うつ病の時は顔の表情がおかしい?覚せい剤の使用者だから。

うつ病の時の顔の表情は・・・覚せい剤・麻薬の抗うつ薬によるもの。
薬物で様々な悪い影響があるのはよく知られていることです。
精神の異常がでる、情緒不安定になるなど。
あなたも辛いことがある。
しかし精神科医がするのは覚せい剤・麻薬で
らりってわからなくするだけです。
次にはヤクがきれてダウンします。
これでうつ病になります。

 

抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤、向精神薬
成分は麻薬そのものです。
頭痛薬などを飲むのとは違いとても危ないのです。

 

うつ病?顔の表情ではあなた自身も

鏡で自分の顔をみてわかっているでしょう。

治らない似非医療です。

 

これだともともとの
あなたが抱えている問題はなくならないのです。

 

 

うつ病の時は顔の表情がおかしい?薬害で肝臓病、腎臓病。

顔つきがおかしいと。

うつ病の顔の表情というのは薬害です。
顔色、体の色が
黒い、黄色い色に変わった。
これは腎臓病や肝臓病になる前か
すでに腎臓病や肝臓病になっています。

 

診断といっても実にいいかげんです。
てきとうに話をして

 

「ああこの人は気分が落ちているのか、じゃあ覚せい剤で上げるか。」

 

これだとあまりにもクズすぎてでたらめなのがばれてしまう。
もうちょっとそれっぽく見せられないか?
いいのがないのだろうか?
それで意味不明のうつ病の人が好む色だったり
セロトニン仮説だったり
脳内物質のバランスがとか
作り話があるわけです。

 

うつ病の人でうつ病だからなのか?

顔の表情が違うと
自分で気づいたらまだいいほうです。

 

うつ病の時は顔の表情がおかしい?放置をすると死んでいく。

気づかないでいるひとたちも多いからです。

その場合はやはり死んでいくことになります。

みんな死んでいきました。

 

鬱といっても最初にあるのは
うつ病とはいえない。

落ち込んでいる。
気分の低下。
やる気がしない。
イライラする。
疲れている。
など。

 

これは病気ではありません。

嫌な感情です。
問題があるのを知らせている。

 

しかしこのあとに精神科医の治療を

治るといわれてしまい
薬でなるのがうつ病などの精神病です。

顔の表情がおかしい・・・この段階で気づいて
治る方法をするのがいいのですが。

 

うつ病の時は顔の表情がおかしい?人生台無しに?再出発?

わからないままに。

臨床心理士も精神科・心療内科の職員たちも
クスリで治ると病気だからと売るだけ。

高い支払いをしても
何もしないのです。
そしてヤクを売るだけのクズです。

しかもお金の無駄遣いでは済まないで
命までも失うことにもなります。

人生台無しになります。

 

人生の再出発をするには
ここであきらめないですることです。

 

もちろんこうしたクズたちと決別が必要です。

 

自分も顔の表情がおかしい・・・思っていました。
カメラやスマートフォンで写した自分の顔の表情の画像。

やはり顔つきがおかしいけどわからない。
しかし治すには治療が必要と診断でもいわれる。
クスリを飲み続ける。

しかしそれは禁断症状を抑えるため。

 

うつ病の顔にある特徴なのはこうした詐欺が背景にあります。

 

目がおかしい。
白目をむいている。
目が浮いている。
うつ病で?目つきがおかしい。
うつ病なのか?無口で無表情。

うつ病で?行動がおかしい。

 

うつ病の行動パターンで何か変だなと思うのは
薬物が原因です。

 

 

まとめ うつ病の時は顔の表情がおかしい?

うつ病という人には支えがあるといいです。
嬉しい言葉をかける。
応援はできます。
それが心強いです。

 

そしてそれにはあなたが実際に行動に移すこと。
やらないでクスリに溺れているままでは
周囲の協力も支援も得られません。

 

減薬に断薬も必要ですが
それよりも大事なのは自分自身にある
問題点を直す(治す)ことです。