薬でうつ病になり休職に追い込まれ期間満了へ。完治をするには?

精神科医のクスリは白い粉と同じ成分です。

うつ病になる原因は抗うつ薬です。

 

元からのはこれとは別の理由があります。

 

詐欺ですから

 

治療の期間が長いのです。

 

いつまでも治らないのは薬害です。

 

定期的に患者が来るのを維持する

 

詐欺のビジネスモデルです。

 

これは残念ながら

 

私たちは騙されています。

 

 

本日はこうした詐欺のビジネスモデルの被害、

そこからどうしたらいいのか?

 

についてお伝えします。

 

 

鬱病の診断から始まる。期間の平均はない!

 

僕もだが仲間たちも完治を果たした。

 

正直なところ楽ではなかった。

 

本当に大変だった。

 

 

鬱病の被害は粉。

 

使用者がどうなっているのかを

 

思い出しましょう。

 

 

これで体調の悪化をし

 

休職に追い込まれる。

 

 

うつ病が治るまでの期間の平均はない。

 

実際には存在しない嘘話。

 

 

 

あの彼が・・・

 

ある日のこと

 

わめきだした。

 

 

いきなりわめきだした。

 

 

うつ病の期間がのびていき

 

もう頭がおかしくなり

 

彼の頭をあちこちにたたきつけ始めた。

 

 

 

わめきながら

 

彼は自分の頭を打ち付ける。

 

 

そして・・・

 

彼はどこかの閉鎖病棟に入院した。

 

 

 

そのまま戻ってこなかった。

 

 

おそらくもう死んだのだろう。

 

 

最初のころの彼は

 

 

もっと違っていたのに。

 

 

寛解をしたから

 

仕事に社会に学校に復帰をしていっても。

 

 

一時的なことで忘れているだけなので

 

また大変なことになります。

 

 

自分もそうだったのですが

 

あそこでは

 

 

誰も治った人がいないのです。

 

うつ病の期間は

 

実はクスリで長くなります。

 

 

これはらりっているだけ。

 

おクスリの追加になります。

 

期間延長をして

 

しまいには退職になります。

 

 

うつ病は捏造された定義。失業保険に傷病手当金は一時的。障害年金に追い込まれ。

 

精神科・心療内科を信じないこと。

 

 

診断書を毎回毎回

 

うつ病ということで提出。

 

自立支援医療などの。

 

失業保険も傷病手当金、も

 

一時的です。

 

うつ病もだが

 

精神疾患の定義そのものが

 

 

作り話。

 

 

 

そして薬害で

 

体が動かない

 

出社しても

 

クスリで頭がおかしくなるので

 

仕事ができない。

 

 

自身の喪失をしてしまい。

やる気もなくしてしまい。

 

ここで臨床心理士のカウンセリングで

相談しても

 

 

障害年金をすすめられるだけ。

 

 

何もできないのです。

 

 

彼女は・・休職届から1ヶ月。悪化が始まるうつ病。

 

彼女がすごかったのは

 

最初から疑いを持っていたこと。

 

 

休職届の提出をしてから

 

体調の悪化が始まる。

 

最初の1ヶ月はあれで

 

ラりっている状態だったが

 

当然アレはきれる。

 

 

彼女も大変な目にあったが

 

 

最初から疑っていたので

 

 

僕がうつ病はないもので詐欺と

 

事実関係を伝えると

 

 

「やっぱり!」

 

もうわかっていた彼女。

 

キッパリと詐欺師たちと決別。

 

彼女のように

 

クスリは害で

 

精神科医も臨床心理士も頭がおかしい。

 

 

精神科・心療内科の職員たちも狂っている。

 

 

このことの認識をすることから。

 

 

認識ができずに

 

 

「先生」と呼んでいる限りは

 

 

断薬も治るのも無理なことです。