うつ病の恋人。薬害詐欺の魔の手から救出しよう!

うつ病の恋人がいませんか?
その方も苦しいはずです。
うつ病などの精神病は抗うつ薬など麻薬の向精神薬が原因です。

うつ病だから恋人に申し訳ないでしょうか?
そうです、これは薬害です。

 

うつ病だから恋人と別れる?
うつ病の恋人だから別れる?

またはうつ病だから恋人いない?

 

その前にすることがあるのです!

 

まず簡単に説明します。

 

誰でもが何か嫌なことや課題、辛いことがあると

気分が滅入ったり、気分が落ち込みことがあります。

やる気がなくなる、自信を失う、取り乱す・混乱も。

でもこれらはネガティブな感情です。

 

ここで前にある問題を片づけると

こうしたネガティブな感情はなくなります。

 

しかしです、ここで間違えて精神科・心療内科に行ってしまう。

そうすると精神科医の診断をうけて

抗うつ薬など向精神薬の処方があります。

そうすると劇薬で気分が上がります。

白い粉を飲んでハイになるのです。

その後はきかなくなり

きれるので。

そしてでてくる症状がうつ病や統合失調症など

精神病といわれているのです。

心理カウンセラーもクスリへ誘導して請求をするだけです。

 

恋人の親がうつ病の方もいらっしゃるでしょう。

その場合も実は依存症に陥っているのです。

 

 

うつ病の恋人。知らずに使ってしまった。

そうなのです。

うつ病の人が恋人に打ち明けることはとても勇気がいります。

偏見がありますから。

うつ病の恋人の存在。

うつ病だと恋人がカミングアウトした。

どういった反応をしたらいいのか接し方に困る。

 

事実関係の整理をしますと

偏見があるのは仕方がないことです。

薬物を使用してしまい依存症にされているのですから。

 

しかしあくまでも騙されてしまい

知らずに使ってしまったのです。

 

うつ病と恋人。

することは別れ方をどうやって伝えるかを
考えることではないのです。

 

うつ病でもめてしまい恋人と別れた

カップルたち、夫婦たちが多くいました。

 

かつて仲のよかった二人が壊れていく。

うつ病の恋人と遠距離。

うつ病の恋人と連絡するのが辛い。

うつ病の恋人に会いたくない。

そしてうつ病の恋人のせいで。

うつ病の恋人と別れたくなる。

恋人との別れを恋人に言えない。

 

うつ病という恋人への接し方に

原因があるのではないのです。

 

精神科医、心理カウンセラー、

精神科・心療内科の職員たちが原因です。

 

うつ病の恋人にできることがあるのです!

うつ病という恋人と別れたくなるのは

恋人が依存症だからです。

 

薬物の悪い影響で

うまく考えられない、思考能力の低下。

脳のダメージによるものです。

 

それ以外にも性格が自己中心的

わがまま、だらしがないなどもありますが。

これは元々の人としての問題点です。

薬とは関係がなく別途直す(治す)ことが大事です。

 

 

うつ病の恋人。あなたが決めること。すること。

あなたの恋人・彼女がうつ病を抱えている場合

あなたに負担がかかり、

別れることを考えたこともあるでしょう。

しかし待ってください。

 

別れたほうがいいのか、
それとも、このまま付き合いを続けるか。

自分が白黒はっきりと言うことではなく
あくまでも、あなたが決めることです。

 

あなたが具体的に判断をするための
一つの参考になればと思う話をあなたにしている。

 

あなたがお付き合いしている
恋人がうつ病。

または、付き合い始める前から
恋人がうつ病を抱えていることもある。

 

精神科・心療内科・デイケア・作業所
などで一緒で出会い
恋人として付き合うことになることも。

 

最初は、問題にはならないし
わりと順調です。

しかし、日がたつにつれて
あなたは、恋人を負担に感じるように。

 

生活リズムがあわない。
うつ病になると、生活リズムが崩れる。

 

