うつ病を隠して結婚?その末路は?事実を元に伝えます。

うつ病を隠して結婚はやめることです。

うつ病とは薬物依存症のことです。

 

今回は実際にあった話を

例にしてあります。

 

うつ病を隠して結婚?精神科医を信じているとひどいことに。

精神科医の治療は抗うつ薬など向精神薬の成分は
麻薬と同じ成分です。

うつ病を完治後に結婚するのが正しい手順です。

 

もしも治らないままで
うつ病を隠して結婚をすれば

奥さんや夫は

薬物中毒者と結婚をするのです。

 

どうなるのかは警察の説明の通りです。

 

離婚。
家庭崩壊。

妊娠、出産をすれば
子供の発達に障害が出る。
発育の遅れがでて
障がい児になる危険性があります。

 

また急に叫ぶ、暴れるなど

パートナーに迷惑をかけてしまいます。

 

暴力をふるうことにもなります。

 

うつ病を隠して結婚?無職で離婚。

「そんなことないよ。」

「たぶんこのままなんとかなる。」

 

彼らがいつも言っていたこと。

 

こうした甘えがあると

取り返しのつかないことになります。

 

結局は自分も仲間たちも見捨てることにした。

 

こうして多くの夫婦が離婚をして終わりました。

 

うつ病を隠して仕事をしても
まともなことにはなりません。

 

仕事がないか。
仕事ができないで辞めさせられる。

 

うつ病を隠して入社をしても
ばれるのです。

 

そして仕事が続かない。

うつ病を隠して転職を繰り返す。

同じ状態です。

 

無職のままになり。

 

しまいには

うつ病を隠して結婚したけど

離婚をする。

 

奥さんに逃げられて縁切りをされた。

子供たちとも会えずに。

 

これが末路でした。