うつ病の浮き沈み。精神科・心療内科の魔の手が理由。

うつ病の浮き沈みは抗うつ薬など向精神薬が原因です。
浮き沈みが激しいのは薬を飲んでしばらくしてから。
うつ病も最初は軽かったのが重くなっていくだけで。
最初は麻薬の向精神薬で気分は落ち込みからよくなります。
しかしヤクがきれます。
その後は気分がダウンし落ち込みは

最初よりもひどくなります。
うつ病の重症化、気持ちの浮き沈みはこうしてなります。
そして依存症にもなります。

依存症があると精神科医からの説明はありません。

 

自分の抱えている問題をなくすのが必要
悩みをなくすのが必要。
クスリではできないことです。
話が違うことになっているのです。

 

 

うつ病の浮き沈み。善人のふり。

クスリをするのと悩みは関係がありません。
人の弱みに付け込んだ詐欺師なのが
精神科医、心理カウンセラーのカウンセリング
精神科・心療内科の職員たちです。

ヤクを売るだけです。
善人のふりをしてだます犯罪者、詐欺師です。

うつ病になるのが精神科医によって。
そして浮き沈みの症状も。

 

自分も精神科・心療内科の受診をする治療を始める前は
通院後よりもまだよかったです。
向精神薬で治ると精神科医も職員たちも心理カウンセラーも
いうのですが治った人がいない。

うつ病になり浮き沈みもひどくなるのが

精神科・心療内科で行われていることです。
動けない体調にするだけです。

自分もバカだったので
気づかないままに向精神薬漬けになってしまいました。

 

いつも体が重い。
おかしい・・・
うつ病がひどくなっていっている。
浮き沈みもひどい重い。
症状が悪化している。

 

 

うつ病の浮き沈み。話がおかしいことに変わり。

精神科医に相談をすると

おクスリの追加をします。
強さがより強いのに変えます。
症状が進行したからです。

など
今思うと依存症になり
そのたびに追加、強さが強いのにしていくだけ。

 

もともと悩みがあって精神科・心療内科にいったのが
薬物依存症にさせられたのです。
うつ病も浮き沈みも薬物でなる依存症。

治療という話がクズでおかしいのです。

医療で治るものではなく
医療がすることではないです。

 

しかも関係のないクスリを処方されてしまって

うつ病といえなかったのが
ネガティブな感情だったのが
うつ病になる。

浮き沈みもひどくなっていく。
浮き沈みの波がひどくなっていく。

不安感もでてくる。
不安症?不安障害?

らりっていただけです。

話が変えられるのです。

 

悩みがあるからどうにかしたい。
解決したい。
そして精神科医も心理カウンセラーも

 

「一生おクスリは飲み続けるものです。」

 

らりって嫌なことを忘れるのを続けるだけ。

 

心理カウンセラーのカウンセリングも
お金の無駄遣いだった
高いお金を支払っても何もできない。
薬へ誘導するだけ。

 

 

まとめ うつ病の浮き沈み。

精神科・心療内科でしているのは
人の弱みを利用してだますこと。
治るといっては麻薬を飲ませて動けない状態にする。
動けないのでさらにクスリを追加していく。
安全なおクスリ?
そして物忘れに認知症
頭がおかしくなる。

死亡。