そうなると、
あなたは、朝起きて活動をし夜に寝る。

しかし、あなたの恋人は朝に寝ている。

起きるのが昼近くだったり、午後だったり、夜だったり。

すれ違いが起きるようになる。

 

うつ病だからと毎回恋人は言う。

 

正直な話、最初はいいけど

やがて見ていていらつくようになる。うんざりする。

怠けているとも思ってしまいます。

本人にしたら体が重い体が動けない。

でもいつまで待っても治らない。

 

精神科医も心理カウンセラーも治ると言っていたのが

改善するように治療を続けましょう。

と説明が変わる。

がんばれと言ってはいけない。

休むのが必要です。

こうしたのは精神科医や

心理カウンセラーのカウンセリングの
クズ話なのです。

 

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

うつ病の恋人。詐欺の被害者。

うつ病という恋人の言動がおかしくなる。

あなたの恋人の気分が落ち込んで
将来が見えずやけになる。

そしてうつ病の恋人が
あなたにおかしなことや
暴言、乱暴なことを言ったりしてくる。

中には暴力も。

本来の性格とは違っても。

 

うつ病の恋人のネガティブな話を聞いていると、

あなたは、嫌になってくる。

 

こういうことはうつ病だからというわけではなくて
人間だれでもが何もかもうまくいかずに
先行きが見えないとやけになることはある。

 

しかしこれとは違い。

 

なぜならうつ病の場合は
向精神薬の服用をしているので
依存症に陥っています。

 

金銭面
あなたの恋人は体がまともに動けないので
働いていない。

そうなると収入がない。

あなたが、恋人と一緒にどこかに行ったとしよう。

その支払いはどうするのか。
あなたが、恋人の代わりに支払う。

あなたの金銭面での負担も大きい。

これではとてもじゃないが
結婚は無理。考えられない。

 

そしてあなたも悪くなってしまう危険も。

 

あなたが恋人に巻き込まれてしまい

あなたまで悪いほうに入ってしまうことも

よくあることである。

 

実際にあるのは

夫か妻が健康だったのが疲れてしまい

夫か妻に精神科・心療内科の受診をすすめられ

夫婦で恋人ともに依存症に陥ってしまっている

そして別れる、離婚。

被害が大変多いです。

 

 

まとめ うつ病の恋人。

あなたは、困っているあなたの恋人を支える。
そのことによって、苦楽を共にし
あなたは、恋人との絆を深めることもできる。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

ただ、あなたが恋人との絆を実感するのは、
あなたの恋人が完全にうつ病が治った後、立ち直った後。

あなたが恋人の完治のために支えているときは
非常に大変です。

 

うつ病もですが
困難を乗り越えた人というのは、
とても魅力的です。

 

自分が見てきたことでは
うつ病の恋人がいる人たちは
別れたケースのほうが多い。

そのまま続いているケースは少ないです。

 

しかしこれはうつ病とだまされてしまったからです。

 

本当のうつ病が治る方法をすればいいわけです。

 

自身はうつ病の恋人と付き合ったことはないです。

精神科・心療内科・デイケアでは

女性の方たちもいるので考えたこともありました。

 

しかし、あれはインターネットである男性の助言があり。

 

「〇〇さんには、普通の人と付き合ってほしい。」

 

当時は意味はわからなかった。
その後、彼の意味がよくわかるようになった。

 

負担が大きすぎる。
それに相手のほうに巻き込まれてしまい。

自分まで悪いほうに行ってしまう危険もある。

 

あなたがどうするのかは、あなたが決めること。

あなた自身で考えていただきたい。

 

恋人を魔の手から救い出すのか。

 

あなたの恋人がうつ病であろうがなかろうが

人は、苦難に陥ると
冷静さを失い

やけになったり言動が悪くなりがちである。

こういうことは、人生においてよくあること。

 

逆に苦難が無い人生を送っている人というのは
魅力がまったくない人。