うつ病のきっかけは薬で。仕事ができない体に。復活は意外な方法で。

うつ病のきっかけは精神科・心療内科の薬です。

成分はあの危険な粉です。

落ち込みがある状態に
これで気分を改善すると次には大変なことになります。

今日は自分のみっともない体験もあえてお伝えします。

復活をしたいあなたも今はそうであるように。

そしてうつ病の原因となり発症をします。

 

治るといわれて飲み続けている

その粉がうつ病になるきっかけです。

 

実は最初はうつ病ではないのです。

その後の病院で診察でうつ病と診断があり

病気ということで治療がはじまりなるのが

うつ病のきっかけです。

 

失恋もして。あれは周囲からも頭がおかしい異常者と思われていた過去。

自分が失恋をしたあの時。

周囲からの接し方も
異常者扱いでした。

頭がおかしいから嫌われる。

今から思うと復活をしたからわかるのは

自分自身にも反省すべきことがあった。

 

さらに精神科医や臨床心理士に騙されて粉までしてしまって。

 

見た目からしてもひどいことになっていた当時でした。

あれでは異性にも相手にされない。

 

 

「自分はうつ病にならない」そう思っている方は決して少なくありません。

うつ病のきっかけというのは

実は抗うつ薬、向精神薬でなります。

そして眠れなくなる。

睡眠薬の処方も。

そして眠れない、早朝覚醒、中途覚醒、不眠症。

精神安定剤もあり。

頓服も追加されて。

 

これはうつ病のきっかけというよりも

粉のやりすぎです。

あれの使用をしていけば

こうなるのは有名な話です。

 

それを何かいいものといわれてしまい

飲み続けているのです。

 

「嫌なことがあるのをあれを使いわからなくなっている。」

 

とても危ないことです。

 

ストレスが原因のひとつにあります。

気の持ち方一つでどうとでも捉えられるような、

そんな病だったのです。

 

学校だったらいくのをやめる。

通信制もある。

仕事、会社だったら転職をする。

近所に嫌な人がいるなら引っ越す。

 

この精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングでは

失恋をしたのもうつ病にします。

 

失恋だったのが

おクスリで?

そしてクスリがきっかけでうつ病に。

 

看護といっても薬漬けにしているだけの実態。学校にも行けないで。

あそこでは寝たきりになり

看護をするといっても向精神薬漬けにしているだけです。

若者たちも大勢が被害にあっていて

学校に行けないで苦しい日々をみんなが過ごしていました。

 

薬害で体調が悪くなると寝たきりになり

看護をする人も必要になる場合もあります。

 

「うつ病になるきっかけはないのですね?」

 

そうといえます。

 

精神科・心療内科・心理カウンセラーのカウンセリングに

いかなければうつ病にはなりませんから。

 

したがって、自分は心が強いと思っている人ほど、

自分はうつ病になんかならないと思いながら日々を生き、

テレビやネットでうつ病についての話題が出ると、

自分は大丈夫と思いこんでいます。

しかしこのうつ病、本当に些細なことがきっかけとなり、

誰にでも症状が出てくる可能性があるというのを

ご存知でしょうか。

ここではそんなうつ病のきっかけになるようなことについて、

ご紹介していきます。

 

病気。うつ病のきっかけは自作自演だった。

精神の病気。精神疾患はないのです。
うつ病は自作自演なのです。
薬を売るためだけのつくられた病気なのです。

 

まずうつ病のきっかけとなり得る要素について簡単に紹介すると、

うつ病の前に

「気分の落ち込み」が

スタートラインとして存在しています。

例えば失恋をしたり、重めの病気になってしまうと、

人間の心というのはどうしても落ち込んでしまうものです。

喪失感であったり、

これからの人生に対しての不安などが頭の中を駆け巡ってくる状態になると、

気持ちも落ちてしまいますし、

その落ち込みが病気の症状のように体にでてくることもあります。

 

こういったのはうつ病のきっかけではないです。

 

ここで注意をしないといけないのが、

決してこれらの症状が出ているから

うつ病になっている、きっかけになっているわけではないということ。

うつ病というのはこれらの症状が出た後に

どう動くかによって発症するかどうかが決まるのです。

 

気持ちの落ち込みが起こった後にうつ病になるきっかけ。

 

それは

抗うつ剤や向精神薬を病院で

処方してもらうことにあります。

気持ちの落ち込みやそれが原因となる体調の変化が長引くと、

人というのはどうしても不安を感じ始めます。

その時に心療内科や精神科、メンタルクリニックといった場所で診察を受けると、

ほとんどの方が「うつ病です」と診察を受けます。

これがうつ病になるきっかけ。

 

こういった状態になると、

今まで何事もなかった自分が急に病気になったと思うショックで

更に落ち込みや症状は悪化します。

そしてそこに追い打ちをかけるように症状をひどくするのが、

抗うつ剤や向精神薬です。

 

これらの薬というのは、

人間の体にとって非常に悪いもので、

劇薬を使用して脳の働きを過剰に高めたり時には低下させたりと、

本来人間にとって起こり得ない状況を作り出します。

 

そうすると体は一気にパニックを起こしたような状態になり、

うつ病の症状として知られる食欲の低下や不眠、

活動意欲の低下などが体に現れるようになるのです。

 

したがって、うつ病というのは体にとっては別段おかしくない状況が

発生している時に、薬の力によって無理やり

おかしい状態を作り出してしまうことにより、

うつ病のきっかけになってしまうのです。

 

生還するには?うつ病のきっかけはやらせだった。恋愛でも被害が。詐欺師たちの魔の手から。

 

うつ病のきっかけはやらせなのです。

自分もだったのですが恋愛でも多大な被害を生み出している

詐欺師たち。

彼らは見た目は親切そうでいい人に見えて

理解してくれるように嘘を平気でついては

詐欺をしているのです。

 

仕事が復職、社会に復帰をするには意外な方法があるのです。

詳しくはこちらです。

 

うつ病から生還をして仕事も恋愛もするには?

