彼女がうつ病かも?別れたい?その前にすることがある!

 

もし愛する彼女がうつ病だったら…

「彼女がうつ病かも」と心配して、

実際に彼女から「うつ病で精神科に通っている」と打ち明けられたとしたら…

あなたはどうしますか?

うつ病の彼女と別れたほうがいいのか?

彼女と結婚したいですか?

それとも別れたいですか?

 

向精神薬は覚せい剤・麻薬。

彼女は薬物依存症に陥っています。

 

「精神科に通って抗うつ薬を飲んでいる」限り、

彼女のうつ病が治ることはありません。

 

彼女と別れるのか、精神科に行くのをやめさせるのか、

 

この二択しかありません。

 

 

ここでは、うつ病になった、または、鬱気味・鬱っぽいかもしれない彼女に、

ぜひ伝えて欲しい大切なことを簡単にまとめています。

うつ病と話す彼女との接し方は精神科・心療内科にいくのをやめさせる。

 

「抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬」は恐ろしい薬であること。

「抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬」を飲み続ける限り、

「うつ病」が治ることはないということ。

 

また男性でしたら、
うつ病だけど彼女が欲しいと思うことでしょうが。

事実関係の自覚をすることです。

 

うつ病で彼女を作るのは非常識な自分勝手な

無責任な人がすることです。

 

薬物依存症ではすべての女性に相手にされません。

しかしこの事実を知らずにいれば

彼女ができることがあり

もし子供の妊娠、出産をしたら

子供は生まれたときから問題を抱え

発達に障害、奇形児になるおそれもあります。

 

また心理カウンセラーについても注意をしてください。

 

「うつ病」患者にとって、とても大事なことです。ぜひご一読ください。

 

 

彼女がうつ病かも?精神科・心療内科に行くのをやめさせる。

 

もし愛する彼女がうつ病だったら…あなたはどうしますか?

 

「彼女がうつ病かも…」と心配になり、思い切って尋ねてみたところ

「実はうつ病で精神科に通っている」と返事が返ってきたら。

あなたはどうしますか?

一生支えたいから、彼女と結婚したいですか?

それとも別れたいですか?

 

結論から言うと「精神科に通って、うつ病が治ることは無い」のです。

 

精神科・心療内科の抗うつ薬など向精神薬でなるのが
うつ病、統合失調症、パニック障害、不安障害、不安症など
精神病です。

精神病は精神医療業界の捏造話です。

 

精神病は薬物依存症です。

 

例えば

うつ病の彼女が浮気する。

うつ病の彼女と別れたくないけど

さすがに行動がおかしい。

 

うつ病の彼女と同棲するにしても大変そうだ。

 

メンヘラだからか?喧嘩にもなってしまい。疲れた。

うつ病という彼女と別れたい。

 

 

つまり、思い切って彼女と別れるか、

彼女が精神科に行くのをやめさせるか、

 

その二択しかないのです。

 

そして心理カウンセラーという存在。

心理カウンセラーが魔法でも使って問題をみつけて

治すことはないです。

できません。

 

例えば彼女が何かの犯罪に巻き込まれているとしたら

身に危険があれば
それは警察がすることです。

 

心理カウンセラーがするのは

「犯罪だから警察に相談にいきましょう。」

こう言うだけです。

 

心理カウンセラーがそういった

犯罪者を取り締まることはできません。

結局はカウンセリングでは愚痴を話して終わりです。

 

あげくに精神科医に行くように

あなたの状態は~だから症状は~

治療が必要だからと誘導をされます。

お金の請求をされて。

 

 

うつ病の治療で精神科に通っているということは、

医師から「抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬」などを

処方されているということです。

これらの薬で、うつ病の発症をして
うつ病の症状をより悪化させます。

 

しかし「抗うつ薬はとても良い薬だ!」と信じている人に、

「抗うつ薬は恐ろしい」と言っても、

「あなたはラりっている。」と言っても、

なかなか理解してもらえないかもしれません。

 

 

誰でもが辛いことがあります。

誰にだって気分の落ち込みがあるときがあります。

 

これは問題を抱えているので辛い。

またはほかにだらしがなくて

不健康な生活を送っている。

性格が自己中心的で自分の欠点を変えようとしないこと。

体に健康の問題を抱えている。

これらの問題点を解決するのが解決策で

治るのには課題です。

 

 

ここで何かの宣伝や精神科・心療内科のサイトをみて

騙すための嘘のチェックリストをしてしまい。

向精神薬などをしてしまうと

薬物依存症になります。

 

彼女を治すには

 

・もとから抱えていた問題の解決をすること。
・依存症の治療。

 

 

ここでは、抗うつ薬の恐ろしさについて、簡単に説明していきます。

 

精神科で最もよく処方される抗うつ薬は、

SSRI (選択的セロトニン再取り込み阻害薬) と呼ばれるものです。

 

うつ病患者に良く見られる重篤な症状に「自殺願望」があります。

抗うつ薬など向精神薬は「自殺願望」

を強める作用がある恐ろしい薬です。

 

薬を飲んだことによって、自殺したい気持ちが強まり、

実際行動に起こしてしまう。

そんな危ない「抗うつ薬」、絶対に飲んではいけません。

 

 

彼女がうつ病かも?魔の手から救出を。

 

彼女が「自分はうつ病かもしれない」と悩んでいるとき、

または「うつ病になったから、精神科で治療を受けている」と告白してきたとき、

どのように接すれば良いのでしょうか?

