問題を直す、治すのが必要でだけど大変そうだ。
躊躇してしまう、悩む、立ち止まるなどがあり
そこでうつ病の人にかける言葉というのを使ってしまうと

 

「そんな大変なことはしなくていいから。」
「休むのが仕事だから。」

 

これは

 

「あきらめたと思ったほうがいいから。」
「さぼって遊んでいればいいから。」

 

うつ病の人にかける言葉でこうなってしまいます。

本人も公的な支援を受けてやめよう。
楽しようと堕落をします。

 

うつ病の人にかける言葉。後押しを。

元々本人が抱えている問題を直す、治すのを支援する。
応援する。
困難に立ち向かう人に応援する、頑張れ、励ます。
本人ががんばって行動をしているのを
後押しをするのが大事です。