うつ病、気力がない。騙され。精神科・心療内科で。

うつ病が回復しない、そして気力がない、気力喪失は
向精神薬が原因です。
成分は麻薬です。
抗うつ薬、精神安定剤、睡眠薬も麻薬です。

 

気分が晴れないなぁで精神科・心療内科にいってしまい
そこで劇薬の処方を

「これで改善するし治るのでもう大丈夫です。」
「安全なおクスリです。」

 

そしてその場はたしかに気分が上がるのです。

その後はきれるのでがくんと落ち込みます。

これがうつ病です。

 

うつ病が治ると精神科医を信じてそれが必要な治療
心理カウンセラーもいいますが。
これはクスリへの誘導をしているだけです。

 

抗うつ剤(抗うつ薬)が原因でうつ病になる、
気力の低下、薬害なのです。

 

自分もですがうつ病で病院に行く気力ですらない日々になり。

気力と体力に悪い影響があります。

身体機能の低下をする害も薬にはあります。

そして運動不足、食欲が増える、減る
異常な形で、太る、痩せる。

今では気力の回復はしましたが。

 

うつ病を治すにはどうしたらよいのか?
よく知らない人たちが

うつ病は気力で治すとてきとうなことを

他人事で話しています。

あなたは相手にしないでください。

 

鬱病になると気力喪失。

いつまでも治らないで

そして自信を失う。

劣等感を持つことにもなる。

 

しかしそういった原因がわかり
自由になれたら?

治るのです。

 

 

うつ病、気力がない。自信も失う。

うつ病の人たちに共通している特徴には
うつ病が治る、抗うつ剤(抗うつ薬)、向精神薬で。と

しかしもともとはうつ病ではないのです。

嫌な感情なのです。

 

何か体の調子が悪いらしい?

精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)に

思い込まされます。

 

うつ病になると
気力がないという問題もあります。

体力の低下も。

そして、そういった状態が続くので

自信も失うことにつながるのです。

 

しかし病気ではないです。

依存症です。

そしてもともとある問題もあります。

断薬をしただけでは治らないのです。

 

だらけていたり
自己中心的だったり
文句・不平、不満ばかり。
他に責任を転換する。
他がしてくれる?

など甘え。

 

それと依存症。

 

抗うつ剤(抗うつ薬)でなるのです。

抗うつ剤(抗うつ薬)でうつ病が治ることには関連性がありません。

 

うつ病になると、本当に大変です。
先が見えないし気力がなくなる。

自分のときも、

あれは、本当に地獄でした。

 

それでしばらく治療をすれば治るのならまだいいですが

「誰も治った人がいない。」

 

そして詐欺。

 

治った人になってわかるのは

当時は

「このままなのだろうか?」

 

精神科・病院やデイケアで患者たちが揃って言っていたのは、

「うつ病は治らないもの。」
「よくて改善するだけ。」
「改善すればよいほう。」

 

全員がこう話していました。

これは精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングで
クズ話を信じてしまったからです。

 

そして自分もそうなるのだろうか?

あの絶望感はすごかった。

 

 

うつ病、気力がない。絶望感も。

当時、うつ病にさせられて
気力もなくなり。
希望が見いだせずにいました。
絶望感からも
気力が湧かない、やる気が起きない状況でした。

 

うつ病が治る抗うつ剤(抗うつ薬)でと騙されます。

うつ病と診断があり精神科医と心理カウンセラーに騙されて
病院、精神科、心療内科の治療を受けていても悪化するだけで

自信を失う日々。

絶望感。

何もよくならなかった。

うつ病が治る?
気力がなくなっていく。

抗うつ剤(抗うつ薬)で?

治療と言われて抗うつ薬、睡眠薬、安定剤などの
向精神薬を飲み続けた。

 

しかし、うつ病も気力の低下も悪化し続けました。
身体がボロボロになっていった。

 

うつ病が治るのとは程遠い状態になりました。
そうしていくうちに絶望感は増していった。
希望もない。負の連鎖でした。

 

周囲を見れば
「誰も治った人がいない。」
「全員が悪くなっていっている。」
「死者も続出して。」

 

しかし治す詐欺だったとは。

 

 

うつ病、気力がない。周囲の理解がない。

うつ病になったからわかるのは
周囲の理解がない。

そんなのは気のせい。

という扱いであった。

うつ病は気力で治すものといった

でたらめないいかげんなこともよく言われた。

 

治った後でわかるのは

ラりっている人は危ないからみんなが嫌がる。

 

うつ病、精神病に対する偏見、差別は
実際には薬物依存症に対するもの。

これだと偏見をもたれる差別をされる
理解されないのも
されても仕方がないこと。

してはいけない麻薬をしてしまったのだから。

 

うつ病が治るものと投薬治療で
抗うつ剤(抗うつ薬)を飲み続ける。
しかしこれが原因でうつ病も気力の低下もなるのに。

そしていつまで経っても治らない。

うつ病は治った人がいない。

 

こういったことから絶望感に陥る。

 

あなたもそうだと思うが、

これは辛いことである。

しかし同時に少数だが理解してくれる人もいる。

本当に少数。

 

うつ病の特徴は依存症。

うつ病が治ると思っていたのが
いつまでたっても治らない。

気力がわかない。

 

これには理由がある。

 

依存症はそうとして

 

元々の最初から抱えていることでも
明らかになっていることで

 

簡単に言えば 「脳の機能が落ちているから。」

 

この脳の機能を回復すれば、脳は正常に戻る。

しかしながら、精神科、心療内科での治療というのは
うつ病が治ることではなくて
うつ病にして治らないようにすること。
そして依存症にするだけ。

 

この脳の機能を回復することをしていない。

心理カウンセラーもだらしがないのを助長するだけだった。

精神科での治療というのは
機能が落ちている脳に対して、
危ない麻薬を打ち込んで
人工的に気分を上げたり下げたりすること。

 

そしてしばらくすると大変なことになっている。

しかも知らされないままに。

 

そして説明は

うつ病ですから。
症状が進行しました。
併発をしました。
双極性障害、躁うつ病です。

薬物で
ラりっているだけ。

 

 

まとめ うつ病、気力がない。

うつ病を治すには
事実関係の把握をする。

そして精神科・心療内科もクズだと

自覚をはっきりとすることから。

 

うつ病は治る。

 

よくある話が
仕事を減らしての社会復帰が限度で。

色々な制約がついたままでないといけなくなる。

 

こういったのは、

・よくなった。
・改善する。
・治った。
・完治。

とは言わない。

 

残念ながら

クスリで体調が安定しているからと思ってしまって

依存症で仕事に復帰をしても

きれるので
うつ病という依存症の再発。

気力もなくなり。
廃人になり。

 

自分はおかしいといつも考えていた。

そういうのは医療とは言えないからだ。

 

うつ病から自由になれないのは、

精神科・心療内科、心理カウンセラーのカウンセリング・デイケアなどに
通院をしているから。

 

そしてそのままズルズルと

慣れてしまう。

そして逃げで
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、
睡眠薬、睡眠導入剤、向精神薬。

 

こういうのをしている限りは、

薬に頼ってしまい、いつまで経っても

自由にはなれない。

 

うつ病が治るのは方法はあるがするのはあなた。