うつ病の看病。実は麻薬で薬害。

うつ病の看病でもう疲れた。もう嫌だ。やめたい。
うつ病がなぜ治らないのか?薬物依存症に治療で
陥っているからです。
向精神薬の成分は麻薬です。
精神科・心療内科で処方する。
最初は症状がまだよかった。
精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングが

はじまってから
体調の悪化するのが続きます。

 

 

うつ病の看病。うつ病など精神病はクスリを売るためにつくられた話。

これは治すといっては治る方法ではないのです。
発病をする、そして体調の悪化をする治療です。

いつまでも続く長期にわたって続くうつ病の看病。
わかります。
鬱病の夫の看病。
収入の問題があります。

 

精神科医も心理カウンセラーも何かしましたか?
何もしません。
休息をしましょう?
治療が必要です?
症状が進行すると治療をしているから?

すべてはクズ話です。
お金の無駄遣いです。

 

うつ病や統合失調症など精神病は存在しません。

クスリを売るためにつくられた話です。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

心理カウンセラーのカウンセリングも危ないです。

相談をするとやさしい、親身になって話をきいてくれる?

いいえ。

抗うつ薬(抗うつ剤)、安定剤、睡眠薬
向精神薬へ誘導しているのです。
そして高いカウンセリング代金の支払いの請求します。

 

 

うつ病の看病。体の血液に。

うつ病、統合失調症、不安症、不安障害、
パニック障害、コミュニケーション障害、コミュ障害など
精神病は存在しません。

最初の時は疲れたから
休めと体のほうで伝えているのですから
休めばいいのです。

 

しかし精神科医の向精神薬を飲むと
気分が上がる、らりってハイになります。
当然その後は落ちます。ダウンします。
ヤクがきかなくなりますから。

そして頭がおかしくなるのです。

頭から体に指令をだしています。
体にも異変がでます。

 

うつ病を治すには
この薬物依存症の治療もですが他にも

脳の回復
身体機能の低下の回復
不健康な生活を改善する
だらしがない生活習慣を治す、直す
自己中心的な性格を改善する
麻薬とわかっても言い訳をしては

向精神薬を飲み続ける甘えを治す、直す

体の血液にヤクが流れています。

 

 

まとめ うつ病の看病。

家族がうつ病の人を看病するのは
とても本人には心強いです。
支援、サポートがあると回復をするのに助かるのです。

問題は精神科医・精神科・心療内科の職員たち
心理カウンセラーのカウンセリングにあるのです。
治療で治るといっては治すことはできないで。
「病気とうまく付き合いましょう。」

詐欺の被害です。
死亡した人たちも多くいます。
これは殺人です。

 

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。