うつ病で記憶があいまい?実は毒の薬で大変なことになっています。

うつ病の治療で記憶があいまいになります。
抗うつ薬などの向精神薬は覚せい剤・麻薬です。
うつ病で記憶があいまいになるのではないです。
他にも精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤というのも
同じです。

うつ病というのはないものです。
ストレスを感じたから気分の悪い。
調子が悪い。
しかしこうしたのは感情です。
これでうつ病で記憶があいまいになるわけではないのです。

 

うつ病で記憶があいまい?大変なことになります。

問題があるのを知らせているので適切なことで治るものです。
しかし精神科医が治すという話で抗うつ薬を飲み続けている
最初は気分がよくなるものの
体に耐性ができて、きかなくなります。
そしてヤクがきれます。
うつ病で記憶があいまいになります。
大変なことになります。

 

うつ病で記憶があいまいになり
記憶低下もですが
双極性障害、躁うつ病、
パニック障害、不安症、不安障害など。
こうして併発もしていきます。
脳にダメージをおうので

しまいには記憶が抜け落ちる。

仕事ができない。
記憶障害になります。
働けない状態にもなります。
学校に行けない被害も相当数あります。

精神科医とはクズなのです。

精神科・心療内科に通院をして
受診、診断、治療を続けていると
うつ病ではなく薬害で記憶があいまいになります。

 

うつ病で記憶があいまい?薬害で物忘れ。

うつ病なのかわからなくなり。
おかしくなるので思い出せない状態にもなります。

うつ病ではなく薬害で物忘れがでてきます。

精神病というのは存在しません。

顔つきも依存症の顔つきになります。

実際に見るとすぐにわかります。

あきらかに違うのです。

 

認めたくない?

そう思いたいのもわかります。

しかしいいのでしょうか?
うつ病で記憶があいまいなのは
まだいいほうです。

しかしそういっていて
最後はみんな死んでいきました。

薬の過剰摂取で死亡したのです。

 

うつ病の治療というので顔つきがおかしい。
顔の色が悪い。
うつ病が治る方法という治療で記憶があいまい。
この段階ではまだ間に合います。

 

うつ病で記憶があいまい?記憶があいまいでは済まない。

もちろんうつ病など精神病はないです。
依存症に陥り忘れっぽいのです。

臨床心理士もクズです。
高いお金の支払いをしても
することはでたらめです。
それもそのはずで。
彼らはあなたと同じ経験をしてません。
わからないのです。

あとはそれっぽいことで助言するといっては
症状があるから
病気だからと
精神科医の治療を受けるようにと、言うだけです。
うつ病で記憶があいまいになるのを一緒にしている
共犯者です。

 

うつ病のためという似非医療で記憶があいまいなのも
記憶障害がでているのは治るのです。

そしてそのまま放っておくと
うつ病で記憶があいまいでは済まないことになります。
認知症、アルツハイマー病、パーキンソン病。

 

うつ病で記憶があいまい?本人次第。

ここでうつ病の治療で体調が悪い。
記憶があいまいの段階でまでで
考え直して
治す方法が間違いで
発症をして悪くなる原因だと
自覚をすることからです。

ここでそのまま精神科医や臨床心理士を少しでも
信じていると取り返しのつかないことになります。

うつ病という名称、診断名を忘れることです。
精神病とはないのです。
詐欺にあってしまい記憶があいまいなのです。

しかしまだいいほうです。
詐欺の被害では軽いほうです。

本人次第です。

治すのは?
死ぬのか?

かわりにする人はいません。