うつ病で孤独。精神科医に毒を盛られて追い込まれてしまい。

うつ病で孤独になるのは
実は体調の悪化が続いて社会との交わりがなくなるからです。
精神科医に騙されてしまい覚せい剤・麻薬の向精神薬漬けになってしまい
こうした向精神薬が原因で孤独感も強くなります。
精神が不安定になり不安感が強くなります。
情緒不安定になります。
最初に問題があって困ったあなたに
感情も辛いし気持ちも乱れている、落ち込んでいる。
しかしここで間違ってしまい精神科医の治療が原因で
うつ病というのになり、孤独感も強くなり。
精神科医の対処は覚せい剤・麻薬を抗うつ薬として
精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬(睡眠導入剤)
向精神薬でらりって忘れさせるだけです。

 

うつ病で孤独。精神科・心療内科が原因で社会とかかわりがなくなり。

そして動けない、働けない。
学校に行けない。
仕事ができない。

社会とかかわりがなくなります。

そして知り合いや友人とも関係がなくなり
孤独になります。

うつ病にもさせられてしまい。

 

精神科・心療内科の受診をしてしまったために
孤独にもなり。
寂しい状況に追い込まれてしまうのです。

うつ病での孤独感に不安。

そうしたあなたが弱ったところに

精神科医や職員たちが
デイケアの利用をすすめます。

しかしいくら支払っていますか?
保険を適用して窓口での負担が減っても
税金から支払われているのです。

 

うつ病で孤独。依存症で辛い。体調が悪化。

精神科・心療内科のサイト、ブログで
いいイメージがありますが
これも広告、宣伝です。
実態は違います。

薬で孤独感も強くなり。
不安感も。
不安症、不安障害の併発。
パニック障害も。

うつ病というのはストレスが大きくかかわっています。
そして泣くといったのも感情です。
病気の症状ではありません。

 

これにうつ病や統合失調症、精神病とレッテル張りをしては

病気だからと治療が必要で治るとだますのです。

そして依存症になります。

体調が悪化。
依存症で辛い。

そこに精神科医が

改善するには
おクスリを追加する。
強さが強いのにする。

これで一時的には症状がおさまっても
次にはまたヤクがきれて。

こうして頭がおかしくなるのです。

 

うつ病で孤独。周囲からは頭がおかしい人と思われて避けられる。

うつ病での孤独感もですが
こうした詐欺の被害を克服をするには

精神科医との決別が必要です。
そして臨床心理士もです。

臨床心理士も治療と称しては治すとだましては
精神科医への誘導。
薬への誘導をするだけのクズです。

精神科・心療内科の職員たちも甘いことを言ってきます。

 

こういったクズたちと決別をすることです。

精神病というからわからないのですが。

結局は体調不良です。

 

劇薬を飲み続けていると

独身のままで
結婚もできないで
孤独で一人暮らし。
寂しい。

 

さらにうつ病?依存症で顔つきがおかしくなる。

うつ病の診断もクズ。

周囲からは
うつ病の人がとる行動はおかしい人と思われてしまい。

 

まとめ うつ病で孤独。

社会からのこうしたことにより
精神科医や臨床心理士のクズによって

鬱病になり。
孤独感が半端ないことにさせられてしまい。
辛いことになります。

会社にもいけない。
家族からも嫌がられる。