 

うつ病もですが様々な名称がある精神病。

 

彼女の救出をするのです!

 

うつ病?鬱気味?鬱っぽい?かもしれない彼女との接し方について、

以下で説明していきます。

 

「うつ病かもしれないから精神科に行きたい」と言う彼女には、

「精神科に行ってはいけない」とアドバイスしましょう。

 

「精神科に通っていて、向精神薬を服用している」と言う彼女には、

「向精神薬を飲んだのがうつ病の原因。

飲み続けたら、うつ病が悪化してしまう。

精神科医にも心理カウンセラーのカウンセリングにも

行ってはいけない」

 

と強くアドバイスしましょう。

 

 

精神科に通う患者は、医師に処方される薬がどれほど恐ろしいものか、

理解していません。

うつ病患者に処方される抗不安薬などの向精神薬、抗うつ薬、睡眠薬は、

劇薬で

脳神経に直接作用して、

コントロール不能な状況に追い込む恐ろしい薬です。

 

その作用は覚せい剤・麻薬と同じです。

ほとんどの人は、麻薬は脳神経に直接作用して、人格破壊をおこし、

強力な依存性があるため生涯やめられないことを、よく知っています。

ですから麻薬を売買すること、服用することは違法であり、犯罪行為なのです。

 

同じ作用がある向精神薬は、

売買しても、服用しても、罪に問われません。

 

「快楽のためではなく治療のために使うのだから、構わないのだ」

「そういうことにしておけばお金が儲かるから。」

 

ということでしょうか。

しかし、向精神薬が作用するメカニズムを知れば、

どんな人でも「麻薬と同じではないか、恐ろしい…

野放しにしておいていいのか?」と感じるはずです。

 

以下で、抗うつ薬、抗不安薬・睡眠薬の恐ろしさについて、

説明していきます。

 

現在主流となっている「抗うつ薬」は、

SSRI (選択的セロトニン再取り込み阻害薬) と呼ばれるものです。

 

「うつ病の主な原因は、セロトニンの不足である」仮説があるため、

「脳内の神経伝達物質セロトニンを増やす」作用がある

「抗うつ薬 SSRI」が一般的に処方されます。

 

 

「抗うつ薬 SSRI」がなぜ処方されるのか?

「セロトニンが不足しているから、うつ病なのだ。

セロトニン神経は元気を出す神経だ。

だからセロトニンを増やせば元気になるのだ」

という理屈で処方されるのです。

 

しかしセロトニン仮説も作り話で存在しない。

すでに明らかになっています。

そして

心身ともに重大なダメージを受けることは間違いありません。

精神科・心療内科の治療で治ると信じて続けていれば

治すのも改善するのもなく

過剰摂取で死亡をすることになります。

 

それでもまだ精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングを続けますか?

 

これを服用してはいけない、

わかりやすい例をご紹介します。

 

抗うつ薬 は、違法ドラッグと同じ。

 

ドラッグで元気になる、つまりハイになる。

 

嫌なことを見えなくしているだけ。

 

次に、うつ病患者に「抗うつ薬」と併せて

よく処方される「抗不安薬・睡眠薬」について、

説明していきます。

 

現在日本で処方されている「抗不安薬・睡眠薬」のほとんどが

「ベンゾジアゼピン系薬剤」です。

この薬は「中枢神経抑制剤」と分類されています。

脳や脊髄にある中枢神経の働きを抑える効果を持つ薬です。

 

「中枢神経?何?中枢神経の働きをコントロールしたら、

うつ病が治るわけ?何だか恐ろしい…」

その感覚は正しいです。

 

中枢神経を抑制すると何が起こるのでしょうか?

身体の動きをコントロールしている自律神経の働きを抑制することになりますから、

抑制が強ければ、心臓が停止したり、

肺の呼吸が停止するといった事態が起こり、

死に至ります。

 

服用後、心臓が停止したり、肺の呼吸が停止する可能性があります。

 

また、中枢神経抑制剤を使えば、

当然、精神や感情の働きにも影響が出てきます。

しかしその影響がすべて良いものであるとは限りません。

好ましくない影響が出てしまうことが多いのです。

 

これとは別にメラトニンの分布を増やす睡眠薬もありますが

これも使っていくうちに体に耐性ができてしまい

よけいに眠れなくなります。

 

害しかない「抗うつ薬」「抗不安薬」「睡眠薬」を飲んではいけません。

このことを覚えておいてください。

 

 

まとめ 彼女がうつ病かも?

 

「愛する人のうつ病の症状が良くなって、最終的には回復して欲しい」

誰もがこう願うのではないでしょうか?

 

その彼女が精神科医や心理カウンセラー、
精神科・心療内科の職員たち

詐欺師たちにいいように利用されている。

助けたいと思いませんか?

なら助けましょう。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

うつ病の発症、悪化の原因が
向精神薬
抗うつ薬
精神安定剤、抗不安薬
睡眠薬、睡眠導入剤にあると知ることが、

 

治る方法、治すために
回復へ行動をする最初の第一歩です。