うつ病は薬害!子供の症状は依存症。大人が子供に戻る理由は?

うつ病は抗うつ薬に原因があります。

成分はあの白い粉。

症状はこれです。

今日は子供への影響。
そして大人が子供に戻る理由をお伝えします。

 

精神科医はこうした弱みに付け込む。

 

薬を売るだけのクズです。

 

臨床心理士もこうした危険物へ誘導を

 

するだけです。

 

 

 

他には

家庭環境が悪いこと。

 

子供は両親を見て学び育ちます。

 

子供の声に耳を傾けましょう。

 

 

うつ病は薬でなる。子供への接し方を見直す。

何か魔法のように薬をして解決ができる?

 

そういった考えを変えることです。

 

 

甘い話、罠です。

 

 

詐欺行為の被害とは別にあるのは。

 

家庭。

 

子供との接し方を見直すことです。

 

 

 

うつ病の治療を子供の頃から

 

受けていると

 

 

当然脳にダメージを負います。

 

 

知的障害者の併発をするのです。

 

 

子供だけではなく大人がしても。

 

 

子供に戻る。うつ病という詐欺で。子供に返り。

子供に戻る。

 

これも間に合ううちに

 

精神科・心療内科と決別をすることです。

 

 

うつ病は薬害。そして別に具体的な治し方はあります。

 

 

うつ病詐欺です。

 

頭がおかしくなるのです。

 

思考力が低下します。

 

 

使用者を思い出すとわかりますよね?

 

 

例えば彼は子供に返り。

 

奥さんが母親のようにしていました。

 

 

クズたちは

 

「親がうつ病だったかもしれません。」

 

「父親のうつ病が子供のころから影響しているのかもしれません。」

 

「子供の頃からなにかあるかもしれません。」

 

 

しかしこれでするのは

 

薬。

 

 

そしてカウンセリングでも

 

それっぽいことをするだけで

 

具体的には何もわからないでできない。

 

 

テレビなどのドラマのようなことはありません。

 

 

広告です。

 

 

特別な能力があって

 

 

魔法を使うわけありません。

 

 

 

付き添いで行っていた家族も

 

治療と言われてしまった。

 

 

両親ともになってしまった。

 

 

母親がうつ病になってしまった。

 

 

 

子供の頃のことに治療とだましてクスリ。

彼の奥さんは最後は

 

離婚をした。

 

 

僕らも当時

 

見ていて

 

 

あきらかにおかしかったのが

 

わかった。

 

 

子供に戻るのはひどかった。

 

 

子供みたいになった彼に

 

 

彼女ももう耐えられなくなった。

 

 

僕らも説明はしたが

 

 

彼はもう手遅れだった。

 

 

子供の世話ができない。イライラして子供にあたることへ。

彼の両親もうつ病の発症をし

 

症状は

 

悪化を続けた。

 

 

子供の世話ができない状態になった。

 

 

そしてイライラしては

 

寝たきりの彼に、

 

子供にあたる日々。

 

 

家庭崩壊をした。