 

 

仕事や恋愛、病気といった落ち込みやすい環境を作りやすい諸々の要素は、

うつ病のきっかけとなり得ます。

そしてこれらのトリガーに指が掛かった状態で、

抗うつ剤や向精神薬を使用することにより、

これまではただの落ち込みだったものがうつ病に変異してしまいます。

 

こういった状態になると、薬の作用で眠くても眠れなくなってしまい、

睡眠薬を使って無理やり眠らないといけない、

といった負の連鎖に陥ってしまい、

止まらなくなります。

こういった状態、体にとって良いか悪いかで言えば

100%悪いとしか言えない状態です

 

そのため、うつ病になるきっかけから身を守るためには

「どうすれば落ち込みを落ち込みのままで済ませられるか」

というのを考えてあげる必要があります。

 

落ち込みを落ち込みのままで済ませる最も簡単な方法としては、

抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬といった薬を使わないという方法。

つまり「病院に行かない」という方法です。

 

そもそもうつ病になるきっかけが薬にあるのなら、

薬を使わないようにしてあげるのが一番良い方法といえます。

 

 

しかしこういった方法の場合、

どうしても落ち込んだ気分が改善しなかったり、

体に出てくる落ち込みの症状が治らなくて

辛いと感じる方もいることでしょう。

そんな方は、毎日の生活で少しずつこれらを改善していきましょう。

 

失恋に関する落ち込みをよく考え、

どういった理由で落ち込んでいるのかを特定する。

自分が住んでいる家に失恋相手がよく来ていたのなら、

いっそ引っ越しをして環境を大きく変えるというのも良い方法です。

はたまた仕事のミスや理不尽な怒りをかった事が原因にあるのなら、

ミスをこれからしないように考えた上で過去のミスは忘れる。

怒ってきた相手のところに本当に怒るべき相手を連れてくる、

といった方法も落ち込みを改善していく良い方法だと言えます。

 

原因を探すのはいいのですが

それよりもどうしたらよくしていけるのか?

解決をするには?

原因探しもいいのですが

それよりも解決策探しです。

 

原因があるからと考えていても

なにもしないままだと何も変わりません。

 

 

また、落ち込みや体の不調を改善する時におすすめの方法として

「非日常を意図的に作る」という方法もあります。

仕事をしていると、

どうしても毎日の生活がルーチンワークのようになっていきます。

こういったルーチンワークが続いていくと、

毎日同じタイミングで同じような落ち込み方をしてしまったり、

気分を変えることも難しくなります。

ここでなにげなくみた広告などで

ついつい軽い気持ちで精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングが

うつ病のきっかけとなります。

 

したがって、週末などのまとまった時間が取れるタイミングで

意図的に普段はしないことだったり、

日常を忘れられるような事をしてみるとよいでしょう。

 

普段自炊をしないのであれば、

週末1日1食だけでも良いので自炊をして

気分を変えてみるというのも良い方法ですし、

お金に余裕があるのなら毎月1回どこかに

小旅行に行くというのも良い方法です。

こういった「ちょっとした非日常」を生活の中に取り入れていくことで、

落ち込みやそれが原因となる体調の悪化が

みるみるうちに改善されていきます。

今まさに落ち込みが原因で体調が悪化しているという方は、

こういった方法での改善を考えてみると良いでしょう。

 

 

うつ病のきっかけはどういったことが理由で発症するのか、

どうすればうつ病のきっかけから身を守るのか、

 

といったお話をここまで簡単にしてきました。

うつ病になるきっかけというのは非常に身近になってしまいましたが

 

 

しかし現在うつ病であると言われ、

治療がうつ病のきっかけとなり

大多数が抗うつ薬、抗うつ剤といった向精神薬を使用。

症状が大幅に悪化していき睡眠薬や精神安定剤、頓服薬。

頭痛に下痢に便秘も。

物忘れも。

 

向精神薬漬けの生活を過ごさざるを得ない状態となっています。

 

そのため、うつ病を治療したいのであれば

うつ病のきっかけは薬とわかること。

 

そして今まだうつ病にはなっておらず、

気分の落ち込みなどが現れているだけの人であれば、

日々の生活を見直してみるなど、

毎日の生活から変えていくのが非常に良い選択だと言えます。

 

気分の落ち込みや変動というのは、誰にだってあるものです。

しかしそこでより自分にとって良い選択が取れるのか、

はたまた薬漬けの辛い生活を送る羽目になるのかは、

本人の選択次第です。

毎日を大切に過ごしたい、自分自身を大切にしたい、

そう考えているのであれば、ぜひとも病院に行かずに毎日を見直していき、

よりよい生活が過ごせるような方法を考えてみてはいかがでしょうか。